キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー

 僕は劇場には大概独りで行く。中学生くらいの時からだろうか?昔からずっとそうだったように思う。今も昔もだが、月に何本も観に行くような大の映画好きの僕にその度いつも付き合ってくれる物好きな人がいないってのが元々の理由なのだろうけど、今では「誰かと一緒だと落ち着いて観れない」ってのが1番の理由で、要は「映画は独りで行きたい」のだ。それに、自分の都合の良い空き時間で観に行くことが殆どなので、わざわざ誰かと時間を決めて観に行くこと自体が億劫なのもあるけど。そんな僕も、独身時代の週末はしょっちゅう映画館でデートをしたものだ。但し、よくある“映画観てから食事”とかではなく、僕らのデートは映画そのものがメインだったのでファストフードなどを持ち込んで劇場内で食事をしながら、って感じであった。考えたら今は殆どの劇場で持ち込みは禁止なのでコレも“映画”という文化の移り変わりなのだな、なんて思ってしまう。しかし、基本、映画には興味のない彼女は毎回その内容に関係なくハンバーガーを食べ終わってしまうと途端に「もう面白くない」と言いだす始末。一体それまでは何が面白かったのだろう?更に、とある別の日のデートでは食事に行ったカレー専門店でハヤシライスを頼み僕を驚愕させ、大のカレー好きである僕は「こいつとは合わないな」とその時に決心したはずなのだけど、何故に今、彼女と結婚して子供が3人もいるのか?思い出すと不思議なのである。そんな彼女が「最近テレビで予告編をやってる『猿の惑星』が凄い面白そうだ!」とやたらと言う。いや、ホントに“やたら”と言うのだ。挙句「CROWDの映画コラムで書いた方がいいよ」とまで言い出すほどに。10年以上書いている僕の原稿を殆ど読んだことがないくせに、だ。確かに、あのモーションキャプチャーを駆使した“心のある目”をした猿の映像は抜群に興味を惹かれるし、世代的にも『猿の惑星』というタイトルだけでグッとくるのも分かる。が、他にももっとあっただろう?コレまでにも沢山の惹かれる予告編があっただろう?今まで映画に興味を示さなかったくせに何故にピンポイントで『猿の惑星』なのだ?・・・・と直接訊いても「いや、だって凄い面白そうだよ〜!」としか返ってこない。そんな彼女を見て「とにかくこの映画は大ヒットするんだろうな」と客観的に確信してしまうのだった。

 というわけで、今月『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』は絶対に観に行くとして、面白かったから触発されてもう1本何か観に行きたいって方、迷わず『キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー』だ!「えぇ〜・・・・」ってどっかで聞こえてきそうだけど・・・・だからこそ、この映画を推したい。誤解を解きたいのだ。確かに、最近量産されているアメコミ物の実写版なのは間違いないし、しかもタイトルからしてアメリカのプロパガンダ映画か?感満載だし、更にはそのヒーロースーツなんて星条旗がモチーフとなっているし・・・・「流石にコレは引くでしょ?少なくても日本じゃウケないでしょ?もっと言えば今のこの時代背景にアメリカンヒーローなんてタイミング悪いというか・・・・趣味悪くない?」という感じが僕だってするのだ。するのだけど、この映画はとにかく純粋に面白い。映画ってのは何はともあれ“面白い”ってのに尽きるのではないだろうか?ココ最近のアメコミ物ではずば抜けて断トツの面白さだろう。そして他のアメコミ物と決定的に違うのが、ヒーローであるキャプテン・アメリカは何の超人的能力も持っていない、ということ。“完璧な人間”を目的に開発された血清により、知識や力、俊敏性などは格段に飛躍しているものの、いわゆる“超能力”というものは持っていないである。そして身に付けているのは“シールド”のみ。武器は持たず保身用のシールドのみを持っているのだ。カッコ良い〜!(まぁ、そのシールドをブーメランみたいに投げて攻撃するので、いかにもアメリカらしい大義名分じゃないか?!と言われればそれまでなんだけど・・・・)で、そのヒーローになる為の人選条件が結局は“勇気と心”だという点が実に分かり易くニクいポイントなのである。

 さて、2008年からマーベルとディズニーにより進められてきた“アベンジャーズ・プロジェクト”も、アベンジャーズのリーダーである最大の大物キャプテン・アメリカの登場により、いよいよ全貌が見えてきたことになる。『ジ・アベンジャーズ』という1本の映画の成功の為に、そこの登場するキャラをそれぞれ主役に配置した独自の映画を製作していく、という前代未聞のプロジェクト。しかもその『アイアンマン1&2』(08年〜10年)『インクレディブル・ハルク』(08年)『マイティ・ソー』(11年)のどれもが世界中でヒットを記録しているだけに(特に『アイアンマン』!)今からワクワクするほど楽しみである。来年5月4日に世界同時公開予定の『ジ・アベンジャーズ』の最新速報も、この『キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー』のラストで観ることができるので要チェックだ!

一番上にもどる      ホームヘもどる