バクマン。

 文才はあっても絵が下手な高校生・高木秋人は、同じ高校の同級生で絵の巧い真城最高を誘って漫画家の夢を目指そうと誘う。最初は拒否する真城だが、片思いの相手である声優志望の亜豆美保と「いつか自分の描いた漫画がアニメ化された時、そのヒロインの声優を亜豆がやる」という夢の約束を交わしたことで全力で漫画家を目指すことを決意。夏休み、二人で処女作を執筆している時に手塚賞に準優勝した天才・新妻エイジが自分らと同年代であることを知り目標が生まれ更に熱くなっていき・・・・果たして彼らはプロの漫画家になれるのか?そしてその先には何があるのか?という物語。いやぁ〜、面白い。メチャクチャ面白かった。漫画家への夢ってのをテーマにしているのだけど、どっちかって言うとスポ根ものに近い感じがする。ヒロイン亜豆美保とはどうなる?っていう青春恋愛要素もあるにはあるのだけど、個人的にはそこはどうでも良くて(笑)。

 原作は、08年から12年までの間「週間少年ジャンプ」で連載されていた(単行本は全20巻)「デスノート」の、原作・大場つぐみ&作画・小畑健コンビの同名漫画だ。アニメやゲーム化までされた、っていうか、こうやって映画化までされた超人気作なのだろうけど、僕は恥ずかしながらその存在すら知らなかった。正直言うと、僕は子供の頃から漫画を読む習慣があまりなく、一話目から最終話まで全部読んだことがあるのは唯一「スラムダンク」だけ。それも、我らが“CROWD”の井上社長の弟さんが描いているってのを知って読んでみたって感じなのだけど、コレがまた別格でしょ?ってなくらいに凄かったので、あの興奮と感動を求めて他を読んでもなかなか見つからなく・・・・とにかく、普段漫画を読まないので「バクマン。」を知らなくてすみません、という言い訳をさせてもらいたい。でも、そのお陰(前情報ゼロ)で映画版をこんなに夢中になって楽しめたのも事実。原作ファンの間では「佐藤健と神木隆之介のキャストが逆ではないか?」とか「登場キャラが消去されすぎ」とか色々と言われているけれど、原作を知らない僕から言わせたら「とにかくメチャクチャ面白いんだからいいじゃないか」と思うのだけど。

 原作漫画の時も同様だったであろう、本作の最大のポイントは、実在する「集英社」の「週間ジャンプ」に自身の漫画を連載させたい!というリアル感に尽きる。自身の漫画を編集部に持ち込んでどうなる?とか、編集者と漫画家がタッグを組んで今後の方向性を決めていく過程とか、新連載採用や逆に打切りになる漫画を決める編集会議の様子とか、一般には知られざる裏側の物語がとにかく面白い!中でも「読者が全て」という週刊ジャンプのアンケート至上主義!編集室には読者から送られてくるアンケートが毎週ランキングしてあり、それが全てを決めるのだ。「次はコレを巻頭カラーでいこう」とか「段々ランキングが下がっているから物語に変化を付けて何とか手を打とう」とか。因みにランキングが二桁台になればいつ打切りになるか不安に悩まされることに・・・・。このランキングが本作の要にもなっていて、主人公コンビとライバル新妻エイジのどちらが先に1位を獲るか?!のバトルが大きな見せ場として盛り上げるのだが、漫画に対する読者アンケートの結果発表なので、一見地味な戦いになりそうなのだけど、まるで本当に両者がバトルを繰り広げているような映像での見せ方は凄い。

 先述したように漫画をあまり読まない僕でも、毎週火曜日に集英社から発売される「少年ジャンプ」は小学生時代によく読んでいた記憶がある。「ウイングマン」「コブラ」「キン肉マン」「Dr.スランプ」「ハイスクール!奇面組」「キャプテン翼」「キャッツアイ」「ストップ!ひばりくん!」「シェイプアップ乱」「北斗の拳」などなど・・・個人的には何故だか「ドラゴンボール」はあまり記憶に無いのだけど、「友情」「努力」「勝利」をテーマに掲げる「少年ジャンプ」は当時の僕らには“読まなければ友達と会話ができない”必須本だったのは間違いない。

 それにしても、活字の実写化ならまだ分かるけど、やっぱり漫画・アニメの実写化は必要ないと思うのだ。正直言うと。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は思わず泣けてしまったけど、よくよく考えてみると、同じ場面のアニメを思い出して泣けた気がするし、『進撃の巨人』なんて言わんこっちゃない。が、『寄生獣』と本作『バクマン。』はそれと別モノとしても充分に成り立つのではないか?と思うほどの傑作だと思う。『バクマン。』で言えば、何と言っても登場人物が凄い。凄すぎる。佐藤健と神木隆之介のW主演に、ライバル・新妻エイジ役に染谷将太。で、同業の漫画家に桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎。そしてヒロイン役には小松菜奈で、更に、集英社の編集担当者に山田孝之、編集長にリリー・フランキーという、超豪華キャスト!どうだろう?例え内容がどうであれ、このキャスト陣だけでも充分に魅力的ではないだろうか。こんな顔ぶれはなかなか見れないと思う。絶対に損はしない一本。オススメです。

一番上にもどる      ホームヘもどる