#110 クローズ ZERO

《前へ123|次へ》 3/3ページ

魅災流ゼッツー

ぴよきんぐ そう言えば、織田裕二と江口洋介もヤンキー映画出身なんだそうですね?!
魅災流 『湘南爆走族』っすよね!吉田聡さんの漫画は「ちょっとヨロシク」も面白いですが、これはそれ以上に好きです。しかも実写版は今をトキメク・・・とゆうよりむしろ、すでに実力派の江口洋介&織田裕二というスーパーなキャスティング!2人ともこの『湘爆』がデビュー作ですね。
アキサン 今では2人とも立派な役者さんになられまして・・・・・。
坂元 それ、何目線?
魅災流 江口洋介は同姓同名だから採用されたんすかね??ファイヤーパターンのGS400に紫のスーパーリーゼント!・・・・いやぁ、懐かしい!この映画は良かった!ストーリーは原作に忠実なんで当然文句ナシな上に、劇中の単車が漫画と同じ仕様だったのが最高でした!翔の権田二毛作もハマり役でしたねぇ。『ビー・バップ~』は、どちらかとゆうとモロに不良の世界だったのに対して『湘爆』は“友情”・“バイク”・“恋愛”といった“男の三原則”みたいなのがテーマだったように思います。これもまた観たいなぁ、まだレンタル屋さんに置いてるのかなぁ?
坂元 江口洋介と言えば「あんちゃん!」しかイメージ無いなぁ・・・・今をトキメク酒井容疑者の・・・・。
魅災流 江口洋介と同じように同姓同名つながりでは、サンデーの『今日から俺は!』も実写化されて“三橋貴志”がそうでしたね。これは『ビー・バップ~』とも『湘爆』とも違う完全なるギャグ作品で面白かった。何も考えず、ただ単純に笑える映画が大好物ですから(笑)。三橋の金髪より伊藤ちゃんのウニ頭のほうに痺れます(笑)。コレの原作コミックは全巻揃えましたよ!
坂元 マジ?貸して!
魅災流 高校時代に“オヤブン”と呼んでいた同級生に借りパクされました。
ぴよきんぐ 『今日から俺は!』は小学生の頃に実写版を観ました。金髪の三橋貴志が無理があったけど、そこそこ笑いましたね。
坂元 ・・・・・やっぱ、元レディースですよね?
アキサン あと、『岸和田少年愚連隊』。コレもメチャクチャで面白かったですね。ナインティナインや雨上がり宮迫の若い頃が観れます。特別メリットは無いですけど・・・・・。私は大阪生まれなんで、何かこっちの方がシックリくるものがあります。実際、ガキの時分はメチャクチャな人が多かったですし。幼稚園・小学校の同級生にヤクザの息子がいまして。親の血を引いているのかなんなのか、幼稚園の頃から徒党を組んで悪さしてたようなヤツで。で、また私も血気盛んな年頃(幼稚園)で、よくそいつとケンカしてました。今考えるとヤクザの息子とケンカなんて、ゾッとしますね。
坂元 ・・・・・やっぱ、リンダマンですよね?
アキサン 私にとってヤンキー漫画の代表って『ろくでなしBLUES』ですね。でも映画化された作品は観ておりませんが・・・・・。
魅災流 コレはもう今では知らない人はいない「ROOKIES」の森田まさのりさんが原作。森田さんはシリアスなストーリーは勿論ですけども、随所にちりばめられる笑いのセンスが最高なんですよね!漫画だと一つのコマに爆発的な笑いを凝縮してるんです。だからこの作品の実写版は・・・・あ、まだ観てないや・・・・・あと、『荒くれKNIGHT』!『ROOKIES-卒業-』に出演してた城田優がやってました。『荒くれKNIGHT』『湘爆』の吉田聡さんの作品で、コミックは“湘爆のセルフカバー”なんて言われたりもしますが、実は・・・・まぁ、似て非なるとゆうか、『湘爆』よりも深い“友情を超えた絆”のようなものが感じられる作品です。城田優バージョンは観てないんですが・・・・。
坂元 そんだけ言って、結局何も観てないじゃん!
魅災流 いやいや、その前にあったVシネマかなんかのシリーズは観ましたよ。物凄い面白かった。しかも、当然劇中のマシーンは全て原作と同じ仕様(MVアグスタとかドゥカティMHR等々)で、さらにクロム・ハーツのリングやアクセサリーに至るまで忠実すぎるほど原作通りなんですよ!輪蛇の革ジャンもイカシテましたし。シリーズ前半は何とかゆうビジュアル系のバンドの人でしたが、後半は巷を賑わせた押尾氏(オッシー)が善波七五十役で出演してましたね。そぉいえば、押尾被告以外のキャラが原作にそっくりすぎるのも特筆すべき点です!
坂元 そう言えば魅災流さんは善波七五十と同じ“KAWASAKI Z2”だったよね?
魅災流 ゼッツーです。それはそうと、『ろくでなしBLUES』も原作コミックは全巻コンプリートしてましたよ!
坂元 マジ?貸して!
魅災流 妹の当時の元カレに借りパクされました(泣)。

最終章、そして次号の予告

魅災流 いやぁ~、やっぱ“ヤンキーもの”は盛り上がりますね!次もコレ系でいきましょうよ、『難波金融伝 ミナミの帝王』とか!
坂元 来月は『レザボア・ドッグス』で、次が『ミナミの帝王』だと、なんかコレ系ばっかりになっちゃうもんなぁ・・・・“現在募集中のテーマ”が更新されるのは12月25日なんだよ。
魅災流 正にクリスマス~年末年始っすね!
坂元 そう、だから“初夢”に掛けて“現実逃避的”な映画をテーマにしようと思って。
魅災流 “現実逃避的”映画って何だろう?・・・・。
坂元 要は、なるだけ現実との振り幅が大きい映画をテーマにしたいと思っているのだけど・・・・。
魅災流 『スター・ウォーズ』とか?
坂元 『スター・ウォーズ』はそんなに現実離れしていない。むしろ“現実的未来”だと思う。オレ的には『グーニーズ』とか『ロード・オブ・ザ・リング』 辺りかな?と。・・・・あと、ウィル・スミスの『ハンコック』観た?あの人、飛んでたよね? アレこそ「現実逃避」「初夢」っぽいかな?
魅災流 現実逃避・・・・咄嗟に思い付いたのは『ネバーエンディング・ストーリー』ですね。
坂元 ・・・・・じゃ、それで。

参加者募集!

このディスカッションは、メールのやりとりのみで行われているバーチャル(死語?)な対談です。このコーナーには基本的に何の束縛も決まり事もありません。思いついたことを独り言のように書いていただければこちらで他の参加者とのメールと「会話形式」に編集させていただきます(掲載時には簡単な自己紹介文とアイコン用画像が必要です)。現在募集中のテーマは12月25日更新予定の『ネバーエンディング・ストーリー』(監督 ウォルフガング・ペーターゼン 出演 ノア・ハザウェイ)。まずは気軽にメールを!メール受付〆切は11月15日(木)です。ご意見・ご要望のメールも大歓迎です。

参加希望メール送り先  sonic@sky.plala.or.jp 坂元まで

《前へ123|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる