#116 スタンドアップ

《前へ123|次へ》 3/3ページ

その「笑い」に元気が出る

まぁ その『天使にラブソングを』のロックバージョンといった感じの『スクール・オブ・ロック』も、元気の出る映画です!バンドメンバーの子供たちが実際に演奏もしてるので嘘っぽくないのがいい。作中に出てくる曲もジミヘン、ツェッペリン、AC/DC等などの名曲がガンガン入ってくるので70年代洋楽ロック好きならたまらないと思います。
何も考えずに観る事もできるし、凹んだ時に好きな音楽を聴きながら映像も楽しんで“元気を貰う”って映画。
まめざる ジャック・ブラックのあの先走り暴走キャラがいいですよね(笑)。『ホリデイ』の彼も好きだけど。
坂元 オレ、ジャック・ブラックって個人的には好きじゃないけど、『スクール・オブ〜』の彼は最高に面白いよね!こういう何も考えずに笑わせてくれるのもまた“元気の出る映画”だよな。
シホ そう考えると、『ブリジット・ジョーンズの日記』『ホームアローン』とかもその類かな。『ヘアスプレー』もジョン・トラヴォルタが良かった(笑)。
まめざる 『ブリジット・ジョーンズの日記』は大好きな映画です!普通の恋愛ものと違うのは主人公のブリジットがかなり親近感もてるキャラだって事ですかね~。恋愛映画のヒロインなんて皆スタイルよくて美人でっていうキャラが多い中、この映画は決して美人ではなくスタイルもよくない(ぽっちゃり系)しかもドジなところ。か~な~り親近感湧きます(わたしだけ?)。
世のぽっちゃり系さん達が元気づけられる映画です!「頑張れブリジット!」って心の中で言いながら「頑張れ自分!」とも言ってしまう(笑)。あのヒュー・グラントの軽くて調子のいいキャラもまた好きです。
坂元 男って結構“ぽっちゃり系”って好きなんだよね。前に何かで読んだけど、男は実際に本能的なところで“ぽっちゃり系”が好きなのだとか。この映画でレニー・ゼルウィガー大人気になったもんね。露骨にセックスシンボル的じゃないところが良い。続編の『きれそうなわたしの12か月』なんか、更にぽっちゃりなって可愛さが増して・・・不思議な人だと思った(笑)。
まめざる あと『メリーに首ったけ』。何度観た事でしょう。メリーが可愛過ぎます。まさに“首ったけ”(笑)。下ネタ満載で、でも純愛で(笑)。
魅災流 なんだか“元気がでる映画”って、女性が主役の作品が多いような気がしますね・・・・。男らしいとこでいくと、ブルース・リーとか、ジャッキー・チェン、スタローン、シュワ知事とか??この辺の映画が元気出ますよね(笑)。女性の“勇気”とはまた違った、もっと直接的な“勇気”に元気が出ると言うか、すっきりする、と言うか・・・・。
坂元 “男の勇気”と言えば何と言ってもマイケル・ムーアでしょ?!
魅災流 ・・・・・いや、アレは違うって。

次号の予告

魅災流 さあて、次は・・・・あ~、こりゃ無理っすわ。
オイラ海外ドラマ観たことねーっすもん。。。
坂元 大丈夫だって!オレも観てないから!
魅災流 余計ダメじゃないっすか!
坂元 とにかく、“TVドラマ”をテーマに語ろうって決まったは良いんだけど、最近オレが唯一観ているのが『LOST』だけだったんで、コレをテーマにしてみました。しかもテーマにするの2回目!
編集T このコーナーって、過去に取り上げた同じタイトルをテーマに持ってこないってのが暗黙のルールじゃなかったでしたっけ?それで10年も続いてるってのがウリじゃ・・・・。
坂元 臨機応変に行こう!
編集T ・・・・坂元さん、最近だんだん適当になってません?
大丈夫ですかねぇ・・・・。
坂元 大丈夫よぉ~!編集Tさん、次回もまた参加して下さいよ!
編集T そうやって身内を強制的に巻き込んでいくの止めましょうよ・・・・それに私、『LOST』は全く観てないし・・・・・。
坂元 そんなん関係無いって!そう言えば、ほら、編集Tさん『北の国から』大好きだったじゃん!アレで良いから!
編集T ・・・・・・・・・。

参加者募集!

このディスカッションは、メールのやりとりのみで行われているバーチャル(死語?)な対談です。このコーナーには基本的に何の束縛も決まり事もありません。思いついたことを独り言のように書いていただければこちらで他の参加者とのメールと「会話形式」に編集させていただきます(掲載時には簡単な自己紹介文とアイコン用画像が必要です)。現在募集中のテーマは5月25日更新予定の『スパイダーマン3』(監督 サム・ライミ 出演 トビー・マグワイア)。まずは気軽にメールを!メール受付〆切は5月15日(土)です。ご意見・ご要望のメールも大歓迎です。

参加希望メール送り先  sonic@sky.plala.or.jp 坂元まで

《前へ123|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる