#118 スパイダーマン3

《前へ123次へ》 2/3ページ

日本での“アメコミ”

アキサン アメコミって、人にもよるんでしょうけど、日頃そんなに目にすることがないじゃないですか。少なくとも私はそうなんですが。だから、映画化されて始めて知るアメコミヒーローって結構あるんだよね。
『スポーン』とか『デアデビル』とか。『ファンタスティック・フォー』も知らなかったし『バットマン』もマイケル・キートンがやってたので認識した感じ。『スパイダーマン』ですら、東映のが無かったら知らなかっただろうし・・・・
上木原 確かに。『スパイダーマン』ってガキの頃は知らなかったな~。
“スパイダー”と言えば、オープンのスポーツカーの別名とか、天龍の“スパイダージャーマン”しか思い浮かばないよね。
坂元 そっちの方が思い浮かばないよ。
アキサン やっぱりサム・ライミの『スパイダーマン』で一躍アメコミ・ヒーローの代表格に昇格したんだろうな。
上木原 けど、シリーズ重ねていく度に内容が濃いってか詰め込みすぎてる感じがする・・・・。『3』なんてサンシャインとゴブリン、あとスーパーストロングマシンみたいなの3人って。
公開前のブラックスパイダーマンのポスター見たときタイガーマスクがブラックタイガーと対戦するシチュエーションを想像していたんだけどまったく違ったね。しかしサンシャインの体が砂なのはびっくりした。金かかってる感じ・・・VFXも凄いしアクションも激しいし、“悟空VSフリーザ”みたいで。コレ、今流行りの3Dにしたら目が回るんじゃないの?
坂元 前に家族でUFJに一泊で行ったんだけど・・
上木原 銀行に一泊で?
坂元 USJか。『スパイダーマン』のアトラクションって1番人気なんだよね。平気で3時間待ちとか。
しかしアレ、マジで凄かったよ。3Dのキャラが何かを投げて攻撃してくるんだけど、そのタイミングでホントに少量の水しぶきとか顔に飛んでくるわけ。立体&体感。子供や女性の黄色い悲鳴に併せておっさんたちはいちいち「おらぁ~!」とか「あいよぉ~!」とか訳分かんない声上げてんだよ。怖いだろ?
上木原 怖い。
坂元 ただ、どうしてもあぁいうトコなんで敵キャラがソフトなんだよね。アレでマジで怖そうな怪獣とか出てきたりしたら、きっと失神者とか出るんじゃないかと思うよ。
上木原 『スパイダーマン2』のタコ人間とか?やっぱ、敵も重要だよね。強くなきゃいけない!怖くなきゃいけない!『バットマン』のジョーカーとか怖いもんねぇ、ホントに恐ろしい・・・ジャック・ニコルソンとヒース・レジャーの迫力はスゴイ。今度の『アイアンマン2』のロークもムチビシビシしていい感じだった。

ヒーローとタイツ

アキサン よくありがちな、何かの影響(改造とか実験とか)によってその能力を発揮するってのは日本もアメリカも同じだとして、気のせいですかね、アメコミヒーローって、放射線とか核廃棄物とか、何かヤバ気なもので能力発揮するってのも多いんですよね。
例えば『ゴジラ』は、日本では“水爆の影響”でって設定だけど、ヒーローではない。一時、正義の怪獣みたいな映画もあったけど、やっぱり基本は怖い存在なんですよ。これが原爆を落とした国と落とされた国の違いかな、なんてことも思ったり思わなかったり。
更に言えばハリウッドの『GODZILLA』はフランスの核実験の影響で生まれた、ってのもいかにもアメリカ的で。
魅災流 なるほど。確かに“ヒーロー”と一口に言っても日本とアメリカじゃ捉え方が違うよね。日本のヒーローは、やっぱり「変身!!」が基本じゃないですか。それに対してアメリカ産は「やっべぇ、早く着替えなきゃ!」ですもんね。妄想パワー爆発のマンガ大国日本のヒーローにアメイジング系が多く、アメリカ産ヒーローは基本的に強化スーツ系の現実っぽいのが多い気がする。
だから、『GODZILLA』もあんなことになっちまうわけですよね・・・・。
アキサン 早く着替えるにしたって、アメコミのヒーローものって、基本全身タイツだもんね(笑)。昔、何かで読んだんだけど、アメリカ人って立体化出来ないものが理解出来ない(理解し難い)らしいんだって。サイボーグ009の島村ジョーの髪型とか、アトムの頭とか、ドラゴンボールの悟空の髪型とか、どこから見ても同じ形になるってのが理解出来ないらしくて。
で、デビルマン(アニメ)ぐらいになると理解出来るらしく。
魅災流 しかし『スパイダーマン』・・・・とゆうか、アメコミヒーローに有りがちなんだけどコスチュームが破けすぎ!アレじゃいかん。
確かに、ヒーローたるもの、一度ズタズタにやられてからのリベンジとゆう鉄板は外すわけにはいかないとしても、ああ毎回コスチュームが破けるようではダメです。今後の彼には、なるべくコスチュームが破けないように戦ってほしいものです。
上木原 『3』なんか、スーツの破け具合が“妄想男子”みたいで笑えたよね。
魅災流 その点、日本の平和を守ってくれたスパイダーマンは絶対にコスチュームが破けるなんてことはなかったですよ。
なんともとんちんかんな口上がタマニキズだったですけども、本家のアメリカ産をも凌駕する巨大ロボ“レオパルドン”を操り、悪の秘密組織“鉄十字軍団”の魔の手から見事に日本を守り抜いてくれましたからね。
アキサン あのロボットも格好良かったよね。チェンジ、レオパルドン!って(笑)。ソードビッカーって、剣なのに投擲武器。一撃必殺。
坂元 またそっち行っちゃってるよ。
アキサン ・・・・・何の話だった?
坂元 全身タイツ。
アキサン そうそう、とにかく、ヒーローはタイツが基本。アメリカでウケてる戦隊モノ『パワーレンジャー』だって基本はやっぱりタイツ。ビバタイツ。
『X-MEN』の映画の中で、ウルヴィーとサイクロップスのやり取りがニヤリでした。「黄色いタイツが良かったか?」やはりウルヴァリンは黄色のタイツに腕毛ボウボウでないと。
上木原 しかも、アメコミヒーローってみんな自作コスチュームっぽいよね。スパイダーマン、アイアンマン、バットマン・・・・あの手作り感は日本の特撮ヒーローにはなかなか無い。日本のヒーローはワンタッチで変身だからね。
『アイアンマン』の、CG使ったトランスフォームみたいなの?ガチャガチャ変形する武器やスーツ・・・あれカッコイイよね!ムズムズする・・・。
アキサン アメコミヒーローの金字塔『スーパーマン』も、明らかに自作っぽい全身タイツだよね。胸にはSの文字。何の自己主張でしょうか。誰がデザインしたんでしょうか。ピーター・パーカーみたいに自分でデザインしたんでしょうか?「I LOVE タイツ」。そういうAVあるみたいですけどね。
魅災流 『スーパーマン』・・・・コレはダメですね!あまり好きなタイプのヒーローではありません。だってもう、もろ顔出ししちゃってるし。
やっぱりヒーローたるもの、仮面の男であるべきだと思っておりますから。
上木原 ヒーローの正体がバレるのってワクワクするんだよね。『スパイダーマン』で言えばブロンズヘアーが見えて瞳が見えてどんどんバレていく姿・・・・。
『キン肉マン』で言えばロビンマスクがクロスボンバー受けてマスク飛んでいく姿・・・・ヒーローは実は目の前にいるんだよ!みたいな。
坂元 『スーパーマン』だって一応身元は隠してんじゃん。
魅災流 メガネ取っただけでしょ?アレで正体隠してますってんなら完全に世の中バカにしてますって。
まぁ、『X-MEN』『ファンタスティック・フォー』は顔出しでもオッケーなんだけど。
坂元 なんでだよ!?
魅災流 コレはまだ自分の気持ちの中でもまとめきれてはいないのだけど・・・・たぶん「突然変異(ミュータント)系」に限り、顔出しオッケーなんじゃないかなというのが今のところの検証結果となってます。
坂元 検証したの?
魅災流 『ファンタスティック・フォー』はあんまり覚えてないんだけども、自ら望んで手に入れた力ではなく、もう普通の人間ではないという心の葛藤が(描かれていませんでしたっけ?)、その辺が、石ノ森ヒーローに通ずる部分があって共感できます。とくに、あの“岩石岩男さん”には同情してもしきれません。
あと、『X-MEN』のウルヴァリンとか。オイラの憧れるヒーローの一人でヤンス。心に闇を持ちながらも、自ら信じる正義のためにカラダひとつで戦うなんて男の中の男でヤンス。しかもあの爪、シャキーンって出す度に痛みがあるんですよ・・・・なんて辛いんでしょォ。。

《前へ123次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる