ホノカアボーイホノカアボーイ 発売元:フジテレビジョン/電通・販売元:ポニーキャニオン

#120
ホノカアボーイ

「ほ~んわかほのぼのムービー。
ハワイの自然やのんびりした風景、のんびり過ごす人々、ゆ~っくり時間が過ぎて行く感じが素敵です」by まめざる

ホノカアボーイ
発売元:フジテレビジョン/電通
販売元:ポニーキャニオン
DVD:¥4935(税込)
(C)2009 FUJITELEVISION/DENTSU / ROBOT

《前へ|123次へ》 1/3ページ

ウクレレと美味しい食べ物

編集T さて、今回は“夏の映画”で『ホノカアボーイ』でしたね。

 たった今観ました!ウチのS崎も「面白かった」と言っていたので、いつか観たいなと思ってたんです。

 ・・・ばあちゃんに会いたくなりました(笑)。

ばあちゃんに会って、ばあちゃんのみそ汁を飲んで、落ち着いたら縁側に。疎遠になってる友達に暑中見舞いを書いて・・。なんかそんな風にして、自分の足下を確かめたくなる映画でした。
坂元 流石!深いなぁ・・・。なんだろうね?凄くのんびりしてるのに、いつの間にか色々と考えさせられてるっていうか・・・無意識に“じ~ん・・・”とくる感覚。
アキサン なんかフワーッとした映画ですよね。
何の予備知識も無く観たからフワフワしたままストーリーが進んでいって。
何か松坂慶子みたいな日系人だな、とか、深津絵里みたいな人が出てきた、とかエンドロール見たらそのまんまでした。どうもね、予備知識無しに映画観てるとキャストが誰なのか気にしないで観ちゃうときがあるんです。エンドロールで「あ、そういやそうだ」って気付くことも多くて。ビーさんなんかは最後まで「猪木のヨメに似た日系さんだな」って思ってました・・・・。
まめざる ホント、ほ~んわかほのぼのムービーでしたね。話の内容はさておき、ハワイの自然やのんびりした風景、のんびり過ごす人々、ゆ~っくり時間が過ぎて行く感じが好きですね~。
坂元 そうそう!正に“話の内容はさておき”なんだよね(笑)。
オレはこの映画、大好きなんだけど、正直ストーリーに関してはところどころ「・・・?」な感じもあったんだけど、とにかくこの映画の雰囲気、人、ウクレレ、そして何と言っても“食べ物”!な感じが大好きで。ビーさんのレシピ本まで持ってるもん(笑)。
編集T 音もよかったですよね。
包丁がまな板を叩く音。

店先をほうきで掃く音。

マラサダ(揚げパンみたいなヤツ)をサクッと噛む音。

少年のウクレレ。

気持ちのいい音のほとんどは生活音。

そういうのを改めて観せられると、「見失ってるな」って、実感させられちゃう。
まめざる あと、登場人物がみんな味があって。ほんわか流れてる中で、所々にクスッと笑えるシーンもあり(笑)。
アキサン 「年をとったからってやっちゃいけないことなんか、ないんだぜ」って喜味こいし師匠の言葉、グッときましたね。「そうだ、ヤッていいんだ!」って。
坂元 そっちかよ!

ハワイと映画

上木原 いいッスねハワイ!ハワイアンテイストは全てが大好きです・・・。
ファッション、音楽、デザイン、どれとっても好き。
因みに僕は、結婚式もハワイでした。
金髪アフロで水色のスパンコールなタキシードで・・・
坂元 金髪アフロに水色タキシード!似合い過ぎ(笑)!容易に想像出来ます(笑)。
上木原 買い物やビーチ、マリンアクティビティ・・・。やっぱハワイいいよな~。
まめざる ハワイが舞台の『ブルークラッシュ』観ました?いわゆるサーフィンものの青春映画といったところでしょうか。私はサーフィンはやりませんが、猛暑が続く毎日にこの映画のような青い海!海!海!青い空!そしてビッグウェーブ。観てるだけで夏気分になってきて自分も海に飛び込みたくなる映画です。

 あと、『50回目のファーストキス』。これまたハワイですがドリュー・バリモアが超~可愛いですよ。短期記憶障害の女の子とその子に頑張って毎日告白しファーストキスをし続けるアダム・サンドラーも可愛くてよかった!
ウクレレの音楽や映像もいい~!ほのぼのですがちょっぴり切ないラブコメディーです。
上木原 ハワイには何度か行ってんだけどオアフ島しか行ったこと無くて・・・。
ハワイ島の“ホノカア”なんて映画観るまで知らなかった。
しかし、ハワイって全てのロケーションがポストカードみたいな画になるよね。
アキサン 私はハワイに行ったこと無いけど、何かホノカアに行ってみたくなりましたね。そして写真撮りまくってブログに載せるんでしょう。あと何でしょう、マラサダ?って言うんですかね。揚げパンみたいなアレ。観てると無性に食いたくなりますよね。
観終わった次の日にも食いたい気分が残ってて、何か似たようなモノ・・・って考えてたらドーナツを思い出して。迷わずミスドに行っちゃいましたよ。ま、飲茶メニュー頼んだんですけどね。
坂元 結局そのミスドのエピソード、関係無いじゃん。中華行ってるし。
まめざる 私は今現在アメリカのど真ん中(ミッドウェスト)で、
のんびりした生活を送っているのですが、この映画を観ると「海が欲しいぃぃぃぃぃっ~!」って思っちゃいましたね(笑)。
Tシャツに短パンにビーサン。そんな格好で街を出歩いても全然平気(っていうかここはそんな人達ばかりだし 笑)なお気楽でストレスのない生活・・・・いいです!倍賞さんがすごく可愛くて、いくつになってもああいう風でいたいな~って(笑)。ミッドウェストもいいけどハワイもいいな~。
上木原 倍賞千恵子さん演じるビーさん、可愛くて印象的でしたね。
昔、ヘアサロンの常連客でゆるいジーンズにベスト着てフラダンス大好きな方がいて。で、その人60歳でハワイに家建てたんだけど。医療機関やビザの面倒くささで結局戻ってきた・・・何だか、その人思い出しちゃって。
坂元 素敵だね、その人。毎日が忙しければ忙しい程、喧噪の中で暮らせば暮らす程、そういうスローライフ的な環境に憧れるよね。オレなんかそれで平川に家建てちゃったもん(笑)。ユキさんからよく写真をメールで貰うんだけど、ホント羨ましいよぉ~。仕事が溜まってる時なんかたまにその写真を眺めたりしてるし(笑)。そんなんだからオレにとってこの『ホノカアボーイ』は何だかハマッちゃったんだよね。
上木原 俺ものんびりと時の流れを感じながらすごしてみたい・・・。
特にあの床屋のオバちゃんみたいにのんびりゆるい生活が印象的。
昔はキムタクの『ビューティフル・ライフ』みたく海の見えるトコで一人で店する姿に憧れ、いつかハワイでゆる~く営業を、って夢みてました。暇な時間はジャック・ジョンソンとかサーフミュージック弾いて、いつも決まった時間にマライア似の女性が来店していつも決まったイスに座る・・・そして、何するわけでもなく二人の時間が過ぎていき・・・
坂元 それ、「夢」じゃなくて「妄想」じゃん。

《前へ|123次へ》 1/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる