スキヤキ・ウエスタン ジャンゴスキヤキ・ウエスタン ジャンゴ 発売:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/セディックインターナショナル

#124
スキヤキ・ウエスタン
ジャンゴ

「三池崇史監督だし、タランティーノも絡んでるから
てっきりイロモノ映画だと思ってたんだけど、実際観てみたら・・・。悪い冗談のような映画でしたね。いや、もちろん良い意味で。」by アキサン

スキヤキ・ウエスタンジャンゴ
発売:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント/セディックインターナショナル
販売:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レンタル中

《前へ|123次へ》 1/3ページ

世界に誇るヤマト

アキサン 観てきました、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』
私、ヤマトのファンじゃないので面白おかしく観れましたよ。ファンなら激怒するのかなぁ・・・なんて思いながらも。
坂元 なんで?!面白かったじゃん!
オレ、最初から最後まで結構楽しめたけどなぁ・・・・。
上木原 久しぶりにプラモ欲しくなりました。ヤマトの。
昔友達がアンドロメダのプラモ持っていたなぁ・・・・俺、iPodに“アニメ”ってプレイリスト作ってるんだけど、勿論ヤマトも入っていて観終わった後何度も聞いたよ、改めて聴くと歌詞がいい!心にしみるねぇ!
坂元 そうそう、主題歌がスティーヴン・タイラーってのも大きな話題になってたから、てっきりそっち系(ハリウッドっぽく)で行くのかと思いきや、ちゃんと懐かしのあのテーマ曲!ナレーションもまんまで、もう最初から鳥肌モンだった。
特にヤマトが地面から出撃する名シーン!
上木原 あぁ、あのシーン、涙が出ました。
しかし日本のVFXって最近スゴくない?結構アメリカのSFに負けてないと思うんだけど・・・・あのガラミスの戦闘機や戦艦なんてスゴイ細かくてリアル!流石、日本のミニチュアの迫力は世界に誇れるかと。
しかしまぁ、何故か船内の機器はちょっとチープな感じがしたけど・・・。
アキサン しかし、もっと特撮(いわゆるSFX)でイケる部分があったんじゃないのかな?日本映画って特撮に特化した一面があるのに。CG(いわゆるVFX)は頑張ってたよね。ヤマト発進シーンは満足です。やるじゃん!って。
上木原 キャストも超豪華!あの中で埋もれない主人公はやっぱキムタクだね!
前半はどうもキムタク節が炸裂・・・・けど後半になるにつれ古代進になっていった。ギバちゃんはどうしても『踊る大捜査線』の室井さんにしか見えなかったけど(笑)。
坂元 キムタク、まんまじゃん!って思ったけど、確かに古代進といえばあの髪型で良いんだぁ、と(笑)。
アキサン 基本、キムタクの映画ですね。
スティーブン・セガールとかマイケル・ホイの映画みたいに「キムタクの○○○」ってタイトルに付けるべきですね。もしくはウルルン滞在紀の下条アトムみたいに「木村拓哉が・・・波動砲を・・・撃ったぁ・・・」ってナレーション付けるか。
上木原 あと、飲みすぎでしょ・・・いつ攻めてくるか分からない状況で。
しかし、今回の森雪はツンデレ系でいいですねぇ。コスチュームもカッコいい!
『GANTZ』『トロン:レガシー』の未来的スーツもいいけどやっぱヤマトのスーツはイイ!レザー感バリバリで!俺マジ欲しい!
坂元 コレもVFXか?って思うくらいに黒木メイサのスタイルって異常だよね。足長過ぎでしょ?
アキサン しかし、まぁ時間経過を感じさせないシナリオ。
宇宙の彼方イスカンダルのはずなのに、一泊二日旅行のような感覚。
『宇宙戦艦ヤマト』を知ってるのを前提で作ってますよね。細かい説明が足りない。キムタクの波動砲は充填率何%で発射したんでしょうか。
坂元 ココで「まさか?!」の下ネタっすか?!
上木原 確かに、138分は短か過ぎた。物語を詰め込み過ぎなんだよね。
『ハリー・ポッター』みたくシリーズ化して欲しかったなぁ。
アキサン あと、波動砲って○×○×○×○×○×○×で、ドーン!そして○×○×○×○×○×○×○×。コスモゼロやアナライザーの○×○×○×○×○×○×で、森雪の○×○×○×○×○×○×とか、○×○×○×○×○×○×でしょう?だからキムタクの暴発波動砲にも栓を・・・・
坂元 また下ネタっすか!?
って言うか、アキサン、せっかくたくさん語ってくれて「なるほど~」な部分も多いんだけど、基本、全部がネタバレだから書けないよ(笑)!まだ公開中だし。
上木原 とにかく、日本のSFはこれからもっと凄くなるかと!
今度は『ガンダム』!絶対、『ガンダム』でしょう!
坂元 こうなってくると、日本映画も全然世界に通用すると思うんだよね。スティーヴン・タイラーの主題歌然り、絶対“世界”をターゲットに作られてるんだと思うのだけど・・・・ってなわけで、今回は“世界に通用する邦画”ってことで語りたいと思ってるんです。

《前へ|123次へ》 1/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる