#124 スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

《前へ123次へ》 2/3ページ

スキヤキとウエスタンと、ジャンゴ

アキサン で、今回『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』ですか。
坂元 日本が世界に誇れる映画でしょ?
アキサン ・・・・・・・・実際はどうだったんすかね?
海外でもヒットしたんすか?コレ。
坂元 いやいや、してないでしょぉ~、知らんけど。
アキサン 相変わらず適当、っちゅうかイイ加減っすねぇ~・・・!
坂元 でもなんかウケそうな感じじゃない?セリフは全編英語だし、テーマ曲演歌だし、ウエスタンだし、スキヤキだし・・・・
アキサン ジャンゴだし?・・・・ワケ分かんないすけど、まぁ、三池崇史監督は実際ハリウッドからのオファーもきてるけど自身が断ってるみたいだし、大御所タランティーノも出演してるしで、なんかその辺のB級マニアとかには
ウケそうな感じがしないでもないですよね。
坂元 しないでしょ?
アキサン 軽くムカつきますね。
しかし、このタイトルって、最初は『ナチュラル・ボーン・キラーズ』
とか『バーン・アフター・リーディング』みたいな3語のタイトルかと思ってたんですが、マカロニ・ウエスタンに対するスキヤキ・ウエスタンなんですね。
坂元 で、ジャンゴ。
アキサン 監督も監督だし、タランティーノが絡んでるから、
てっきりイロモノ映画だと思ってたんだけど、実際観てみたら・・・・
悪い冗談のような映画でしたね。
いや、もちろん良い意味で。
坂元 どんな意味っすか?
アキサン 用心棒が海外旅行して帰ってきたらおかしなことになってたような、そんな作品。伝言ゲームで最初と最後は全然違う、みたいな。いや、もちろん良い意味でですよ?
坂元 だから、どんな意味よ?!
アキサン ネットで自動翻訳ってありますよね。日本語を英語に変換、みたいな。
アレで、日本語の文章を英語に、そしてそれを再度日本語に翻訳すると、何かヘンテコな文章になったりするんですよね。それでタマに遊んだりするんですけど、まぁ、アレと一緒ですよ。
坂元 分かんないです。

世界の三池崇史

魅災流 『ジャンゴ』おもしろいっすねー!!
公開当時、「面白そうだけどビデオで良いかな」と思ってしまった自分に蹴りを入れてやりたいくらいです。お遊戯以上、演劇以下の立ち上がりからすっかりやられちまいました(笑)。
まず、なぜタランティーノなのか!?と(笑)。
ラストのジイサン姿も、本人がやりたかったとしか思えないし。映画も面白かったけど、メイキングとか観たかった気がする。絶対現場楽しそうですよね!そんな映画あんまりない(笑)。
坂元 確かに(笑)。
魅災流 しかし正直、海外ではどうなんでしょうねぇ・・・。
真剣白刃取りのくだりはイケると思いましたけども、日本人がクスッと笑うようなシーンとか通用するのかなぁ?と。何ていうか・・・・笑いの種類が違うじゃないですか。
坂元 それは同感です。例えばココ日本では(宮崎アニメ映画を除く実写映画として)歴代1位の大ヒットを記録している『踊る大捜査線』なんかは確かに海外では難しいと思うし。特にあの映画の笑いのキモとも言えるスリーアミーゴス(だっけ?)の笑いはもう全然違うんじゃないのかな?どうなんだろ?
上木原 俺、そう言えば、三池監督の映画って結構観てますよ。
坂元 あ、上木原さん、三池崇史ファンですか?オレもです。
上木原 いや、俺の場合、三池監督の作品と知らずに観て、後から知ったってパターンが多いですかねぇ・・・・。
初めて観たのは『殺し屋1』、最近だと『クローズZERO』。その間もあれこれ観てます
坂元 ホント、この三池監督って、多岐に渡るジャンルの豊富さも凄いけど、年に何本撮るんだ?ってくらいとにかく本数も多いよね。
アキサン いかにも黄金時代のVシネ出身らしいですけどね。
坂元 Vシネってそうだよね。やたらと大量生産する(笑)。
学生時代、近所に初めて小さいビデオショップが出来た当時、うちの死んだ親父、毎晩Vシネ借りてきて観てたもん。そんな毎晩観てたらそのうちネタ切れして観るのなくなるぞって思ってたんだけど、いつ見ても“新作”借り続けてたからね。どんどん出るからどんどん観ないと追いつかない。
上木原 しかし、今回の『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』もそうだけど、彼の作品の描写ってなんか変態っぽくないですか?
たとえば女性がなんか性の対象っていうか・・・・ドSとドMの融合っていうか、好き嫌い分かれるでしょうね。エンディング曲ってサブちゃん?なんか凄い映画観た感じです・・・・。
坂元 オレが三池映画で初めて観たのって『ビジターQ』ってのだったんだけど、そりゃあ、もう酷い映画だったよ!それこそ、この「Short cut」の参加者の方からお薦めされて観てみたんだけど、観ながら「何、紹介してくれてんの!?」って憤りすら感じたもん(笑)。一生忘れない映画。色んな意味で。まぁ、でも前回の『十三人の刺客』は好きだったなぁ、路線は同じだけどね。
上木原 う~ん・・・・毎回豪華キャストなんだけど、なんか素直に飲み込めないっていうか消化不良っていうか・・・。
『ヤッターマン』なんか、最初は「昔観ていたタツノコプロの名作を実写化して頂き有難う御座います!」って感じだったけど、なんかリアルすぎて。子どもと観に行ったんだけど結構引いちゃったモンなぁ・・・・。
坂元 そうそう、アレねぇ、子どもとか家族連れで観に行って酷い目に合った人、結構多いよね(笑)三池監督だってこと忘れちゃいけない(笑)。
アキサン 次回作の実写版『忍たま乱太郎』(公開未定)ですか?一応、コレも気を付けといた方が良いかもですねぇ・・・・加藤清史郎が主演だからって油断してたら痛い目に合いそう(笑)。

《前へ123次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる