#124 スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

《前へ123|次へ》 3/3ページ

世界で通用する映画とは?

アキサン ま、次の作品行きましょうか(笑)。世界でウケたかどうかは分かんないんですけど、何か賞獲ってたなぁ、と思い出したのが『鉄男』ですね。
今、世間の多くの人は田口トモロヲと聞けば「プロジェクトX」の語りを思い浮かべるんでしょうけど、マセガキだった私は田口トモロヲといえば『鉄男』か“ばちかぶり”を思い出してしまうんです。ステージで脱糞のエピソードを聞いてすっげえ!って思ってたりしたもんです。
で、20年ぶりのシリーズ続編『鉄男 THE BULLET MAN』が今年公開されてたのを思い出して借りて観ましたよ。確か劇場公開は爆圧体感映画と銘打ってたはずなので、せめて気分だけでも、とヘッドホン用意して嫁と子どもが寝てから爆音鑑賞しました。・・・・海外ではバカウケなんでしたっけ?ファンは監督がバッテンマーク付けて登場した時には狂喜乱舞するんでしょうなぁ、と思ったり。田口トモロヲもチョッピリ出てるのが嬉しかったですね。
魅災流 あ、あと黒澤作品と北野作品ですね!!これはもう、実績だらけだから敢えて触れる必要もないくらいだけど・・・。三谷幸喜監督の映画なんかも海外でウケそうだけどね。
上木原 あぁ、俺も三谷幸喜監督の映画は大好きです。特に『みんなのいえ』はお気に入り作品。主張しないとこんな家になりますよ~みたいな・・・・。
魅災流 あと、オイラ的には『CASSHERN』とか外国でもウケそう・・・・とゆうか、ウケて欲しいなと思うんですけどもどうなんでしょ?ニッポンのイケメンは世界に通用するのか!?あと、オイラのまわりでは酷評だらけの『デビルマン』とか(笑)。
どちらも元々好きだから、映画化されて嬉しかったし、映像もすごくキレイだから、ウケて欲しいなぁ・・・・と。
上木原 海外に通じる日本映画ってやっぱアニメ、戦争モノやヒーローモノとかなんじゃないの?『篤姫』なんかの大河ドラマもアジアでは人気みたいだけど。あ、あとホラーね!
坂元 ジャパニーズ・ホラーってのはもう世界レベルでしょ?『呪怨』とかの清水崇監督なんて結構、海外でも有名だもんね。
上木原 あと、衣装や建造物、歴史モノって、脚本で色付けするとホント凄い面白いと思うんだけどなぁ。戦争モノとか。やっぱ県民として『俺は、君のためにこそ死ににいく』『ホタル』とか!
坂元 上木原さん、知覧出身だもんね。
上木原 『パールハーバー』観て、アメリカ人が描く山本五十六らしき人物がしかけた日本兵による奇襲攻撃・・・そりゃそうだけど、それはあんまりじゃ・・・・と思った。
まあ、戦争モノは捉え方によって違うからねぇ。とにかく、この2つの映画は世界中の若者が観るべきかと。
坂元 なるほど、そうだね。一昔前のハリウッドの戦争モノって、常にアメリカが正しくて、アメリカの敵は“悪者”ってイメージが付いちゃってるけど、今の時代だからこそ映画を通してそれぞれの解釈を知るってのも大事かもしれないね。
上木原 けど、やっぱり日本は何だかんだ言ってアニメかな?
アキサン 海外でウケた、といえば『AKIRA』とか『攻殻機動隊』とか。
上木原 宮崎アニメもそうでしょ?
魅災流 『ONE PIECE』なんかは海外ではウケてないの?気になるわぁ~・・・・。
上木原 あと、“日本が海外に誇る”と云えば、東宝の『ゴジラ』、円谷の『ウルトラマン』、東映の『仮面ライダー』でしょ?!
アキサン ハリウッドでリメイクされた『GODZILLA』は、アレはアレで残念な結果になってしまってたねぇ・・・・。
海外でウケる映画ってのは海外じゃマネ出来ない、そんな作品なんでしょうかね。海外のマネしたって海外じゃウケないんですよ、きっと。
坂元 あぁ、それ分かる気がする。
アキサン 要は、“海外でウケるために作った”って感じじゃなく“好きな連中が集まって思いっきり好きなことやった”って感じがする映画が世界共通でウケるんじゃないですかね?コアな世界(?)を好む人達って、なんか根っこの部分で共感し得る感覚があるというのか、何というか、上手く言えないんですけどね。
坂元 いや、分かるよ凄く。“狙った感”が出ちゃうとなんかダメな感じがするよね。世界のクロサワとかキタノってのは最初から“海外”は意識してなかったと思うし。
アキサン 例えばフェチの話をしていて、「俺は鎖骨のくぼみに溜まったシャワーの水が好きだ」とか「ストローについた口紅を拭う仕草が好きだ」とか、分かんないけど分かるわぁ、みたいな話したことありません?
そこに「俺もオッパイフェチだぜ!」って自信満々な輩がやってきても、バカヤロウ、みんな大好きだよそんなもん、みたいな。
坂元 ・・・・・・・・
アキサン 海外でウケようと狙ってる映画って、何かそんな感じがして。
上辺だけでやっちゃってる、みたいな。
本気のマニアックな衝動みたいなものを描き上げたら、きっと同じような感覚を持った連中が「おっ、いいねえ」みたいな感じで同調してくれるんじゃないのかなと。
坂元 まぁ、分かるような、分からないような・・・・(笑)。

参加者募集!

このディスカッションは、メールのやりとりのみで行われているバーチャル(死語?)な対談です。このコーナーには基本的に何の束縛も決まり事もありません。思いついたことを独り言のように書いていただければこちらで他の参加者とのメールと「会話形式」に編集させていただきます(掲載時には簡単な自己紹介文とアイコン用画像が必要です)。現在募集中のテーマは2月25日更新予定の『ピンポン』(監督 曽利文彦 出演 窪塚洋介)。まずは気軽にメールを!メール受付〆切は1月15日(水)です。ご意見・ご要望のメールも大歓迎です。

参加希望メール送り先  sonic@sky.plala.or.jp 坂元まで

《前へ123|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる