食堂かたつむり食堂かたつむり 発売:キングレコード(株)

#125
食堂かたつむり

「『ありがとう』、『いただきます』と感謝して“命”をいただく。好き嫌いを無くす食育とか、エコとか、そう言った前にもっと大事で基本的なことを思い出させてくれる映画。」by Alice

食堂かたつむり
発売:キングレコード(株)
販売:キングレコード(株)
価格:税込 ¥3,990

《前へ|123次へ》 1/3ページ

“食”を感じる映画

上木原 今回のテーマは“食”を感じる映画・・・・“グルメ”な映画ってことでいいんですか?
坂元 別に“グルメ”ってわけじゃなくて、例えばリチャード・ギアとウィノナ・ライダーの『オータム・イン・ニューヨーク』の冒頭のシーンとかで・・・・
魅災流 その映画観たこと無いし、これから先も観る気しないっすね、その手の映画は。
坂元 そういう話じゃなくて。・・・・その『オータム~』の冒頭で料理を作るシーンがあるんだけど、その“画”が凄い良いんだよ。単にトマト切ったりパスタ茹でたり・・・・とかの作業だけだったと思うんだけど、とにかくそれが凄く美味しそうで綺麗で、食べたくなってくる。
そんな映画をテーマにしたくて最初は『オータム~』でいこうかと思ったんだけど、この“かたつむり食堂”がまた凄く良かったなぁ、と。
魅災流 正に“食堂”が舞台の映画ですからね、
タイトルもずばり“かたつむり食堂”!
坂元 “美味しい御飯は人を幸せにする”って言うけどホントだよね。
こういう美味しそうな食べ物が出てくる映画って不思議と幸せな気持ちになれるもん。
Alice “食”って、人間の3大欲求のひとつで。うちの母親なんかはよく「男は胃袋をつかむのよ」なんて言ってて。美味しいごはん作ってくれる人が待ってるおうちに帰る、って。
坂元 あぁ、分かる分かる!オレ、飲みに行こうかどうか迷ってる時は取り敢えず嫁に電話するもん、「今日、何?」って。で、好物のモノだったらすぐ帰るし(笑)。
Alice そういうのって、子どもの頃から変わってない気がするんだよね。お母さんから奥さん(彼女)に移るだけで。栄養を与えてくれるのは胎児のときから“女”であって。男女の本能に備わってるものかもしれない。食の連鎖ってこういうとこにもあるのかな。・・・・あ、“かたつむり食堂”じゃなくて『食堂かたつむり』ですので。
上木原 いやホント、美味しいもの食べると幸せを感じるよね。今は彼女の料理が一番なんだけど、苦労させたもんなぁ・・・・「ガキの頃食べた給食の中華サラダ作ってくれ!」とか「陳健一のマーボー豆腐食べたい」とか。
坂元 そりゃ、無茶苦茶だわ・・・・しかし、上木原さんは常に体を鍛えてるから、って言うか、体鍛えが趣味な上木原さんとしてはやっぱ“食べ物”にも相当気を使うんじゃないの?
上木原 難しいっすね、その辺は。美味しいもの好きだし食べ歩きも好きだし。東京いたトキは蕎麦屋、中華屋巡りとかしてましたよ。・・・・まぁでも、そうは言っても、やっぱカラダづくりに“食”は欠かせませんからね。僕は高タンパク低カロリーが基本です。その中でもプロテインとBCAAは最高のコンディションに・・・・
坂元 あ、すみません、余計なことを訊いてしまいました。もういいです、その話題は。

《前へ|123次へ》 1/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる