#129 ゾンビランド

《前へ123|次へ》 3/3ページ

B級映画の定義とは?

アキサン 以前、坂元さんに「B級モノ語らせたらイキイキしてる」と言われましたが、私は別にB級映画って好きじゃあないんです。なんていうか・・・・引きが弱いんですよね。映画観に行っても、レンタルしても、引きが弱い。すなわち手放しで「オモシロイ!」という映画に当らないんですよ。
ま、評判の良い映画は回避したり、レンタルショップで店員さんのオススメ情報が書いたPOPとか信用しない、ってのも問題なんでしょうけど。どちらかといえば、棚の下のほうにある映画とか、店の奥のほうにある映画が気になりますね。なんかステキ臭がします。
坂元 いや、だからそれがB級好きってことでしょ?(笑)
・・・・っていうか、そもそもB級映画って何を持って言うんでしょうね?
パスキア B級映画とは映画を知り尽くした映画おたくな監督が、コアな映画マニアへ向けてつくった映画であると定義します(※個人談)
坂元 なるほど、流石!よく分かります。
パスキア 確かに当たり外れも大きいけど、稀にその面白さは爆発的に伝染する可能性を秘めているんだよね。それはまさにゾンビウィルスのごとく。ただ、その公開時に時代が追いつくどうかは紙一重で(笑)
アキサン B級を見極めるの最大の特徴として「ポスターやDVDのジャケットは嘘」というのがありますよね(笑)ヤタラ露出度の高いSexyなお姉ちゃんが扇情的な目で「借・り・て(ハート)」みたいな顔してるのに、中身はムキムキマッチョのゴア映画とか。どっかで見たような構図とどっかで聞いたことのあるようなタイトルとか。そんなんジャケット見ただけで借りたくなりますよね。
坂元 やっぱ、メッチャB級好きじゃん!
パスキア B級映画の歴史はきっと長いんですよ。近未来、シュワちゃんが夢と現実世界の狭間で火星へ行き大暴れする『トータル・リコール』とか、巨大な昆虫軍団と戦う『スターシップ・トゥルーパーズ』。地球外生命体(エイリアン)の船が故障、南アフリカの一画で難民として隔離され・・・・アプローチからして斬新な『第9地区』などなど、傑作B級映画ってのは、どこか力の抜き加減が違うんですよね
坂元 あぁ、その辺もB級になるんすね。
パスキア そして、その力の抜き加減が絶妙な映画『キック・アス』!全米では社会現象にもなりました。アメコミヒーローが題材のものほどB級くさいものはなく、『ダークナイト』で返り咲いたバットマンをはじめ、興行的にはそこそこでも、いろんな意味で報われない作品が多く。
坂元 なるほど。興行的云々じゃないってのは凄く分かる。あと、公開当時は間違いなくA級大作だったはずだけど、時間が経過するとそれがいつの間にかB級になってるってのもあるよね。しかも、それは間違いなくB級っていう(笑)
パスキア 現在『3』まで製作されている『蜘蛛男※直訳』や、登場人物が無駄に多くいずれも変態的能力を持った『X男』(※半直訳)。 『キック・アス』はそれらに対するアンチテーゼとも言える。(断っておくが、僕は個人的には『スーパーマン』から『アイアンマン』まで全て愛すべき映画だと思っているんだけど)
ネット世代、よこしまな想いでスーパーヒーローに憧れ人助けをかってでるも、あっけなくチンピラに刺される主人公。ニコラス・ケイジの胡散臭い(※良い意味で)存在感と怪演ぶりも話題に。スプラッター、わんさか銃、ゲーム感覚。『ゾンビランド』との共通項も多い。
坂元 『キック・アス』、コレはお勧めだよね!前回でも取り上げたような気がするんだけど。それくらい「映画好き」の心を掴んだんでしょう。
ただ、オレ間違って子供と一緒に観ちゃって・・・・子供が主人公だからって完全に油断しちゃいました(笑)
パスキア そもそも12歳の女優が放送禁止用語連発で、刀をふりまわし、2丁拳銃で悪党を殺しまくる。御法度も何もあったものじゃない。でも、それらをアリに変えてしまった監督らのセンスと手腕に世界がひれ伏したのだのですよ。今後も超新星なB級映画に多いに期待したいっすね!
上木原 いやぁ、映画ってほんっとうにいいもんですね・・・・

参加者募集!

このディスカッションは、メールのやりとりのみで行われているバーチャル(死語?)な対談です。このコーナーには基本的に何の束縛も決まり事もありません。思いついたことを独り言のように書いていただければこちらで他の参加者とのメールと「会話形式」に編集させていただきます(掲載時には簡単な自己紹介文とアイコン用画像が必要です)。現在募集中のテーマは7月25日更新予定の『スター・ウォーズ』(監督 ジョージ・ルーカス 出演 マーク・ハミル)。まずは気軽にメールを!メール受付〆切は6月15日(水)です。ご意見・ご要望のメールも大歓迎です。

参加希望メール送り先  sonic@sky.plala.or.jp 坂元まで

《前へ123|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる