#137 ラブ・アクチュアリー

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

それぞれの「心温まる映画」―

まめざる 『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』って映画知ってる?・・・・ギリシャ系アメリカ人の主人公とそこで出会うアメリカ人男性の恋愛から結婚にいたるまでのお話なんだけど、まあ賑やかな映画です。(インド映画ほどではないですが)ギリシャ人の国民性がおもしろおかしく描かれていて。でも実際にそういう立場の人と結婚するとなると笑ってもいられないんでしょうけど。自国の男性と結婚して欲しい厳格な父親とか(まるで昔の日本の頑固親父)。自分の周りに国際結婚で苦労した人(してる人)がウジャウジャいるのでなんだか身近に感じて楽しい映画です。
坂元 『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』、公開当時は全米で凄い話題になってたよね。最初はほんの数件かの劇場でしか公開されなかったミニシアター系だったのに、口コミで凄い盛り上がって全米中の劇場で拡大公開されたとか。
まめざる それと全く同じ経緯を辿って大ヒットした『ブリジット・ジョーンズの日記』も大好きな映画です。ブリジットかわいいすぎ!コレもまたイギリス英語に惹かれてる私ですが(笑)世の女性に希望を与えてくれる映画。個人的には1のオープニングでブリジットが口ぱくで"All by myself"を歌うシーンがもうかわいくてツボですね。
シホ あと、私の大好きなジョニデの『ギルバート・グレイプ』があった!(あの映画でディカプリオがものすごくいいなと思ったんだけど)家族のことを第一に考えなきゃいけない長男の立場。小さな街だから支えてもらえたり逆に問題が起きたり。私も長女で、なんだか家族についてものすごく考えたなぁ
まめざる 前にも何か違うテーマで書いたかもしれませんが『50回目のファーストキス』コレはお勧めです!短期記憶障害の女性に恋をしたプレイボーイの男が毎日もうアタックをし続けて一途な男になっていくロマンティックコメディ。ドリューがかわいいのは当然なんだけど、場所と音楽がなんか心をほわっとさせてくれる映画です。
上木原 今回のテーマである『ラブ・アクチュアリー』同様、豪華キャストのアンサンブルでラブ・ストーリー、そして心温まる映画。といえば、やっぱ『トゥルー・ロマンス』でしょ!クリスチャン・スレイター、デニス・ホッパー、ゲイリー・オールドマン、ブラッド・ピット、サミュエル・L・ジャクソン・・・・まだまだいっぱい!それにトニー・スコットとタランティーノで充分スゴ!一目ぼれでストレートすぎる愛!脇役にはもったいないキャストばかりでまたソレが一瞬すぎてたまらない!音楽もスローテンポからガンガンのロックまで・・・・サントラ、マジオススメ!(って絶版)弟の結婚式に勧めたらマジ使ってくれた“You're So Cool”、カッコイイ~!
坂元 えぇ~・・・・?コレって“心温まる映画”か?
上木原 「えぇ~?」って何?!確かに表向きはバイオレンス映画だけど究極のラブロマンスでもあるでしょ?心温まる最強の作品です!こんなカッコいい愛し方してみたいと思うよ!そうそう、坂元さんの「Go To Theaters」を読んで観たくなった『リアル・スティール』アレは最高に良かった!まさに師匠の『オーバー・ザ・トップ』+『ロッキー』だって!まぁ、『オーバー・ザ・トップ』のリンカーン・ホークと違って父親チャーリーが息子マックスに全く興味なくダメ親父ってのが新鮮だったけど。坂元さん覚えてる?『オーバー・ザ・トップ』、俺が半強制的に貸したDVD!
坂元 勿論覚えてます。“半強制”じゃなく完全に強制的、というかもう“脅し”でしたからね。「とにかく観直してこい!」と・・・・。
上木原 また貸そうか?コレも良かったよね!腕相撲って世界観を通じて息子とコミュニケーションとる不器用な男リンカーン・ホーク。当時、コンボイって男のロマンだったもんね!デカイ車乗ってる人見かけるとリスペクトしたもん。しかし、腕相撲って万国共通なんだなぁ。酔ったら何故かみんなしたがる・・・・。で、終わった後はお互いガッチリ握手、もしくはハグ!こんな心温まる作品はないよ。スタローンの悲しい顔が印象的・・・・って、スタローン作品はまさに今回の“心温まる映画”ばかりなんだけど・・・・まあ、我慢します。
アキサン 心温まる映画といえば『しあわせの隠れ場所』もホンワカしましたね。サンドラ・ブロックはスタイルいいなぁ・・・・って。
坂元 何にホンワカしてんすか?
アキサン あと、『300<スリーハンドレッド>』でムキムキ肉体美を披露したジェラルド・バトラーの腹筋が再び見てみたい、と思ってウッカリ観てしまった『P.S.アイラヴユー』。コレもちょっぴりおセンチになりながらも、まあホンワカみたいな。
坂元 全然意味が分からないっす。ウッカリって・・・・。
上木原 心温まる感情って、人それぞれ違うよね。昔さ、友達に勧められてクリスマスに観た映画思い出した。ニコラス・ケイジの『天使のくれた時間』。改めて観たんだけどやっぱ今だからスゴク共感できる作品。あなたはドッチがいいですか?
●独身だけど金持ちで毎日忙しく充実した生活
●金持ちではないけど家族と絆で結ばれてる結婚生活
まぁ、誰でも後悔のない人生送ってみたいけど後悔あっての人生だし・・・・。ラストがなかなかイイ。泣けるよ。男にとって仕事は命!だけど家族はそれ以上!ニコラス・ケイジってSFやアクションもイイけどコレがかなりシックリくる。ただ1つの選択で自分の人生が決まるわけじゃなくまだまだ変えられる!もう一度踏みだせ!ロマンチックだけど切なく感動する作品だったな~。
坂元 泣けたよねぇ~・・・・オレなんかもうバカみたいに号泣したもん(笑)。
上木原 あと『めぐり逢えたら』、コレも好き!トム・ハンクスって今回のテーマ“心温まる映画”に沿った俳優だよね!なんてか『フォレスト・ガンプ』『グリーンマイル』『キャスト・アウェイ』『ターミナル』とかもそうだけど“喜、愛、夢、感動・・・・”彼にはぴったりだって!って、トム・ハンクス映画をスタローン映画並に観てるってこと、今気付いた・・・・。まぁ、彼の作品にはハズレがないっていうか。イケメンでもないし若くもないしけど彼の存在感はスゴイ。ヘアスタイル変わらないのに彼の演技力は天才的!トムの演技には誰でも惚れるでしょ。ラジオで妻を語るシーンは心に響くよね・・・・その相手はメグ・ライアン。まぁベタな感じだけど音楽も知ってるのばっかで。韓国ドラマにありがちな「ありそうでない恋」、良かったです!
坂元 しかし今回、アキサンおとなしいねぇ・・・・冒頭はあんなに暴走してたのに(笑)。
アキサン てか“心が温まる映画”ってジャンルに関して、僕は圧倒的に引き出しが少ないということに気付きました(今更)。基本、映画に安らぎとか癒しとか求めてないんですよね。そもそも、心が温まりたかったら嫁と娘の寝顔を見れば充分ですよ(ニコリ)。
坂元 ・・・・・・・・・・・・・『シャイニング』

参加者募集!

このディスカッションは、メールのやりとりのみで行われているバーチャル(死語?)な対談です。このコーナーには基本的に何の束縛も決まり事もありません。思いついたことを独り言のように書いていただければこちらで他の参加者とのメールと「会話形式」に編集させていただきます(掲載時には簡単な自己紹介文とアイコン用画像が必要です)。現在募集中のテーマは3月25日更新予定の『悪魔の棲む家』です。まずは気軽にメールを!メール受付〆切は2月15日(水)です。ご意見・ご要望のメールも大歓迎です。

参加希望メール送り先  sonic@sky.plala.or.jp 坂元まで

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる