#138 マイ・バック・ページ

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

妻夫木クンと松山クン

上木原 妻夫木クンと松山クンって、いまの日本映画界に無くてはならない存在ですね。初めて観た『ウォーターボーイズ』の頃と違い『悪人』や、この『マイ・バック・ページ』は凄く彼らしさが出てると思う。なんか、トヨタのCMの“ドラえもん”の“のび太”みたいな感じのダメダメっぷりの演技が上手すぎる・・・・。自己嫌悪?覚悟の無さってか今回のジャーナリスト役の沢田が凄く合ってた気がするなぁ。
坂元 それにしても、妻夫木聡、カッコ良いよねぇ~。いつの間にかイイ歳になってて、これだけ男前なのにチャラさがない。男から見てもかなりの男前だよな。
上木原 『悪人』で祐一扮する妻夫木クンが偶然にしろ自分の罪を受け止めて逃亡先の灯台で朝日に涙するシーンはとてもすがすがしくキレイな瞳をしていた。って、彼の泣くシーンが好きなんだよなぁ・・・・。居酒屋でワンカットで泣くシーンはマジ泣き・・・・。何故あんなに演技が上手いんだろう。演技を感じさせない様は人の心に届くし共感さえ覚えるんだよね。昔はあんま気にならなかった俳優だけど(未だ覚えてる『タイタニック』の吹替えは特に酷かった)、あるときを機に最近更に好きになった俳優の一人です。
坂元 『タイタニック』の吹替えしてたの?ディカプリオ?・・・・もしかして、今回の3Dリメイクも彼が吹替え?・・・・まさかね(笑)。で、エンディングで流れる真心ブラザーズと奥田民生のボブ・ディラン“マイ・バック・ページ”のカバー曲!妻夫木のマジ泣きを余韻にこのイントロが流れた瞬間・・・・泣けたなぁ~・・・・。
上木原 しかし、この二人競演したとき無かったんだねぇ・・・・。意外と言えば意外。まあ個性派俳優の二人なんだけど全然ぶつからずに流石だ。何と言っても、松山ケンイチさん今は“平清盛”で主演だからね。大河は『篤姫』からずっと観てるけどこれまたイイ感じ。
坂元 オレ、大河ドラマは全く観たことないっす・・・・。
上木原 で、この沢田(妻夫木)が梅山(松山)に惹かれはじめるんだけど、それがただ“宮沢賢治”と“CCR”がお互い好きってだけで信用し合うってところがまた純粋でイイんだよね。オレも美容仲間もそうだけど、ぶっちゃけ、ドッチかっていうとジム仲間の方がフィーリング合うっていうか・・・・(爆)。って、この梅山はチェゲバるどころか自分勝手で自己顕示欲旺盛なダメ人間・・・・。大学の論戦でみんなと意見が食い違い「キミは敵か!」「このサークルは僕が作ったんだ!」って吼えるシーンは笑えた!ナンも無い空っぽっぷりを上手く演じる松山ケンイチ、流石だよね。正に“思想犯”。
坂元 ホント、この辺凄いよね。松山ケンイチが本当に危ない人に見えたもん。思想犯ならではの暴走ぶりは見てて面白かった!
上木原 まあ、革命に酔うととんでもないことが起こるワケで・・・・今回は自衛官殺害!正にテロ事件!このご時世だからよく聞くのか、これまで色んなテロ事件あったんだよね・・・・“大統領暗殺”に“核爆弾テロ”、更には“神経ガステロ”に“ホワイトハウス襲撃”まで・・・。・
坂元 それ、『24-TWENTY FOUR-』でしょ?!
上木原 けど、『24-TWENTY FOUR-』に出てくるテロリスト犯も陶酔して何が正義だか分からなくなっちゃうんだよ。この梅本も三島由紀夫に憧れ、彼になりきれずに何かを起こしたかったんだから。あと関係ないけど忽那汐里ちゃん、金八の頃から好きなんだよね・・・・。
坂元 関係無いね。

山崎豊子さん、すげー・・・・

アキサン 同じような時代の話だと『突入せよ! あさま山荘事件』とか。これも生まれる前の話だし、新左翼といわれる人達の凶行。やっぱり理解できないんだよね。何と戦っているのかが解らない。何で立て篭ってるの?何で人質取ってるの?って。たまにダメなミステリ映画で、犯人の動機が不明だったり(不純ならまだ良い)、戦争映画で敵国側の扱いがゾンザイだったりすると萎えるじゃないですか。それに近しいものを感じるんですよね。何か一方通行で一方的で。映画の撮り方ってのもあるのかもしれないけど・・・・。
上木原 関係ないけど、社会派映画やドラマ?60~70年代の男共って、タバコ吸いすぎ!福田さんみたい。
坂元 うちの社員?それ、オレらにしか分からないでしょ。
アキサン あと、フィクション扱いだけどほぼノンフィクションの社会派ドラマ『沈まぬ太陽』も
見応えありましたね。上映時間が長かったってのもあるけど・・・・。
上木原 けどまあ、恩地の左遷人生は可哀相すぎね~か?ドコまでアイデンティティー貫き通すんだって・・・・おれなら行天派かな(爆)。やっとアフリカから帰ってきたと思ったら今度は御巣高山で飛行機事故。人柄のいい国見さんに助けられ、よかったね~恩地・・・・。って思ったらまた行天と政府が邪魔を。まあ、とにかく長い作品だったけど確かに見応えある作品でした!
アキサン 今だとドラマで『運命の人』もやってるけど、山崎豊子の作品はフィクションとノンフィクションの隙間で際どい内容が多いので、作品見て気になったら実際の事件を調べたりすると尚面白くなりますよね。勉強にもなるし。ラストはカタルシスが足りなくてモヤっとしちゃうんだけど・・・・。
上木原 そうそう、山崎豊子さん忘れてはならんです!『運命の人』ね。沖縄軍事基地を原状回復問題をアメリカがするはずなのに日本が肩代わり。ソレを政治部記者・弓成が暴く!けどハンパない政治的圧力が・・・・って話。これからが楽しみ!
坂元 山崎豊子さん、オレ、全然分からない。『白い巨塔』の原作者だよね?
上木原 そう。『白い巨塔』は外せない。大学勤務医の外科“財前”と内科の“里美”とその院内の陰謀と物語。映画とTVと映像化がなんと5回も!韓国でも『ベートーベン・ウィルス』のキム・ミョンミンでリメイクしたしね。田宮二郎があまりに財前役にハマリすぎて3日間絶食して最後の死のシーンを撮影。TV放送残り2話ってトコでなんと拳銃自殺!しかも、山崎豊子さんの『華麗なる一族』で万俵鉄平が猟銃自殺したシーンと全く同じシチュエーションで・・・・。どうもクランプアップ後、財前を演じきってアレ以上の演技ができないとか・・・・どえらい役者にかけた人生。今の時代いないよね
坂元 そうなんだ?!知らなかった・・・・。改めてwebで見たけど凄いね。『白い巨塔』観たくなりました。
上木原 あと『不毛地帯』ね、リメイクでTV化も豪華キャストで非常に見応えがあったよ。 陸軍中佐の壱岐がロシアで10年以上の拘留生活を終え帰国後商社マンに・・・・。その壱岐は自衛隊の戦闘機選定争いで活躍、その後、日米の自動車メーカーとの提携、そして中東で石油発掘プロジェクトに携わる話。・・・・まあ映画版もそうだけどTV版もあまりのボリュームで超満足に楽しめた。EDのトム・ウェイツの“トム・トラバーツ・ブルース”もCD即買い!あの鮫島役の遠藤憲一さんもいいよね!彼の映画紹介のナレーターの声が好き。
坂元 それは壮大過ぎだ(笑)。『ミレニアム』3部作並み!
上木原 あと『ハゲタカ』もハマったなぁ。大森南朋が好きでNHKで全4話でやった企業買収がテーマのドラマ。ちょうど2005年あたりからM&Aが日本でも話題になり楽天やライブドア、村上ファンドに外資系スティール・パートナーズ・・・・あの頃は新聞やニュースに毎日目が釘付けになったもんね。そして遂に映画化!日本、アメリカ、中国のファンド企業と日本の銀行がまさに三国志さながらの攻防!中国のハンパない国家規模の巨額資本をバックにどう立ち向かう!ニッポンなんて当時の時代背景と上手くリンクした作品だったんじゃない?そして玉山鉄二や松田龍平、今の若手の役者がうまい!さすが松田龍平は親譲り!

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる