SUPER 8/スーパーエイト© 2011 by Paramount Pictures. All Rights Reserved. TM, (R) & Copyright © 2012 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

#141 SUPER 8/スーパーエイト

SF、パニック、アクション、友情、恋愛、親子の絆・・・・よくもまあこれだけ詰め込んだもんだ。 by 上木原

『SUPER 8/スーパーエイト』
DVD発売元:パラマウント ジャパン
価格:1,500円(税込)
発売日:2012年06月08日発売(予定)

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

“宇宙人”ではなく“地球外知的生命体”

坂元 今回はJ.J.エイブラムスの『SUPER8』をテーマに“宇宙人の出てくる映画”を語りたいと思います。上木原さん、今回も宜しくお願いしますね!
上木原 僕は今でもノストラダムスの予言と宇宙人の存在を信じてますよ。因みにUFO評論家の矢追純一さんとはFB仲間ですし『MMR』のキバヤシを信じてます。そうそう、学生時代の愛読書は『ムー』で、将来の夢は『フリーメイソン』に入ることでした。今回はそのくらい本気で今回はイカせて頂きます!信じるか信じないかはあなた次第です。
坂元 上木原さん、今回はスタローン以上に熱いじゃないですか!今迄そんな話したこともなかったのに・・・・。
上木原 っていうか、まず“宇宙人”ってのが失礼だよ!“地球外知的生命体”ってのが正しい表現かと。UFO番組とかで必ず出る、あのメキシコシティに巨大なUFOが浮遊するシーン・・・・あれはあまりに有名だよね。
坂元 昔からメキシコってUFO事件(?)とか多くない?明らかにインチキ臭い映像も含めて(笑)。
上木原 “ロズウェル事件”、“解剖フィルム”、“マジェスティック・トゥエルブ計画”と矢追さんのUFOドキュメントではかなり影響受けたの覚えてます。そうそう、スピルバーグ監督いるでしょ、彼の関係した作品をよく思い出してみて!『メン・イン・ブラック』『カウボーイ&エイリアン』『トランスフォーマー』『インディ・ジョーンズ4』『宇宙戦争』『E.T.』『未知との遭遇』・・・・“地球外知的生物”が出てくるの多いよね、コレって何意味するか分かる?ココだけの話、アメリカは大統領に就任すると“地球外知的生物”と極秘で合うことになってるんだけど、唯一、民間人が会ったことがあるのがスピルバーグなんだよ。77年の『未知との遭遇』でグレイが出たとき世界中が今までのイメージが一新したみたい。で、『E.T.』では“地球外知的生物”が友好的存在って世の中に配信したとも言われてるんだ。スピルバーグは映画を通して“地球外知的生物”の存在を知らせようと・・・・。
坂元 それ、聞いたことある。確か昔、キューブリックもそう云われたことあったよね?有名なアポロ11号の月面着陸の映像はキューブリックがスタジオで撮ったってのも有名な話だし。
上木原 世の中の人が“地球外知的生物”が出てくる映画を観てそろそろ慣れてきたときにアメリカは存在を公表するはず!アメリカは50年に一度、国家機密を公表するって言うよね。“エリア51”って知ってるでしょ?空軍地区。ココって地図に載ってないので有名だよね。あるはずなのに公開してない・・・・まさに宇宙人と共同の施設だからなんだ。最近やっとその存在を認めたけど詳細は依然不明。あと、ケネディ暗殺の裏には“地球外知的生物”の存在を公表しようとしてあの事件が起こったとも。
坂元 なんかこういう話って凄く夢があってワクワクするよね。アメリカが「UFOを回収した」って正式に発表した直後「やっぱ間違いだった」って訂正して有名になった“ロズウェル事件”。子供の頃にそれを初めて聞いたとき物凄く衝撃的で、大人になった今でも「で、真相はどうだったんだ?」って酒の席で盛り上がるくらい(笑)。
上木原 『インデペンデンス・デイ』とか『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』なんかでも“ロズウェル事件”は使われてたね。この事件は“エリア51”と共にいろんな憶測があるけど、だからこそ色んな視点からみて作りやすいのだと思う。“ロズウェル”で捕えられた“地球外知的生物”が科学者の手で見解に!これが有名な“宇宙人解剖フィルム”・・・・懐かしい!
坂元 いろんな憶測をよんだけど結局、製作者たちが“偽物”だって告白しちゃったんだよね。確かネス湖の“ネッシー”も製作者が自白しちゃったし・・・・こうなるともう実もフタもないよな。
上木原 それでも僕は信じてる。今じゃロズウェル住民はこの事件を使って町興ししてるってまで云われてるけど・・・・あの墜落したのは絶対UFO!気球観測用の気球なんかではない!マーセル少佐!僕は今でも信じてるよ!

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる