#144 さらば青春の光

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

音楽(サントラ)がイカす映画

アキサン 近所のレンタル屋に『さらば青春の光』が無かったんで、やむなくamazonで買って観たんですが、いつもイギリスの若者は行き詰り感というか閉塞感に満たされてますね(笑)。徒党を組んでイライラしてクスリに逃げて。
上木原 ジミーの「まともって何?」ってのが印象に残ったなぁ。ジミーがエースに裏切られたと感じた時の失望感・・・・。女を奪われて親にもシカトされ、職場でキレてクビ。やり場のない疎外感と孤独感がマックスに・・・・。
なんかこの作品見て尾崎豊の曲を思い出しちゃった「盗んだバイクで走り出す♪行く先も判らぬまま♪」って(笑)。イギリスではバイク・女・クスリ・暴力って半端ないね~、ブルーだっけ?クスリを酒で流し込む様は日本では見ないよね(笑)。イギリスではみんな若いときこうなの?いつまでも青く若く、いろんなものにナイフみたいにとがっては触るものみな傷つける人生・・・・。
坂元 それ、どっかで聞いたことあるフレーズだなぁ・・・・。
アキサン いやホント、映画自体は若者の閉塞感がにじみ出ててすごく良かったです。ラストシーンはオープニングに繋がってるんですよね?多分。
盗んだバイク(スティングのベスパってのもダジャレみたいですね)を崖から落として、そして夕日を背にショゲ帰るまでの劇中で描かれていない時間。
原題からは想像も出来ない邦題はそこから取ってるのかなぁ、と考えると中々大した意訳邦題だと思うんです。
坂元 そうそう、凄く良い邦題だよね。それに比べて最近の映画の邦題ときたら・・・・。
アキサン この映画、フーのアルバム「四重人格」(73年)をベースに描かれてるそうだけど、ザ・フーといえば『トミー』を先に思い出しちゃうんです。BSでやってたのを昔観たのが最初なんですけど、当時(多分18~9歳)の僕の中での洋楽ロックといえばBonjoviとかMr.BigとかPANTERAぐらいしか引き出しが無く、The Whoは僕が生まれる前に人気のあった懐かしのオジサンバンドって認識しかなくて。そんな認識で『トミー』観たからビックリしてしまいまして。「何コレ訳わかんない気持ち悪いド派手!」って印象だったんですが、翌日になっても妙に曲が頭に残ってる。
それから大分しばらくして(曲が聴きたくて)DVD買ったんで観たんですけど・・・・やっぱ訳わかりませんでした。
坂元 アルバム買って聴けばいいのに。
アキサン そうそう、『さらば青春の光』観てたら何となく思い出したのが『トレインスポッティング』。若者がイライラしてクスリやって何やってもダメなところが似てるな、と。でも強烈に印象に残ってるのは便器ダイブシーンなんですけどね。
この映画のラストシーンで流れるアンダーワールドのBorn Slippyを聴いて、少し音楽の趣味がテクノ方面へスライドしていってしまった時期もありまして。今でも好きですね。
坂元 英国映画って、その音楽(サントラ)がまた良いんだよね。単にオレが「英国音楽好き」だからそう思うのかな?
上木原 俺も同感です。昔は暇さえあればタワレコ行ってCDあさってたもんな~、久しぶりに「Oasis」「Boo Radleys」「Primal Scream」「Blur」って引っ張り出して聴いたよ。基本、映画観て「あ~この音楽イイ!」って思ったらすぐにituneでダウンロードしてi-podに入れるもんね。
「俺の映画」ってプレイリストに。お気に入りは『デスペラード』のアントニオ・バンデラスら3人で歌ったマリアッチの歌が最高に好きなんだ。
あとは『スポーン』『マトリックス』『ウォッチメン』のサントラもあるけど、やっぱ何と言ってもスタローン先生だよね。『ロッキー』のテーマもいいけど『オーバー・ザ・トップ』のサントラ最高イイよ!サミー・ヘイガー聴いて勇気もらって「In This Country」で疲れた身体を癒されすべてを忘れる。先日『ロッキー・ザ・ファイナル』で共演した息子がまさかの早すぎる死・・・・サロンで1日中スタローン・ミュージックかけてたって!!
坂元 え?セイジ死んだの?全然知らなかった・・・・。
上木原 『バーレスク』も面白かったな~、もともと数年前アギレラの曲聞いて結構好きでCD買ってたんだ。田舎娘が都会で素敵な歌声武器にスターになってくってサクセス・ラブストーリーな感じでパワフルでスゴク楽しめたよ。ミュージカル映画って結構あるけど最近では一番好きかも。
しかし、一度でいいからミュージカルな1日を過ごしてみたいよね。前もって練習していてその日1日はみんなで歌って楽しんで過ごす。これ鹿児島でやったら絶対楽しいと思うんだけど・・・・。ソニック主催のパーティーでやろうよ!
坂元 いやぁ~・・・・それはちょっと・・・・。っていうか、上木原さん『バーレスク』観たんだ?シェールとクリスティーナ・アギレラのやつだよね?凄い気になりつつも「きっと一生観ないだろうな」って思ってた映画です(笑)。面白かった?じゃあ、観てみよう。上木原さん、ホント奥が深いっすねぇ・・・・。
上木原 あと、『モテキ』も音楽的映画じゃない?あのジャケットのデザイン、メッチャインパクトあるよね!美女が神輿担ぎながら「好きよ!抱いて!好きよ!抱いて!」ッスよ・・・・あぁスミマセン、また妄想が・・・・。俺にもモテキってあったな~・・・20歳の頃。あれから全くカスリもしないんだけどアレってまた来るんだろうか?

“戦争映画シリーズ”でも話した森山未来がスゴイ熱演。やっぱカッコいいや『苦役列車』も。彼って妻夫木君以上にダメ人間?ロクデナシ?やらせたらメッチャ上手いよマジで!話もどるけど長澤&麻生がエロくていいんだって。音楽も大江千里、TM、岡村靖幸、小沢健二とかマジ懐かしい!
まあ演出がテンポよく楽しめた作品でした。ああ、そうか!リリーフランキーにもモテキが訪れていた。きっとまた俺にもモテキが来るはず!!

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる