#146 エクスペンダブルズ

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

CGじゃなくて、とにかく火薬使え!

アキサン 前作は「スタローンとシュワ知事が夢の競演!」と思ったらシュワ知事がチョイ役もチョイ役で軽くションボリさせられたましたが、『2』は(今度こそ)バッチリ共演してますよね。ま、それにしても「往年のアクションスター達が勢ぞろい!」ってのにはグッときた人も多かったんではないんでしょうか。
上木原 トレーラーでシュワちゃんが素手で車のドアを引きちぎり、クールな顔で重火器をぶっ放す姿がまさにターミネーター!ターミネーターで言ったよね「I'll be back(また戻ってくる)」あれから何年経ったんだ・・・今回の作品のトレーラーでシュワちゃん言ったよ「I'm back(俺は戻ったぞ)」って。
坂元 僕ら世代にとってスタローンとシュワルツェネッガーの共演ってだけでも「マジ?!!」って感じなのに、それにブルース・ウィリスにミッキー・ローク、ドルフ・ラングレン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、(ジュリア・ロバーツの実兄)エリック・ロバーツ、テリー・クルーズ、ランディ・クートゥア・・・・などなど、これだけアクション映画の主役級が揃うってのはあり得ないでしょ?だから初めてこの映画の存在を知った時(それこそ上木原さんから「こんな映画があるらしいよ」って聞いたんだけど)ホントに信じられなかったもん。
アキサン でも、オールスター状態の映画で全員に活躍させるとなるとどうしてもそれぞれの出番が薄くなって、結局中途半端な感が否めなかったんですよね。そして敵役にもボリュームが足りない。こんだけスター集めたら結構な悪役が必要なんでしょうけど、そこが薄い。サッカー日本代表の相手が商店街のオヤジで構成された草サッカーチームみたいな感じで。
・・・・いや、商店街のオヤジで構成された草サッカーチームが悪いわけでもないんですけど。
坂元 どこに気を遣ってんの?ま、でもそれは分かる気がする。いっそのこと『アウトレイジ』みたいに“全員悪党”とかの設定にしたら凄い迫力あって面白いと思わない?(笑)
上木原 確かに冒頭から“敵”より“敵”に見えた無法者集団エクスペンダブルズ・・・・(笑)。
特にステイサムの“死の飛行攻撃”と非道な爆破シーン!そこまでするかというほどの無茶っぷり。
アキサン この映画の“見どころ”ともいうべき、若手(といってもオッサン)ジェイソン・ステイサムの現役アクション!ほぼ主役バリの活躍でしたね。もう一人の若手(といってもオッサン)のジェット・リーはイマイチ出番が薄くて少し物足りない気分。『2』では活躍してほしいですね。
上木原 僕は『96時間』『SP』『ボーンシリーズ』『アジョシ』の接近戦闘術“クラヴ・マガ”が好きなんだ。なんか昔のジャッキーみたいな拳法っぽくもあり見ててカッコいい!けどスライ監督にかかればどうだ・・・・せっかくのジェット・リーにステイサムまでいるのに活かしきれていない・・・・「フンガ~」「おりゃあぁぁぁ!」的なパンチだったり、モロばれ軌道キック・・・・。
坂元 確かにその辺の突っ込みどころは満載だよね(笑)。最近のVFXとかを駆使したアクションを見慣れてしまっているせいか?戦いのシーンがちょっと地味に感じてみたり・・・・。
上木原 いいんです、それで。ごちゃごちゃ語るヤツは見なきゃいいんです!最近はCGを駆使しているとはいえ、小ぶりなアクション多くないか?島爆破!やっぱコレだって!とにかく火薬使えって!20世紀のアクションはこうだった!ステゴロでタイマン!旬を過ぎたアクション俳優集めて第二次ベビーブームの俺らの前にもう一度現れた!
最近のアクションはスローモーションを多用してるけどスライはカット割りバンバン入れて何やってんのか全く分からず(涙)それで・・・・それだけで、それだけでいいんです!
坂元 『2』では使われた火薬量が『1』の2倍だって!(笑)
前作の成功のお陰で上がった制作費(予算)をCGとかじゃなくて火薬量にまわしてしまうところがまた“漢”だよねぇ~!
上木原 CG?VFX?・・・・いいよ、モチロン俺も好きだよ。でもさ、スライ、ヴァンダム、シュワ、ウィルス、リー、ステイサム・・・コイツ等の前じゃかすんじまうでしょ?アクションの頂点に君臨した漢達の前ではかすんじまうんだって。それが『エクスペンダブルズ』!!!

エクスペンダブルズな「漢」たち

上木原 (『2』では監督をサイモン・ウェストに任せたけど)『ランボー 最後の戦場』に続き、監督・脚本・主演と、無謀とも思えるスタローン先生。脚本、ストーリーに深みがないと言うけどコレが“漢祭”でしょ!コレがスライなんだって!・・・・あぁ、スライってスタローン先生のコトね。深く言ったら2時間じゃ終わんね~って!
そう言えば坂元サンも以前「Go to Theaters」で言ってたよね「公開してすぐ見に行ったんだけど・・・見終わった瞬間、コレはなんだんだ(汗)・・・・でも僕は心入れ替え『さすがスライ!最高だったぜぇ!!』と自分言い聞かせた!!」ってなことを。
坂元 そうそう、もっと言えば「どんなストーリー?」って聞くのも野暮だよな(笑)。
上木原 バーニーとツールで全く泣けないシーン・・・・っていうか、スライとミッキーは声低すぎて何言ってるか分からないし・・・・。この映画、8000万ドルかかってるそうだね。この俳優陣に加え総合の鉄人ランディ、WWEのオースティン・・・・格闘モノ好きな僕にとっては涙もの!って、ノゲイラも出てるって?ドコだよ、いったい・・・・あれ?アソコにいた・・・・金もだけどキャストも上手く使ってないし脚本も無駄が多い作品。
坂元 だけど、それで良いんだよね(笑)。特に上木原さんにとってはスタローンが出てればもうオールOKでしょ?(笑)
上木原 勿論。以前にも言ったけどスタローンDVDは全て持ってるよ。『ロッキー』『ランボー』『オーバー・ザ・トップ』『デイライト』『クリフハンガー』なんかは当り前だけど『タクシー』とか『スパイキッズ』ってカメオ的作品まで・・・・。このShort cutでもちょいちょい話題に出すけど、語りたいけど語り尽くせない。
坂元 本当に好きだよね。体つきは勿論、最近はもうなんだか顔まで似てきてない?若い頃のスタローンに。
上木原 本当は『ダイハード』もオファー来てたらしいんだけど脚本も書けるスライは「ややこしい」って一括・・・・断ったらしい(笑)。『ビバリーヒルズ・コップ』もオファーあったのに本人が「アクセルからコメディを一切排除しろ」って言って降ろされたそうで。で、そのあとに作ったのが『コブラ』!エディ・マーフィーと正反対でコブラは全く喋らないからね(笑)。
坂元 そうなんだ?その辺全然知らなかった。じゃあ『ダイハード』『ビバリーヒルズ・コップ』もスタローン映画だった可能性もあるんだね(笑)。
上木原 『エクスペンダブルズ』では他にステイサムとリーが好きだな。ステイサムのバスケコートの“1対多数”のシーンとか最高!これは本来ジェット・リーも得意だよね、毎回大人数の敵と戦うシーンでリーはファンを裏切らない。
あと『トランスポーター』シリーズも面白い!カーアクションと筋肉バトル!特に『3』のEベンツとA8のカーアクションがスゴイ!片輪走行であんなんするんだって感じ。常にスーツ姿で素晴らしい広背筋、『デス・レース』で見せた背中のボコボコ感(?)。しかし、ステイサムほどハゲ似合う人いないんじゃないの?逆に『リボルバー』の髪の毛のあるステイサムは違和感アリアリだったもん。ハゲカッコいいステイサムは車とバイクが似合う今最もホットなアクション俳優かな。
坂元 “ハゲカッコいい”って言葉ピッタリだ(笑)。ブルース・ウィリスに続くハゲスターだよね。日本人だとなかなかこうはいかないんだよなぁ・・・・。
上木原 日本人ってさ「俺はハゲたら坊主にするぜ!」って言うけど実際ハゲてきたらウソつくよね。
俺は仕事柄相談受けるんだけど逆の発想教えるんだ!ステイサム見て判るけど、まずはマッチョになって東洋人ペタンコ顔をプチ整形で顔を凹凸のある英国風に。でブルーのカラコンつけて「はい、完了」!隠すじゃなくて似合わせるね・・・・わかる?・・・・そう言えば、前に坂元さん、ステイサムを「俺苦手~」って言ってなかったっけ?
坂元 言ったっけ?いやオレ、ジェイソン・ステイサム好きだけど。むしろジェット・リーがあんまり好きじゃないなぁ、『少林寺』とか“リー・リンチェイ”時代は好きだったけど・・・・
上木原 ジェット・リーは最高だよ!『キス・オブ・ザ・ドラゴン』の最強最速のアクション!『リーサル・ウェポン4』の悪役さえこなしメルギブを喰う悪役ぶり!そして『ダニー・ザ・ドッグ』の悲しい目をした純粋無垢な表情・・・・これは泣いたなぁ。『ロミオ・マスト・ダイ』でのワイヤーとアクションでハリウッドデビュー!笑顔も最高!
『ブラック・ダイヤモンド』でも1対20の格闘家。いつも片手はポケットのリー。彼を真似てたら俺も最近片手ポケットに入れるクセあるんだよね。『ローグ アサシン』ではステイサムとリーは共演してたよね!ハチャメチャな日本語で・・・・
で、極めつけは『ドラゴン・キングダム』!前にも書いたけどジャッキーとジェットの初共演。あぁ、あの二人をもう一度見たい!ジャッキー・チェン、『エクスペンダブルズ3』に是非出てほしい!
アキサン ミッキー・ロークは『レスラー』以降、良い感じで復活しつつありますよね。『レスラー』は観たときに痺れましたね。背中で芝居。色々なものを背中から漂わせるあのカメラワーク。嬉しかったなあ・・・・。
坂元 オレもミッキー・ローク大好きです!ただ、なんか最近は異様な感じすらしない?昔は凄いカッコ良かったのに・・・・そう言えば『2』には出てないね。
アキサン ガキの時分に下心MAXで観た『ナインハーフ』以降、格好良いなあと思ってレンタルビデオ屋で彼の作品を観漁った記憶がありまして。特に『エンゼル・ハート』『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』のミッキー・ロークは凄く格好よく見えて大好きだったんです。母もよくミッキー・ロークのビデオ借りてきて親子で「格好いいなぁ・・・・」と語りながら観てました。が、1992年にボクシングの試合で来日し、伝説の猫パンチで一気に株を下げた感じが憤懣やるかたない!友人にミッキー・ロークの映画を薦めても「猫パンチの人っしょ?(笑)」で済まされてしまう切なさ。ニコニコ動画に試合の動画があったんで久々に見たんですが・・・・やっぱり酷いわ(笑)。

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる