#148 プリズン・ブレイク

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

やっぱり凄い『24 -TWENTY FOUR-』!

上木原 あと、アメドラと言えばやっぱ『24 -TWENTY FOUR-』
アキサン 『24』も「シーズン8」まであるんですよね?一日中観ても1週間かかるなんて!ついでに『LOST』も長い!完結してるとはいえ今から観るのツライ!とはいえ、坂元さんからオススメしてもらった『ウォーキング・デッド』は観てて面白かったんです。だから、多分観たら面白いんです。実際『プリズン・ブレイク』の第1話も面白かったし、続きも気になる。でも観る時間的にどうにも覚悟が要るですよねぇ・・・・。
上木原 だから結局、睡眠時間削って観るしかなくなるワケで・・・・特に強い中毒性のある『プリズン・ブレイク』とか『24』などは確実に睡眠障害を誘発しますね。以前数人で飲んでた時『プリズン・ブレイク』『24』、「ドッチ派だ!?」って話になって5人いて2対2に分かれたんだ・・・・あと一人は何故か『LOST』だったんだけど。みんな勝手気ままにいろんなシーズンの色んなシーン持ち出してあーだこーだって。結局否定はしないんだよね。あと勝手にジャック・バウアーがスコフィールドの脱走を追い詰めることができるか?とか、『24』のチャールズ・ローガンと『プリブレ』のティーバッグはどっちが悪か?とか(笑)。まあ久しぶりに熱く語ったの覚えてる。『24』はバウアーが国に忠誠を誓い、その為なら命を懸けて闘う男の生き様。『プリブレ』は家族の為に全てを懸けて守ろうとする男の生き様。俺らも男ならああなりたいねって時間忘れて喋ってたなぁ・・・・。
まめざる 私、『24』がリアルタイムでやってるときは観てなかったんです。ある程度のシーズンが終了してから興味で観始めたのが間違いでしたね(笑)。リアルタイムで観ると来週まで待たなくちゃいけないし、悶々として主婦業も勤まりませんのでNetflixで全シーズンを一気に観ました。か~な~り~寝不足との戦い(笑)。スピード感がありすぎててどんなに眠くても「よし、このエピソードまで見たら寝るぞ・・・・」ってやつを繰り返し繰り返し・・・・まさに中毒でしたね。うまく出来てます、次も観たくなるような繋ぎ方・・・・辛かった。全シーズンを観終わったときの気持ちったら・・・・「は~・・・・とうとう終わっちゃった」と「は~・・・・やっと終わった」体中のエネルギーをかなり持っていかれました(笑)。
上木原 『24 -TWENTY FOUR-』は凄いよね!レンタル総回転数、3億回!海外テレビレンタル数歴代1位!簡単に言うと1日(24時間)の出来事で1話1時間。例えば午前7時から午後の7時までの話って感じで複数の出来事が同時進行し段々繋がっていくって感じ。テンポが早く視聴者を裏切るストーリーってのが人気の秘密かと・・・・。
あとハンパなく多い登場人物・・・・。テロリスト、合衆国大統領、FBI、シークレットサービス、内通者、CTUメンバー他多数、1話見逃すと全く違う話になってる(汗)。「シーズン1」は大統領暗殺。「シーズン2」は核爆弾テロ。「シーズン3」はウイルステロ。「シーズン4」は時間差多発テロ。「シーズン5」は神経ガステロ。「シーズン6」は連続自爆テロ。「シーズン7」はホワイトハウス占拠襲撃。「ファイナルシーズン」は核兵器テロ。
レンタル屋で『24』の最新シリーズが出たトキは開店前TSUTAYAにマジかと思うほどの会員の行列!1巻のDVDに対し100枚はあってそのシーズンだけで壁一面『24』!仕事帰りに借りに行っても1枚も無く店員が返却するの待ってウロウロするゾンビのような会員の人々・・・・アノ光景はは未だに脳裏に焼き付いてるな~。
坂元 確かに、コレだけ日本で社会現象にまでなった連ドラって『ツインピークス』以来かもね。デイル・クーパーことカイル・マクラクランが当時そうだったように、ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)も日本のCMにまで出て大活躍だったもんねぇ~。
上木原 射撃センスは超一流でコンピューターにめっぽう強いジャック・バウアー。飛行機、ヘリも自在に操りカーチェイスはプロドライバー並。爆弾解体に詳しくロシア語、ドイツ語も堪能。心肺停止しても何度も甦る体力。2年の中国の拷問にも耐える精神力。更には軍隊格闘技を体得しておりタイマンじゃまず負けない。捜査では仲間だろうが容赦なく脅迫、拷問、射殺する。尋問も近距離で怒鳴り冷静さを失う場面も多々あり・・・・忠誠心と愛国心がハンパなく徹底した現場主義でほとんど指図は受けずルール無視の独断捜査だが最終的には任務を達成する、不眠不休男。それがジャック・バウアー!あと、大統領と仲が良くて、携帯代がひと月・・・・
坂元 もういいですよ!ジャック・バウアーに関してはもう充分過ぎるほど分かりました!有難う御座います!
上木原 けど僕はこの期間の9年間は本当に幸せでした。観てない人がいるのが羨ましい・・・・だってコレから出会えるんでしょバウアーに。たまに急いで借りて家で楽しみにして観たら「だ~!観たの借りちゃった・・・・」ってコトもしばしば(笑)。レンタル屋の店員もシーズン間違って返却してて「コレ前のシーズンじゃん…(怒)」とか。店員さんもいつしか「こちらの商品シーズン●の●巻でよろしいですか?」って確認してたもんな・・・・ホントは全シーズン喋りたいんだけど半日はかかるんで・・・・坂元さん、また今度お話しますよ。
坂元 っていうか、今回は『プリズン・ブレイク』がテーマなんですけどね。
上木原 まあ、FOXの2大看板であるこの2つはよくジョーク交えてCMしてたよね(笑)。俺はアメドラって“吹替派”なんだけど『24』ジャック・バウアー役の小山力也さんと『プリズン〜』ティーバッグ役の若本規夫さんの二人は有名になったよなぁ。小山さん今「名探偵コナン」の毛利小五郎やってるんだけど違和感がスゴイ・・・・。他の映画観ててもこの人の声聞くと「あっ、ジャック!」って思っちゃうし(笑)。若本さんの声聞いたときは「アナゴさん?」って思ったもん・・・・。今じゃ「すべらない話」のナレーターであの独特の口調は有名だね。しかしさぁ、スタローンの『エクスペンダブルズ3』にバウアーに出て欲しいよねぇ・・・・。
坂元 ですねぇ・・・・それもう20回くらい聞きました。

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる