#148 プリズン・ブレイク

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

“通”が紹介するオススメ・アメドラ

坂元 さて今回は最後に、日本を代表するアメドラ通「鮫島氏」と、アメドラが好き過ぎて(という理由かどうかは定かではありませんが)実際にアメリカに移住している「まめざる」さんをゲストに迎えて“オススメ”のアメドラを教えて貰いたいと思います。
鮫島 オススメですか?ツタヤにあるもので個人的に1番のオススメは『ザ・シールド』ですかね。とにかく濃い、重い・・・・最後まで観れる覚悟があるのなら、ですが。使われている音楽とストーリーのハードさがロックなんで、坂元さんそういうの好きかな、と。
坂元 早速サイトを観てみました。こういうダークな刑事ドラマ大好きだなぁ、面白そう!
まめざる 私は『Sex and the city』。一番好きなアメドラで、シーズン観終えた後も何度も何度も違うエピソードを観てます。
この人たちの設定年齢がちょうど良いんですよね~。30代からの女性の過ごし方。4人の全く違うタイプの女性が思う男性像とか付き合い方とか。主人公のキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)はドラマの中でナレーションもしてますが、キャリーの仕事がコラムニスト(セックスについてのコラム)を書いてるので大抵のネタがセックスになっててなかなかおもしろいし為になる(笑)。コレ実は男性が観てもおもしろいと思いますよ。因みにうちの旦那は好きです(笑)。時々「え~男はそんなヤツばかりじゃないっ!」とか男性代表で意見を述べてたりもしますが。男性は「女性は常にこんな事考えてるのか」ってある意味参考になりますよ(笑)。あ~、このドラマを語りだすと止まらないのでこの辺で。
坂元 コレも凄い人気だったよね、確か映画化もなかったっけ?女性向けの『フレンド』ってイメージがあってオレは正直観ようとも思ったことなかったけど面白そうだねぇ~。
まめざる あと『アリーmy Love』ね。コレも日本でも人気だったし結構前のドラマですがうちらの世代の女性は好きな人が多いです。主人公のアリー(弁護士)とその職場の人たちのドタバタラブコメディー。基本的にアリーの恋愛がメインなんですがちゃんと弁護士の仕事もしてます。毎回出てくる裁判のシーンは当時「こんなんでええんか?アメリカの裁判」と疑問に思ってたものです(本物を知らないですしね)。裁判大国アメリカらしいくだらない裁判も見れておもしろいですよ!(実際にそういう裁判はあるみたいですしねココ。)アリーの頑張ってる姿が可愛くてつい応援したくなるようなドラマです。
それと『Dexter(デクスター)』は日本では観れたのか分かりませんが、こっち(アメリカ)ではドラマスタート当時かなり話題になりました。警察の鑑識で働くデクスターが実は殺人者という設定もとんでますが。基本的には悪いヤツしか殺さないそうで、自分の完璧な殺人(証拠隠滅)がシーズンを追うごとに周りに気付かれそうになり「これで最後これで最後」といいながら殺人を続けてしまうどうしようもないデクスターです。
このドラマがあまりに話題になったせいで実際に同じような事件がアメリカで起こってしまいました。犯人は少年で「デクスターみたいに悪いヤツを殺したかった」と。それから放送制限が厳しくなったんじゃなかったかな(ま、子供には見せられませんな)。あと、デクスターの髪が回を重ねるごとに薄くなっていって頑張ってボリューミーに見せようとしてるのが観てて痛々しかったです。
坂元 (笑)!それは“まめざる”さんの美容師としての職業病みたいなやつですね(笑)
まめざる 他は『デスパレートな妻たち』。コレはねぇ、正にこの辺でよく見かける(家とか環境もほとんど同じですし)どこでもあるようなご近所さん同士のマダムの集いから始まる物語です。私も主婦ですんで、すっごく共感できるとこたくさんあるんですね~(笑)。ほんと小さなことやどうでもいいことからとんでもない事件になったり(笑)。それぞれの結婚で自分の何を捨てたかとか(こうなるはずじゃなかったみたいな・・・・)旦那の収入、子供の事、学校の事、キャリアの事、近所の事、夜の生活の事、マダム友達同士で悩みをぶつけ合います。『Sex and the city』が独身女性向けならこちらは既婚女性向けといったところでしょうか(笑)。
それと『プリティ・リトル・ライアーズ』、コレは日本でもやってるのでしょうか?こっちでは今「シーズン3」が放送中ですが、こっちはティーン版『Sex and the city』です。仲良しだった5人の女子高生の中の一人が失踪したところからドラマは始まるのですが・・・・これがまた面白い。よく出来てます。学園モノサスペンス・ミステリー。『24』ほどではありませんが毎回「こいつが犯人?」と想像を搔き立てらますがことごとく良い意味で裏切られる。犯人にもうすぐたどり着きそう・・・・ってとこで新たな謎が。私もこの歳ですし、学園モノを観始めるの少々戸惑いましたが、面白い。そしてこの女の子たちがまた可愛い!!(って旦那に言ったら「近所のおばちゃんみたいだよ。。」って言われました。笑)お洒落度もかなり高く(実際女子高生がこんなの着てたらやばいっしょ。みたいな)『Sex and the city』に匹敵するお洒落レベルですね。ドラマはミステリー仕立てですが学園モノなので男の子との恋愛も描かれており(しかも4人のうちの一人はレズビアンだし)娘を持つ親としては「学校行ってこんな事ばっかしてんのかよっ!!」と頭が痛くなりそうなんで、娘さんを持つ親御さんは客観的に観ることをお勧めします。
坂元 まめざるさんは“大人の女性”ならでは“オススメ映画”って感じでいいですね!(笑)
まめざる あ、あと『Nip/Tuck』!コレは子供が起きてる時に観ないで下さい。セックスシーン多過ぎです(笑)。

もう全シーズンでどんだけやってんのあんた、って言うほどです。ストーリーは整形外科医の男2人がクライアントを整形手術を施すなかで人間像も描いていくという。何故私がこのドラマを全部観終えたかといいますと・・・・
坂元 セックスシーン・・・・?
まめざる じゃなくて(笑)!この中で繰り広げられる手術の技術が凄い!私はもちろん素人なので細かな事は分かりませんが恐らく今の医療の世界でも先端を行く技術を使って手術シーンを撮ってるんです。もちろんオペなのでグロいシーンもありますが私これを見ながらただただ現代の医療はココまで進んでるのか~と感心しきりでした。必見です。血がダメな人にはオススメできませんが。
しかもただ単に”美しくなりたい”という理由だけの整形手術ではないんです。事故で失った身体の部位の再生医療とか文化の違いで失わざるを得なかったものを新たに手に入れるとか・・・・かと思えば人間の欲が生み出したものの結末とか。リアルで面白いです。
あ、因みになんでセックスシーンが多いかというと整形外科医の一人がセックス依存症で医者なので、金もあるため向こうから女性が寄ってきては手当たり次第という、ま、現実にもこういう医者はいるんでしょうけど(笑)。
余談ですが、このセックスホリックの外科医を演じたジュリアン・マクマホンですが、かなりのイケメン(アメリカでは間違いなくHOT)です。しかも驚く事にこの人の親父さん、元オーストラリア首相だそうで・・・・そんなのも関係なくこんな役をやってのけるのはさすがプロ意識というかアメリカというか・・・・です(日本ではあまり聞かないですよね)。例えば小泉幸太郎がセックス依存症の役をやるでしょうか・・・・疑問(笑)。
坂元 う~ん、どれも面白そう!たださぁ、アキサンも言ってたけど“アメドラ”って最初で観遅れると続きが長過ぎてもう観る気がしなくなるんだよねぇ・・・・。
鮫島 (ツタヤとかでレンタルされている)日本に持ち込まれているものは、既に2~3年前のものなのでリリースしている数が多いため基本的に追いつくのは大変ですよね。でも例えば『ミディアム』(霊能者アリソン・デュボア・・・・ライトに観れます。実話を元に違った鳥肌を感じれます)とか『レバレッジ:詐欺師たちの流儀』(ひたすら気持ちがよい)なんかは「一話完結」でライトかつ奥が深く爽快感もあるのでオススメですよ(出てる本数も少なく最初から観ても途中から観ても追いつく必要がありません)。
あとは“まめざる”さんも紹介してた『デクスター:警察官は殺人』(オープニングにセンスあり)や『グリー』(出ている出演者が何気に凄い人たち)などなど・・・・まだまだオススメいっぱいありますが、のめり込み易さと入手し易さを考えるとこの辺かな。
坂元 流石、まめざるさんに鮫ちゃん!コレを機にアメドラに目覚めてみようかなぁ。アキサン、一緒にハマってみようよ!
アキサン いやホント今回はすみません・・・・。アメドラと言えば『ナイトライダー』ぐらいしか引き出しが無いのでお手上げなのです。ウチの嫁は海外ドラマ好きなんですけどねぇ。今回、代打での参加を打診したんですが、渋りに渋り倒して結局不参加。今スマホで海外ドラマや映画の動画配信サービスやってますよね?アレで今夜から勉強しなおしてきます。
坂元 遅いね。もう全然遅いよ。

参加者募集!

このディスカッションは、メールのやりとりのみで行われているバーチャル(死語?)な対談です。このコーナーには基本的に何の束縛も決まり事もありません。思いついたことを独り言のように書いていただければこちらで他の参加者とのメールと「会話形式」に編集させていただきます(掲載時には簡単な自己紹介文とアイコン用画像が必要です)。現在募集中のテーマは2013年2月25日更新予定の『ゴーストライダー』。まずは気軽にメールを!メール受付〆切は2013年1月15日(火)です。ご意見・ご要望のメールも大歓迎です。

参加希望メール送り先  sonic@sky.plala.or.jp 坂元まで

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる