#149 幸せへのキセキ

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

事実は小説より奇なり

上木原 刑務所モノや冤罪モノってノンフィクション多いよね。前回のテーマ『プリズン・ブレイク』(05年~)から結構ハマっちゃってさぁ・・・・。そうそう、『ディア・ブラザー』(10年)も壮絶だった。冤罪で無実の罪で終身刑となった兄を救うため兄を刑務所から出す話なんだけど・・・・。
坂元 まんま『プリズン・ブレイク』じゃん!
上木原 違う違う、弟スコフィールドは兄を脱獄させたでしょ。こっちは妹が弁護士になって兄の冤罪を晴らすって話。そこまで兄に思い入れないだろ!と思うんだけど、ちゃんと幼少時代の兄妹の絆も描かれていて納得。兄の無実を信じて、兄のため18年もかけて学生から学び司法試験合格して弁護士なるまでの姿に脱帽。80年代初期はまだDNA鑑定が一般的でなくただ容疑と血液型だけで判断してたんだね・・・・。
しかし警察の権力の乱用で冤罪きさせるのはマジ勘弁って思った。弁護士費用もかかるし本気で調べてくれない・・・・なら私が弁護士になろう!って、普通できないって。一から18年もかけてやるなんて!コレ、アメドラ化したら絶対ウケると思うんだけどなぁ。
エドガーくん 実話モノだと『ソウル・サーファー』(11年)!コレも夫からのオススメ映画だったんだけど、凄いです。で、ご本人とホントのお父さん、お母さんを見たらやっぱりご本人の方が凄い。ご両親の若かりし頃のヒッピー具合が嬉しくなります。そして映画化にあたって自分を演じる女優にアナソフィア・ロブを指名したベサニーちゃん♥♥さすがだー!選んだ理由を聞きたい♥でもこのポジティブさが(ほめてます!ベサニーちゃんもかわいーです!)魂の美しさだと納得しました。このハミルトン家、ホントに天国みたいな生活です。海って傷跡や心まで洗ってくれるのでしょうか・・・・傷跡も本当ならばなかなか直視できない気がするのですが、ベサニーちゃんは本当に綺麗に見えました。サーフィンをあまり知らない私はポイントがどの技に付くのか分からなくて、大会シーンも「へーっ・・・・」て感じだったんですが、ベサニーちゃんの時は上手なことが分かって凄い!と思っていたら、ベサニーちゃん本人が演じていたそうです。やっぱり!素人でも巧さが分かります。最後の大技のシーン、見て欲しい!
坂元 サメに襲われて腕を失ってしまったっ実在の女性サーファーの話だよね?気にはなりつつもまだ観ていない映画でした。
エドガーくん 是非観て下さい。とにかく、この家族が素敵。ヘレン・ハントが演じるお母さんが、ベサニーちゃんにある写真を見せて励ましてくれるところ、いいです。ヘレン・ハントがさりげなくかっこいい!綺麗だけど、なんか老けて見えやすい気がしていたのだけど、プライベートでもサーフィンを楽しんでいらっしゃるそうで、素敵です。あとお父さんが「おまえがやろうと思ったことで失敗したことはない」って励ますシーン♥『大草原の小さな家』でも父さんがローラにそういって励ましてたんですよね。女の子にはときに、信じられる異性からのそういう励ましって凄い力になることがあるんじゃないかなと感じました。あーこんなふうに暮らしてみたい!
アキサン 今回『幸せへのキセキ』をテーマに「実話ベース映画」ってことで、『旭山動物園物語』(06年)が真っ先に思い浮かびましたねぇ。僕の中ではチョコチョコ変わる園長のネクタイと象に踏み殺されるあのシーンが凄く印象的で。もう唐突過ぎて。え?何、ワーとかなって?え?死んだの何それ?みたいな。旭山動物園は新婚旅行で行ったんだけど、凄い人が多くてほとんど何も見てなかったんですよ。並ぶの大嫌いなんで。「並んでまでペンギンやアザラシ見るこたぁねえ!平川にもいるだろ!」って(笑)。だけど映画観たら「アザラシすげーな・・・」って。嫁からは「素通りしたじゃないの」と冷たく言い放たれましたけど。
坂元 なんか意外だなぁ・・・・アキサンのことだから“実話系ゾンビもの”とか挙げてくると思ってたけど。
アキサン そんなん無いでしょ。てか、結婚して子供できてからなんでしょうか。少しづつ映画の嗜好が変わってきまして。つい先だっても『最強のふたり』(11年)を映画館に観に行ったんですけど、何かこういう実話ホノボノ系が割と好きになってきてるんですよねぇ・・・・っていうか、この邦題もヒドい。
上木原 しかし、本当に「事実は小説より奇なり」!実話ベースの映画って改めて考えさせられる作品ばかりで・・・・諦めちゃいけない!だよね。で、次回は「金返せ映画」・・・・う~ん、観る気がしない(笑)。

参加者募集!

このディスカッションは、メールのやりとりのみで行われているバーチャル(死語?)な対談です。このコーナーには基本的に何の束縛も決まり事もありません。思いついたことを独り言のように書いていただければこちらで他の参加者とのメールと「会話形式」に編集させていただきます(掲載時には簡単な自己紹介文とアイコン用画像が必要です)。現在募集中のテーマは2013年3月25日更新予定の『裏切りのサーカス』(11年 トーマス・アルフレッドソン)。まずは気軽にメールを!メール受付〆切は2013年2月15日(金)です。ご意見・ご要望のメールも大歓迎です。

参加希望メール送り先  sonic@sky.plala.or.jp 坂元まで

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる