#151 裏切りのサーカス

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

『裏切りのサーカス』

上木原 ゲイリー・オールドマン・・・・だいぶオッサンになったけどあのキワモノ的カッコよさとインパクトの強さってなんだろう?『ドラキュラ』『トゥルー・ロマンス』『告発』『レオン』『ハリーポッター』『ダークナイト』観るたび出てくる名脇役ゲイリー。で、今回の『裏切りのサーカス』で遂にアカデミー主演男優賞にノミネート!ノーマークだったんで早速視聴しました。・・・・ん~解りにくい・・・理解しづらい・・・・。スパイ映画と言えばジェームス・ボンドやイーサン・ハントのイメージなんだけど、こりゃカーアクションもなければドンパチも恋もない。登場人物の分かり難さに加えフラッシュバック映像でどんどん進むストーリー・・・・実は俺この映画3回観たよ。本来は酒飲みながらトローンとした気持ちで映画観るの好きなんだけど1回目は全く意味わからず終了。で、2回目は公式ウェブで人物相関図を見ながら鑑賞。おぉ!解りやすい!・・・けどまだ解らない。で、もっと感じたくて3回目鑑賞。いや~面白い。そもそもスパイって目立たないもんだもんね。
アキサン この映画って劇場公開時はリピーター割引キャンペーンしてたみたいですね。何度も観直したくなるという声が多かったみたいで。僕は・・・・1度で良いです。考えてみれば『007』シリーズすらロクすっぽ観たことが無く『ミッション:インポッシブル』シリーズもちゃんと観ていない。今回ようやく確信しました。僕は多分スパイ物が好きじゃないんだろう、って。だから「サーカス」と聞いても曲芸の興業かMr.サマータイムしか思い浮かばないんで、英国諜報部の話だなんて思いもしなくて。てか英国諜報部?よく知らないけどMI6とか007とかの話?何?何?と思っているうちにコードネームとかワサワサ出てきて情報処理が追いつかない。回想シーンと現在のシーンが織り交ざって尚更混乱。あれ?俺ってこんな馬鹿だったかな?と不安になるほど。
坂元 笑!分かる分かる!同感でした(笑)
ツカモト でも、面白かったー!僕は歴史には本当に疎くて、時代背景とか理解するのに何度も巻き戻しましたが(というか今もよく分かってません)。絡み合った糸をじっくり解いていくようなストーリーだからか、情景描写や感情表現もとても繊細に感じました。例えば車にハエが一匹紛れ込んでくるシーン。そのハエにどう対処するかで精神状態が計り知れたり。それだけにゲイリーの演技力の高さが分かるというか。凶器に満ちた悪役の彼は影を潜めて、冷静沈着な初老の男の渋さに心を掴まれました。
上木原 (コリン・ファースが焦って靴はいてる姿に萎えたけど)サーカスの幹部全員が怪しいし“スマイリー”が複雑な関係をさらに引き立てる。ソ連の“カーラー”は全く顔は出さないけどスパイたちのセリフだけで人物像が描かれる演出がスゴイ!『ユージュアル・サスペクツ』の“カイザー・ソゼ”を思い出した。結局あれケヴィン・スペイシーだったよね~。って、途中クラブで流れるラ・メール!このテンポがすごく好きでなんとも懐かしい。で、早速ダウンロードして何度も聞くうち「俺コイツ知ってる・・・・」と思って調べたらフリオ・イグレシアスじゃん!「ラ・クンパルシータ」のCD持ってた。何と言っても曲がイイ!10年ほど前タンゴ習おうと入門に買ったCDだったんだなぁ・・・・。話戻って、俺思うに実は“ジョージ・スマイリー”も実は“モグラ”だったんじゃないかと・・・・なかなか深く、今までにない作品でした。
ツカモト 邦題にガッカリさせられる映画も多いですが、コレはタイトルもいいよね!そそられる。英国諜報部・MI6のことを“サーカス”と呼ぶことを初めて知りました。調査対象に付けるコードネームもシャレてますよねー!ティンカー(鍵掛け屋)、テイラー(仕立て屋)、ソルジャー(兵隊)、プアマン(貧乏人)・・・・あぁ、そんな組織に属してみたい。そんな組織に狙われて、コードネームを付けられるような犯罪者になってみたい!
坂元 じゃ、オレのコードネームは“GO”でよろしく!
上木原 それ、本名だからね。で、トム・ハーディ!『ダークナイト・ライジング』では全く真逆のベイン役で登場。彼の筋肉にビックリ。ベインの役作りの為ガリガリから高脂肪摂取と高負荷筋トレで4か月であのカラダつくったんだって。アメリカの俳優さんの役作りはスゴイよね。まるでアーノルドだね。日本ではマッスル北村辺りかな。次回の『ターミネーター』はアーノルドのボディビル人生についてアツく語らせていただきます!そう言えば『ダークナイト』での“ゴードン本部長”のゲイリー・オールドマンもステキでカッコいいね!『レオン』の悪徳麻薬捜査官とは全く違って正義感あふれる表情。べインもジョーカー越えでなかなか良かった。キャット・ウーマンのアン・ハサウェイもキャワイイ~。猫耳ゴーグルに萌えた!ブルースがゴードンに「ヒーローはどこにでもいる。少年の肩に上着をかけ世界は終わりじゃないと励ますような男のことだ」この正体を明かすシーンで二人に涙したなぁ・・・・イイっすね~ゲイリー!カッコいい!シブい!このシリーズも終わっちゃいましたね。最後は素敵なエンディングでした。あとはロビンに任せた!!『バットマン』って『スーパーマン』とかと一緒のDCだよね?マーベルの『アイアンマン』『マイティ・ソー』とかと、やっぱなんか違うよなぁ・・・「アベンジャーズ・メンバー」には似合わない。
坂元 バットマンとかスーパーマンらDCのヒーローが総出演する『ジャスティス・リーグ』も既に映画化が進んでいるみたいだね。そっちも楽しみだ。
上木原 そうか、『マン・オブ・スティール』もその伏線なんだろうね。まさにノーラン&ザックのシリアスで人間心理を描いた作品でマジ楽しみ!「バットマン」も「スーパーマン」もコスチュームの質感&デザインががメチャメチャカッコいいし!

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる