#154 コラテラル

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

トム・クルーズ映画で最高傑作と言えば・・・・

上木原 トムの映画で一番好きなのってなに?『カクテル』『トップガン』『MIシリーズ』『ラストサムライ』『アウトロー』・・・・いろいろあるよね。あの甘いマスクに真っ白な歯。サングラスにサラサラヘア・・・・最も日本人に親世代から若者まで愛され、これからも愛され続ける俳優トム・クルーズ。あのサービス精神と笑顔は日本人も真似しなきゃダメだよな・・・・。
正幸 やっぱトム・クルーズと言えば『トップガン』か?
坂元 だな。あと、青春映画の金字塔と云われているコッポラの『アウトサイダー』ね。そしてその次が『レインマン』『ハスラー2』辺りか?調べてみると年代的には前後するんだけど、何故かそんなイメージ。
上木原 俺は、彼を初めて見たのは『トップガン』より『レインマン』だったな。なんか学校で見た気がする。自閉症のダスティン・ホフマンをみんなで悪ふざけして真似たの覚えてるもん。
それから何度か観る機会があったのだけど、その度に作品に対する思いが変わってくるんだよね。俺はやっぱり『レインマン』のトムが好きだなぁ。アクションも強い男も悪い男もいいけど、ダスティン・ホフマンとの兄弟のトムが好き。トムのDVDで持ってるのは唯一コレだけなんだけど何度観てもグッとくる。自閉症の兄がいたのを初めて知ったチャーリーが兄レイモンドの遺産目当てに誘拐するんだけど、彼とコミュニケーションとる度だんだん心が通じ合ってきて・・・・いつの間にか“金”ではなくレイモンドを大事な兄に思い始めるっていう。自閉症で特別な能力を持ちカジノで大儲け、キスも体験して施設にいた時とちがう経験をいっぱいする・・・・。
『ギルバート・グレイプ』のディカプリオも上手かったけど、この映画でのダスティン・ホフマンの演技がマジでスゴイ!数年前にTOHOシネマズ「午前10時の映画祭」で『レインマン』やっててもう一度スクリーンで観れたんだ。
坂元 あぁ、あの企画は良いよね。今は天パラが同じような企画をやっているけど、アレは良い。
上木原 なぜ父は兄の存在を知らせなかったのか?なぜ財産をレイモンドに残したのか?それはすべてチャーリーの為。最後のカフェでのシロップ出すシーンで自閉症の兄レイモンドは初めて笑うんだよね。あのシーンはマジ何度見てもイイよ。とても幸せな気持ちになる。結局最後まで意思疎通ができたのかは分からないんだけど、何度も観てるせいかこの時のトム・クルーズが一番好きだな。今度、長女と次女と一緒に観てみようと思う。
坂元 あぁ、良いね。自分が子供の頃に観て未だ思い出に残っている映画を子供と一緒に観れるなんて幸せだよね!オレにとって正に『ゴースト・バスターズ』がそれだった(笑)。観終わった後、子供たちと一緒に背中に掃除機背負って家じゅうを真っ暗にして懐中電灯持って探検したもん(笑)。
上木原 『バニラ・スカイ』も何度か観たんだけど意味不明な映画だったな・・・・。その後再びトムとキャメロン・ディアスの二人が共演した『ナイト&デイ』は正に『MIシリーズ』『チャーリーズ・エンジェル』の超豪華版って感じ!二人でいったいギャラいくらなんだろ・・・・。
とにかく全く危機一髪がなく痛快に見れる『ナイト&デイ』に対して『バニラ・スカイ』は奥深い・・・・『オープン・ユア・アイズ』のリメイク版ってことだけど全く不思議な映画だった。ドコが始まりなのか?ドコが終わりなのか?現実はドコまでで、ドコからが夢なのか?内容違うけど『インセプション』思い出したなぁ。僕らの今の生活も脳が処理して生活してるわけであって実際はどうなんだろうと感じる作品。
坂元 でもオリジナルの『オープン・ユア・アイズ』は個人的には最高に好きな映画の1本です。『REC』と並びスペイン映画の最高傑作!リメイク作『バニラ~』にペネロペ・クルスが同じ役で出てるってのも良いよね。
上木原 トムクルとキャメロンとペネロペの役がハマりすぎて上手すぎて・・・・。特に心中シーンの車の中のトムとキャメロンの演技はヤバすぎ!難しい役をサラッとやってのけるとこが流石って感じだよね。で、ペネロペがメチャメチャかわいい・・・・マジ惚れるって!
アキサン 『ザ・ファーム 法律事務所』も個人的には印象深い映画です。
坂元 地味やなぁ~・・・・。
アキサン 原作読んでから映画を観る、ってパターンを初めてやった映画でして。それまでは「映画でやってんなら原作読まなくていいや」「映画面白かったから原作読んでみよう」ってパターンしか無かったんで。何でなんでしょうかね?『アフュー・グッドメン』の法廷シーンで目覚めちゃったんでしょうか。でも肝心の『ザ・ファーム』には法廷シーンあんま無かったような・・・・。そういや去年あたりからアメドラでもやってたみたいですね。あれから10年後のミッチの姿を描いてたらしいんだけど、シーズン1で打ち切られたみたい・・・・。
上木原 でもさ、トムといえばやっぱイーサン・ハントでしょ・・・・。特にシリーズ4作目の『ゴースト・プロトコル』は安定感あって文句なしに面白かった。あの「青は接着、赤は死」のブルジュ・ハリファでのシーンは下半身がもうムズムズしてしょうがなかったよね(笑)。あれメイキング見たんだけどスタント無しでしょ?!マジありえないよなぁ・・・・いくら吊られてるっていっても絶対無理・・・・。サーバー室から飛び降り駆け下りる?シーン!勢い付けて部屋に戻るシーンは映画1800円じゃマジ安いでしょ。
確かに『007』もいいけど、チームワークと絶妙な笑いはボンドを超えると思う。中だるみなくテンポがよくハイレベルなアクションと笑い満載でこれぞハリウッド映画って感じだよね!指輪型麻酔針、フェイスマスク製造マシン、背景疑似装置、コンタクトレンズカメラ、磁気浮遊スーツ、マット装置スーツ・・・・そして頼もしい仲間たち!
特にジェレミー・レナー!彼は最近売れてるよね~。初めて見たのはベン・アフレックの『ザ・タウン』のジェムだったか?スティーブ・ブシェミかと思わせるほどのキチガイ役は印象的で最後までカッコよかった!その後も『ハートロッカー』『アベンジャーズ』 『ボーン・シリーズ』何でもこなせる彼はスゴイ!
アキサン そう言えば『コラテラル』、フランク・ダラボンが製作総指揮に名を連ねてるんですね。先日、ようやく「ウォーキング・デッド」の第2シーズンまで観終わったところです。『ワールド・ウォーZ』の公開も近いんでまたゾンビ特集行きましょうか?

参加者募集!

このディスカッションは、メールのやりとりのみで行われているバーチャル(死語?)な対談です。このコーナーには基本的に何の束縛も決まり事もありません。思いついたことを独り言のように書いていただければこちらで他の参加者とのメールと「会話形式」に編集させていただきます(掲載時には簡単な自己紹介文とアイコン用画像が必要です)。現在募集中のテーマは2013年8月25日更新予定の『ゾンビ』(78年 ジョージ・A・ロメロ監督)です。まずは気軽にメールを!メール受付〆切は2013年7月15日(月・祝)です。ご意見・ご要望のメールも大歓迎です。

参加希望メール送り先  sonic@sky.plala.or.jp 坂元まで

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる