ワイルド・スピードFilm (C) 2001 Mediastream Film GmbH & Co. Productions KG. All Rights Reserved.

#155 ワイルド・スピード

車映画好きなら誰もが憧れる「マイアミでマッスルなオープンカーに乗って人生過ごしてみたい!」 な、正にそんな映画。by 上木原

『ワイルド・スピード』
ワイルド・スピード
発売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
発売日:2012年4月13日レンタル開始(レンタル中)

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

とにかく面白い「ワイスピ」の魅力!

上木原 今回のテーマは『ワイルド・スピード』!イイねぇ!原稿書いてる今はまだ最新作『EURO MISSION』は公開前だからトレーラーしか観てないんだけど、とにかく派手だね~・・・・。今から観に行くのワクワクしてるって。
アキサン 「ワイルド・スピード」って、何故かシリーズ全部観てるなぁ。最新作『EURO MISSION』で6作目!?シリーズ物で考えると結構な数出してるんだよね。しかもここ10年チョイぐらいで。
坂元 そのうち「釣りバカ」とか「寅さん」シリーズみたいに毎年恒例の!とかなったりして(笑)。
アキサン しかし、この「ワイルド・スピード」シリーズって邦題が特徴的ですよね。 http://soundtrackdetective.blogspot.jp/2010/12/fastfive.html に詳しく書いてるんだけど、何か場当たり的な邦題のつけ方が大好きです。ちなみに「トムとジェリー ワイルド・スピード」ってのもあるんだけど、これも原題は「Tom and Jerry: The Fast and the Furry」。内容は「チキチキマシン」なんだけどね。
上木原 で、最新作『ユーロ~』の舞台はヨーロッパだね~、ダッジにシェルビー、360モデナ、エスコート、ヴァンキッシュ、アルファジュリエッタ・・・・。日本勢もGT-R、BRZが相変わらず頑張ってる。
坂元 この“ハイパー半端ねぇ”車を観るだけでも充分に元取れる感じ。オレは正直、そんなに車には興味無いんだけど、それでも熱くなるよなぁ~。劇場からの帰り道、飛ばしてしまいそう(笑)。日産ノートだけど・・・・。
上木原 前作『MEGA MAX』での銀行強盗。バカデカい金庫を牽引するマッスルカー・ダッジで街を破壊しながら走る様は圧巻。さすがだわ(笑)。「ワイルド・スピード」シリーズは色んな車が出るよね~、だから車好きにはたまんない。
坂元 最新作『ユーロ~』では遂に戦車まで登場!もうココまでくると笑うしかない(笑)。
上木原 GT-R、Z、シルビア、S2000、スープラ、セブン、ランエボに、最近だとトヨタの最高級スポーツカーLFAとか、日本車も多く使われてるね。それだけ人気のなのかも。けど途中からアメ車が多く使われるようになったんだ・・・・ま、コレはあとで語ろうかと(笑)。
坂元 上木原さん、詳しいねぇ~、オレは全然車種とか分からないからあんまり見分けが付かないんだよね(ま、戦車くらいは見分けられるけど)。だからカーチェイス・シーンとか車の“色”で見分けるしかなかったり(笑)。そんなオレでもこのシリーズは全作劇場で観てる。単純にただただ“面白い”映画なんだよね。娯楽作ってのはこうあるべき。“ただただ面白い!”コレに尽きると思う。
アキサン 何も考えずに観るのに丁度いい内容というか、レースシーンだけ見てても成立するというか。ストーリー自体はAVのインタビューシーンみたいなモノで、要はヌキ所だけ見てりゃ良いっていう、レース映画だけに!
坂元 下ネタかよ!しかもエラい自信満々で言い切ったなぁ・・・・。

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる