#156 ゾンビ

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

ゾンビの歴史

上木原 僕なりに解釈してみたんだけど、日本では亡くなった人は火葬するよね。でも、ゾンビってまんま土葬ってコトでしょ?死者の魂や怨念ってのは昔から知ってるけどゾンビは日本じゃなじみがないんだって。17年前の96年にカプコンから「バイオハザード」出たよね、多分それがゾンビの発祥じゃないの?僕も結構ハマったトキあった。けど仕事後だから深夜にやるんだよね・・・・メッチャ怖かったな~。
だから坂元さんやアキさんもゾンビ好きっていうけど歴でいえば15年やそこいらでしょ?日本のホラー映画の四谷怪談が59年。歴史的には日本に軍配かな・・・・。
坂元 オレにとっては『バイオ〜』はゾンビ映画ではないんだよね。先に書いたように“人間ドラマ”が希薄だし、モンスターみたいなのまで出てくるし(笑)。
ゾンビの歴史といえば何と言ってもジョージ・A・ロメロの『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』が最初でしょ!68年の映画だよね。でも映画史的にはゾンビ初登場は32年の『ホワイト・ゾンビ』だと云われているけど観たことないから分からない。けど「人を襲うゾンビ」としてはやっぱり『ナイト〜』が初らしい。で、その続編として作られた『ゾンビ』が間違いなくゾンビ映画の金字塔だと思う。
アキサン 一番大好きなゾンビ映画は?と訊かれれば僕も坂元さん同様やっぱり『ゾンビ』ですね。そのまんまなんだけど。 この映画の魅力として世間では「時代的背景を含んだ~」とか「人間の深層心理が~」とか色んな深読みがされてるけど、何だかんだで一番の見どころはショッピングモール独り占めのウハウハ気分を疑似体験できることと、スケートリンクでツルツル滑るゾンビの可愛らしさに尽きると思います。
坂元 尽きない。
アキサン ザック・スナイダーが『ドーン・オブ・ザ・デッド』としてリメイクしたけど、出来たら『ゾンビ』で脱出したフランのお腹にいた赤ちゃんが大きくなった世界の話とかも観てみたい。
ロメロのゾンビ映画って時系列があって、『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』(68年)→『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』(07年)→『サバイバル・オブ・ザ・デッド』(09年)→『ドーン・オブ・ザ・デッド(ゾンビ)』(78年)→『デイ・オブ・ザ・デッド(死霊のえじき)』(85年)→『ランド・オブ・ザ・デッド』(05年)・・・・って順らしい。けど、時系列でいう最後の『ランド・オブ〜』でもゾンビ発生からまだ3年後って話しなんで、もっと思い切って時計の針進めちゃっても面白いかな?なんて思ったりも。てか、いつまでもゾンビ世界が続いてるってのもイヤだけどね(笑)。
そういや『28日後…』『28週後…』ときて『100年後…』って映画もあるんだけど、前作とは全く関係のない映画であやかり邦題みたいですね。
坂元 そうなの?そんな時系列があったとは・・・・面白いね!しかも全作ゾンビ発生から3年未満の物語?!一度、時系列に沿って全作観てみたい(笑)。オレにとってはロメロの映画だけが「ゾンビもの」の全てかもしれない。やっぱゾンビが走っちゃダメだ(笑)。
アキサン 近年の『ランド・オブ・ザ・デッド』『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』『サバイバル・オブ・ザ・デッド』も、ロメロはゾンビを走らせてないんだよね。作品の出来については色々あるんだろうけど、伝統的な“走らないゾンビ”で恐怖と人間ドラマを描ききるのは流石ですよ。
坂元 全く同感です。最近では“ゾンビ”が“モンスター化”してしまってるよね。ただの“モンスターもの”になってしまっている。
アキサン 『バイオ〜』シリーズはもはや只のモンスターとジョボビッチのフトモモ映画。おっと、最近はオッパイ要員もいますね。あと中島美嘉(笑)。
『ゾンビ』のエレベーター突入シーンとか『死霊のえじき』の壁から手がドーン!(僕ら世代にはドリフ的な演出だけど)、それに、ゆっくり食われるローズ大尉・・・・走らなくてもあれだけの恐怖を味わうことが出来るんですけどね。安易に走らせるのも考えもんですよ。やっぱり。
坂元 ロメロ映画以外では唯一、『死霊のはらわた』『REC/レック』(スペイン映画のオリジナルとハリウッドリメイク版1作目に限る)だけは別格で良作だと思うけどね。ま、この2作も“ゾンビ映画”ではないかもしれないけど・・・・。
アキサン 『REC/レック』はいつの間にか『REC/レック2』、更にその続編『REC/レック3 ジェネシス』ってのが出てたんですね。面白そうなんで観てみたんだけど、途中からなんと主観映像じゃなくなるんですよ!(笑)「えー!RECってそこがウリなんじゃないの?」と思いながらも観たんだけど、どうも別物な仕上がり。面白い仕掛けや伏線もあるんです。ゾンビは教会に入れないとか、神父の説教中は(お経的なアレ)動きが止まるとか。『REC/レック2』で宗教色出したのが(珍しくも)良い方向に働いてた感じで。更にドレス姿でチェーンソーやハイキックなどのご褒美シーンもあるし。
坂元 あのシーンってご褒美なの?確かに続編はやっぱ「REC」じゃないよね。「ジェネシス」ってサブタイトル付けてる割に何か別方向に行っちゃった感じ。っていうか、1作目が圧倒的過ぎた。
アキサン あと、『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ゾンビランド』みたいに、コメディ要素満載なのも面白いよね。「ソンビ映画の基本はカルトでありB級であるべし」という感じで、ゾンビ映画のお約束を誇張してコメディに昇華するってのはもうたまりません。『ゾンビランド』の32のルールなんかズバリソンビ映画のお約束だもんね。プロ野球珍プレー好プレー集のように、真面目にやってるからこそ面白い、って感じで。
坂元 冒頭にも書いたけど、今回の『ワールド・ウォーZ』に抜かれるまでこの『ゾンビランド』がゾンビ映画史上歴代1位の興行収入を記録してたってのも何か面白いよね(笑)。
アキサン 『ワールド・ウォーZ』もイイけど、個人的には『ウォーム・ボディーズ』が今最高に気になってます。ロマンティック・ゾンビ・ラブコメ。ゾンビ・ミーツ・ガール(笑)!ズバ抜けて頭悪そうで楽しみ。
坂元 コレは面白そう!“ゾンビ・コメディ”ってのも新ジャンルとして確立してきたね(笑)。
アキサン あと、余談だけど、アナウンサーの鈴木史郎氏はバイオ1を3時間でナイフクリアするそうです。 あの口調で「ぶっ殺しましょう」とか言いながら。
坂元 ・・・・それは余談過ぎだな。

参加者募集!

このディスカッションは、メールのやりとりのみで行われているバーチャル(死語?)な対談です。このコーナーには基本的に何の束縛も決まり事もありません。思いついたことを独り言のように書いていただければこちらで他の参加者とのメールと「会話形式」に編集させていただきます(掲載時には簡単な自己紹介文とアイコン用画像が必要です)。現在募集中のテーマは2013年10月25日更新予定の『キッズ・リターン』(96年 北野武監督)です。まずは気軽にメールを!メール受付〆切は2013年9月15日(日)です。ご意見・ご要望のメールも大歓迎です。

参加希望メール送り先  sonic@sky.plala.or.jp 坂元まで

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる