#159 LOOPER/ルーパー

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

ブルース・ウィリスと「ダイ・ハード」

上木原 “おっさん映画”って・・・・僕、今まで散々喋ってる気が・・・・まぁ、スタローンが殆どだけど。今の50~70代のハリウッドスターのおっさん映画はほとんど観てる気がするんだよね。ハリウッドのムキムキアクションスターによるアクション映画!で、今回のお題は「世界一ついていない男でハゲカッコいい」ブルース・ウィルス(笑)。
N氏 僕らが子供の頃から活躍してるスターが未だ現役バリバリ!ってのが見てて頼もしいんだよね。俺も頑張るか!みたいな(笑)。
アキサン “おっさんパワー全開映画”といえば以前テーマになった『団塊ボーイズ』『スペースカウボーイ』をまず思い出す。でも、あれはオッサンらしいオッサンだったので今回はスルーして・・・・。
坂元 なんでスルーすんの?
上木原 てか、最近ブルースはメッチャ映画出てない?2013年は日本公開だけで7本・・・・スケジュールどうなってんだって・・・・まぁ、アクションは当たり前、コメディからヒューマンからなんでもイケるのが強みなのかな。
で、1番有名なのはやっぱ『ダイハード』シリーズでしょ。初めて見たときはまだ毛がフサフサしてる時。敵で『ハリポタ』のスネイプ先生がまだ若い時(笑)。武装集団や傭兵軍団、テロリストと戦う姿が似合うのは“ジョン・マクレーン”と“ジャック・バウアー”くらいかな。ジャックと違って「なんで俺ばっかこんな目に」ってセリフがなんとも好き。『1』から『ラストデイ』までどんどんスケールがデカくなっていくよね。『4』の車でヘリ打ち落とすシーンやステルス戦闘機が出てきたときはなんともどうでもなれって感じ・・・・。
アキサン でも最新作はシリーズ最低じゃないですか?冒頭のタクシー運転手が相棒になるんだったらまだ期待できたんだけど。見どころはロシアの戦闘ヘリ「Mi-24 ハインド」が活躍するところぐらいでしょうか。
坂元 そこだけじゃないと思うけど(笑)。確かになんていうか、「ダイ・ハードらしさ」ってのは全く無くなったよね。別にこのシリーズじゃなくても良かったみたいな。
アキサン そうそう、「ダイ・ハード」ってマクレーンの不運っぷりを楽しむ部分もあると思うんです。それが、今回はマクレーンの倅ジャックが出てきて主役が二人状態。でも、それが掛け算にならずに割り算になっちゃってる感じなんですよね。足して2で割っただけ。下手すりゃ3で割ってるかもしれない。
N氏 息子ジャックを主人公にした新シリーズを狙っているんじゃないでしょうか?(笑)
アキサン 確かに、漫画の世界とかでも二世モノが増えてるしね。「キン肉マン」とか「男塾」や「ミスター味っ子」に「バビル二世」などなど・・・・。
坂元 「バビル二世」は最初から二世だけどねぇ・・・・。
上木原 でも何だかんだ言って、『ラストデイ』の公開前、トレーラ観て「やっぱ観たい!」って思ったもんね。娘が呆れた顔で「騒ぎを起こさないでね」ってシーンに惹かれて。相変わらずのド派手アクション。おっさん相変わらず強ぇえ・・・・けど、放射能を中和するガスや放射能プールなどチョットいただけないシーンも多くて。最近のアクション映画はウランや核、放射能がよく出てくるよね。・・・・分かるけど他の兵器にしてほしいものだ。
アキサン そうそう。「放射線でハゲるかも」みたいなジョークとか、相変わらずその辺の認識が甘いアメリカの感覚。てか、そんなガスあるんならウラン横流ししてないで日本にガス売ってくれよ。ヤマトだってイスカンダルに行かなくて済むし。
上木原 ブルース・ウィルスって、『LOOPER』みたいに頭使う作品よりやっぱ『ダイ・ハード』みたいな単純なアクションが似合うよね。だから『RED』は傑作だった!ブルース・ウィルスにモーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチが手際よく痛快!途中モーガンいなくなっちゃったのは寂しかったけどマルコヴィッチのキレさがアクセントでよかったよね。
続く『RED リターンズ』はアンソニー・ホプキンス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、イ・ビョンホンが追加!イ・ビョンホンは個人的にかなり好きな俳優で冷酷な殺し屋がよく似合う。『G.I.ジョー バック2リベンジ』がイマイチだったんでこのコンビに今回は期待!「若造に世界が救えるか」のキャッチがステキだよね。
坂元 前作は「若造はひっこんどけ!」だったし(笑)。
N氏 『RED』にしても『エクスペンダブルズ』にしても、登場人物は僕らより1回り、下手すりゃ2回りも上の“おっさん”たちだけど、確かに全然勝てる気しないよね(笑)。
上木原 そう言えば僕、ブルース・ウィルスも吹替派なんだよね。野沢那智、村野武範、樋浦勉の日本三大ジョン・マクレーンと言われる吹替巨匠。坂元さん、誰が好き?
坂元 あ、すみません。全然分かんないです。
上木原 「吹替の帝王」から出てる「ダイ・ハード BDコレクターズボックス」には彼らの吹替台本が3冊もが入った「吹替完全版」があるよ。スタローンは“ささきいさお”さん。アーノルドは“玄田哲章”さん。ジャッキー・チェンは勿論“石丸”さん。ブルース・ウィルスはやっぱり「日曜洋画劇場」の野沢那智さんが好きだな・・・・。
坂元 ・・・・そうですね。
上木原 そう言えば先日、地上波で『アルマゲドン』やってたね~、観たの何回目だろ。最後の別れのシーンでベン・アフレックのホース抜いて身代わりになるシーンで毎回号泣。てか、この作品には好きな俳優がいっぱい出てる。次回『ダークナイト』予定のベン・アフレックとか、今は亡きダンカン、それに変態ブシェミ・・・・で、『プリズンブレイク』でFBIマホーン捜査官役の青い瞳のウィリアム・フィクトナー!あとエンディングのスティーブン・タイラーの声が実にイイ。
N氏 僕もブルース・ウィリスの映画では『アルマゲドン』だな。ベタだけど。で、“おっさん映画”と言えば『レオン』とか『96時間』、それに『ザ・ロック』
坂元 なるほど。『レオン』なんか設定自体が“おっさん”と“女子”だもんね。『ザ・ロック』も良いよねぇ~、ショーン・コネリーにエド・ハリス、ニコラス・ケイジ、マイケル・ビーンにジム・カヴィーゼル他、今思うと結構豪華キャスト!
アキサン 元シュワ知事の『ラストスタンド』、どうせ老体にムチ打ってドンパチしてんでしょ?って思ってたら、老体にムチ打ってブレーンバスターしてて、びっくり。動きに素早さも無く、顔のシワやハリの無い肌。それでも骨董品の武器でヨレヨレのアクションを繰り広げる姿には、ミッキー・ロークの『レスラー』やイーストウッドの『許されざる者』のように感慨深いモノを感じましたよ。あと『野球狂の詩』の岩田鉄五郎とかも。
坂元 最後が分からん。

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる