ソーシャル・ネットワーク© 2013 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved.

#160 ソーシャル・ネットワーク

「あなたは最低の人間じゃないけど、そう見える生き方をしている」 このセリフ、強烈でした。実際そう見えるような生き方、でも本当はどうなんだろう?と。 by アキサン

『ソーシャル・ネットワーク』
ソーシャル・ネットワーク
販売元:ソニー・ピクチャーズエンターテインメント
発売日:2011年12月21日レンタル開始(レンタル中)

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

“ソーシャル・ネットワーク”の魅力

上木原 先日、ポール・ウォーカー亡くなりましたね。ココ“ショートカット”でも#155『ワイルド・スピード』をテーマに語ったり、“Go to Theaters”でも『ユーロミッション』取り上げましたよね。坂元さんトコの長男も「ワイスピ」のザ・ロックのファンだったっけ?
坂元 ホント、信じられないよね。劇中もだけど、実生活でもGT-Rに乗ってたくらい大の日本車好きだったそうで・・・・その為か?なんか親近感湧いて好きだったなぁ~。
上木原 『白い巨塔』の田宮二郎が『華麗なる一族』で万俵鉄平が猟銃自殺をしたように、全く同じシチュエーションでこの世を去った。ポールもまさかこんな最後を遂げるとは・・・・とても残念。ご冥福をお祈りいたします。
坂元 撮影中だった「ワイスピ」最新作はすぐに中止になったね。スタッフ・キャスト全員が「ポールのいない『ワイスピ』は考えられない」と即決したとか。人気の絶頂期に、しかもこんな死に方をするなんて・・・・いつかきっと彼の自伝映画が作られそうだよなぁ。
上木原 そうだね。
さて、本題行きましょう。今回は『ソーシャル・ネットワーク』ね。
坂元 はい。『スティーブ・ジョブズ』とか『ダイアナ』とか、最近ちょっとした伝記映画ブームでしょ?中でも、デヴィッド・フィンチャーが監督した『ソーシャル〜』はその話題性も含め、かなりの大傑作だと思うのだけど。どうかな?
上木原 最初、この映画のポスター見たとき正直「コレ何だ?」って思った。「天才・裏切者・危ない奴・億万長者」・・・・多分まだ2010年はそんなにフェイスブックは流行ってなかったんじゃないかな?だから気にはなったんだけど映画館では観なかったんだよね。
坂元 オレは個人的にちょうどmixiに(色んな意味で)嫌気がさし、かと言ってTwitterにも馴染めないって時期だったんで、何気にfacebookを始めたばかりの頃だった・・・・いや、この映画がきっかけで始めたんだったかな?(笑)忘れたけど、とにかくそんな時期だよね。日本ではfacebook黎明期っていう。
アキサン 『ソーシャル・ネットワーク』って、思ってたのと少し違う映画だったんですよね。「実在の人物を映画化」ってそりゃ昔からよくある手法なんでしょうけど、この映画はなんかドキュメンタリーな感じで。でもドキュメンタリーでもなくて。
上木原 facebookは只今登録人数5億人、207ヵ国、時価総額250億ドルにまで成長したんだってね。日本ではmixi、グリー、モバゲーとかあって、僕が”SNS”始めたのは2006年にmixiでデビューした。紹介者限定で日記を書いたりコミュニティ入ったり・・・・その2年後に日本にFbが入ってきたんだね。2011年には1000万人を超えたらしい!
僕もやってるけど、今や知り合いほとんどやってますね~、遠くの知り合いもまるで近くにいるかのよう。友人の近況や新しい情報などfacebookはスゴイ。その人がどんな人かも解るし。まあ僕は筋肉ネタばっかりだけど(笑)。
坂元 例えば、上木原さんみたいに東京で働いてた時期が長くて家族(兄弟)も向こうで生活していたりすれば、凄く魅力的なんじゃない?なかなか会えない友達や家族の近況をいつでも見れるってのは。
僕もfacebookのお陰で小学校以来の友達と再会できたりと、正に「ソーシャル・ネットワーク」を実感する。ホント、便利な世の中になったよね(笑)。
上木原 ツイッター、フェイスブック、ラインなど、こんな発想を現実化するのがスゴイよね。近況は勿論、“チェックイン”なんて便利だよね~!あっココ行きたい!ココ知ってる!とか、みんなと共有できるのが楽しい。
最近また改めて“SNS”のマナーや仕組みなどもっと知りたいんでまたクラウドの井上社長のセミナー聞きたいです。坂元さんヨロシク。
坂元 そうですね、きっと井上社長もコレ読んでると思うので・・・・宜しくお願いします!(笑)

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる