#161 ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

飲み過ぎバンザイ!

上木原 ストーリーは、結婚式前夜に仲良し4人組が最後の晩餐ラスベガスへ。しかし酒とドラッグで昨晩のコトをまったく覚えていない状態で朝を迎え・・・・その上、結婚式を控えた主役が行方不明になっているという・・・・もうこの時点で面白いよね(笑)。そこから更にハチャメチャな展開が続くロードムービー!大人版『スタンド・バイ・ミー』って感じ?
アキサン 『ハングオーバー!』シリーズって見事に全部スルーしてたんですよね。まず、映画観る時の選択肢にコメディって含まれてなくて。今回、良い機会なんで3作品全部観てみたんだけど・・・・そもそも僕自身が記憶失くすまで飲んだり、二日酔いでグデングデンになるまで飲んだことが無いんで、どうも共感出来ないんです。大体、酒飲んで暴れる奴や気が大きくなる奴、声がでかくなる奴、ましてや喧嘩なんかする奴が大嫌いでして。
坂元 オレだってそういうヤツ大嫌いだよ。・・・・でもたま~に自分がそれに近い感じだったな、と思うことはある・・・・飲んだ翌日はほぼ自己嫌悪で目が覚めるし(笑)。なので、オレ的にはこの映画、メチャクチャ共感できたんだよなぁ~・・・・共感しちゃダメか!?(笑)
上木原 俺もメッチャ共感。素直に笑えないくらい・・・・。
坂元 知ってる(笑)。上木原さん、数々の武勇伝あるよね?オレからも幾つか言えるくらいだけど、中でも「コレは酷かった!」ってのは?(笑)
上木原 一番の武勇伝?・・・・目が覚めたら警察署の留置所ん中だったって日かな。
坂元 (笑)!!!!イイねぇ~!
上木原 しかもジーンズ、ビッチョリおもらしまで・・・・勿論、逮捕されたわけじゃなく泥酔して三越前で倒れていたらしいんだけど、アレは酷かったな~・・・・。
坂元 (笑)!!確かにそれは酷いねぇ~・・・・(笑)。でも上木原さんって、どんなに飲んでも機嫌が悪くなったり他人に絡んだりってのは絶対に無いよね。だから一緒に飲む分にはただただ楽しくて仕方ない。正にこの映画みたいに最高の飲み仲間だ!(笑)
上木原 あと、目が覚めたらどっかのホテルのバスタブん中。しかも水が溜まってて下手したら溺死&凍死コース。まったく笑えず、今でも思い出すと何度でも後悔できる。だからコノ作品は笑えないくらい共感できたんだよ。でもさ、目が覚めたら前歯が抜けてて、部屋に知らない赤ちゃんが居て、トイレに虎がいてって・・・・ソコまで酷くないけど(笑)。
坂元 いや、まぁ似たようなもんだよさ。
アキサン 僕も最初はハスに構えて観てたんだけど、コレって只のコメディじゃなくてミステリー仕立てになってるんだよね。観てて「あれ?面白いぞ」って(笑)。最後のエンドロールで最終的なネタばらし、ってのも良いよね。
上木原 そうそう!“追い打ち”的に怖いのは次の日スマホに入ってる画像データ・・・・特に僕は撮るクセあってマジ怖い・・・・あと、Facebookでタグ付された無様な姿とか・・・・だからあのエンディングのタネアカシ的な映像は凄い!正に“あるある”だよね(笑)。
坂元 なんで虎が部屋に居たのか?!とかが明らかになるスマホの写真画像なんか、あまりにも情けなくもバカバカしくて・・・・泣き笑い必至!「飲み過ぎバンザイ!」みたいな(笑)。
アキサン 二作目の『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』も1作目と同じプロットで、さらに悲惨な事になってるのもまた・・・・。
上木原 アランが今度はマシュマロに筋弛緩剤と多動性治療薬を混ぜやがった(笑)。 朝起きたら歯抜けどころか、ステュの顔面にタイソン・タトゥ(笑)。 そして更にハチャメチャなチャウ(笑)。そんで指1本だけ残して消えたテディの・・・・(笑)。
アキサン 一作目でアランが少々イカれてるキャラだというのも分かってるからヤツの視線がすでに面白いんですよね。何見てんだよ、どこ見てんだよ、何考えてんだよ、って(笑)。
上木原 アランがメッチャいいアクセントでマジ笑えるよね!1作目で契の儀式しようと指切ったアランは『国境を越える』では最初結婚式に呼ばれず凹んでて、招待され喜んだと思ったらいきなり注射・・・・更には飛行機からずっとテディ睨みつけてるし(笑)。トップ・オブ・疫病神アラン!でも何故か憎めない(笑)。金持ちで贅沢に育ってきた天然アランがいてこの作品は成り立つんだよね。
アキサン で、ニヤニヤしながら三作目を観たら・・・・酔ってねえじゃん!当然二日酔いになってないし。前二作のツケを払う内容って感じでしたね。一作目と二作目のノリを期待してたので少し肩透かしをくらったような。でも相変わらずアランの顔を見てるだけで面白い(笑)。キャシーとのやりとり観てる時は隣の部屋で寝てる嫁と娘が起きないように笑い声を殺すのに必死でしたね。
上木原 『最後の反省会』でのあのアベマリアの歌声!(笑)やっぱこんな狼軍団みたいなヤツ等と騒ぎながら、こんな思いはしたくないけど、なんか羨ましいみたいな・・・・そんな作品だった。更なる続編期待したいけどもうブラッドリー・クーパーのギャラが高そうだな。

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる