#161 ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

コメディ映画とは?

坂元 最近他になんかコメディ観た?
上木原 こないだ改めてコメディコーナー行ってみたけど、結構みんなレンタルしてますね~、病んでるのかな?(笑)『ted』観たよ。
坂元 あぁ、アレも凄い面白かったよね!
上木原 前評判はお下劣すぎると聞いてたけど、僕的にはそこまで感じなかった。人形がしゃべるのは好きなジャンルなんで『チャイルドプレイ』のチャッキーとか『ピノキオ』以来で楽しめた。まず設定がイイよね。“もしテディベアが喋れたら”なんて斬新すぎる!しかも30年も付き合って2人(主人公とテディ)共、完全にオッサンになってるし(笑)。レジでバイトをナンパするシーンは俺がやったらセクハラマックスで完全に捕まるね(笑)。テディだから許されるっていう。しかもコイツは喧嘩も強ぇえし女も満足させられる(笑)。ある意味羨ましい二人組と彼女の関係が上手く描かれていていつの間にか感情移入。だんだん話もシリアスになりエンディングは涙が・・・・色々なオマージュが組み込まれて楽しかった。肥満児小僧が大人になって『トワイライト』の狼族のジェイコブに(笑)。あと、ライアン・レイノルズのゲイ役に妙に納得(笑)。
坂元 お正月に『ラスト・アクション・ヒーロー』をたまたまTVでやってて嫁の実家で何気に観たんだけど、アレも面白かったなぁ・・・・。今までシュワルツェネッガーのコメディ映画は何か抵抗があって・・・・勝手に“面白くないだろう”と決めつけて観たことなかったんだよ。でも、面白かった。子供たちも夢中で観てたし(笑)。
上木原 あと、コメディと言ったらやっぱジャック・ブラックだよね。『スクール・オブ・ロック』は家族で笑った!坂元さんトコの政ちゃんもドラムやってますよね~、もちろんチェック済みかと!ロック全開でオタクでハイテンション!負け犬ジャックと優等生軍団が魅せるロック魂!ガキ扱いせずにちゃんとミュージシャン扱い。最後のダイブシーンとアンコールシーンは涙が出てテンション上がった。いい脚本だな~って思ったらあの友人ネッド役のマイク・ホワイトが書いたんだってね。『ナチョ・リブレ』とか『ガリバー旅行記』など、ジャックの作品全てにロック魂を感じる。
坂元 アキサンは?
アキサン 僕は最近観てないなぁ~・・・・昔はコメディ映画も結構観てたんだけどね。『ポリス・アカデミー』とか(笑)。こないだ久々に観直しましたけどやっぱり面白いんですよね。
坂元 同感!オレもコメディの金字塔といえば『ポリス・アカデミー』だな。DVD持ってるし(笑)。テレビの洋画劇場で毎週やってたもんね。
アキサン 毎週はやってないだろうけど。下ネタも適度に散りばめられてるんだけど、よくよく考えると多分当時は小学校の高学年とか中学なりたてとか、そのぐらいの時期なんですよね。で、大体母親がレンタルビデオ屋で借りてきて一緒に観てたんだけど、どうだったんでしょうかね?気まずかったりしなかったのかな?自分にも子供が出来た今、そんなことが気になったりするのだけど、どうもその辺覚えてない。あるいは意味わかってなかったけど雰囲気で笑ってたとか、そんなんでしょうか。
坂元 確かに。80年代は今以上にコメディと下ネタは“同作”だったもんね。R指定も今ほど厳しくなかったし。
アキサン 下ネタ系の最高峰と言えば『メリーに首ったけ』でしょうか?女の子と一緒に観て、あえて気まずい空気創り出すスキルとか身に付けたり。「君の前髪もパリパリにしようか?」みたいな。
坂元 何の役にも立たないスキルだな。
アキサン あと、スティーヴ・マーティンの『大災難P.T.A』とかは腹抱えて笑った記憶がありますね。個人的には80年代のコメディ映画をよく観てたんでその印象が強いんですよ。エディ・マーフィーなんかの映画も良く観てました。『星の王子 ニューヨークへ行く』とか『大逆転』とか。テレビでもよくやってたよね。テレビのお笑いもそうなんですけど、なんか昔の方が面白かったなあ、って思うのは年取った証拠なんでしょうかね・・・・。
坂元 なんで“笑える映画”がテーマでしんみりしてのか分からないけど、それもよく分かる。もしかしたら子供の頃に家族で一緒に観た記憶とかも全部含めて幸せな気持ちになれるのかな、って思ったり・・・・今はあまりにも色んなこと背負いすぎて素直に笑えないもんなぁ・・・・。
上木原 「最近ダークサイドに落ちてるな・・・・」と思ったときは“コメディ”観よう!とにかく笑える映画を。今の世の中には必要だぜベイベー!酒飲んでコメディ映画見てハングオーバーだ!!・・・・てかアランがマジツボ・・・・。

参加者募集!

このディスカッションは、メールのやりとりのみで行われているバーチャル(死語?)な対談です。このコーナーには基本的に何の束縛も決まり事もありません。思いついたことを独り言のように書いていただければこちらで他の参加者とのメールと「会話形式」に編集させていただきます(掲載時には簡単な自己紹介文とアイコン用画像が必要です)。現在募集中のテーマは2013年3月25日更新予定の『映画ドラえもん のび太の大魔境』(82年 西牧秀夫監督)です。まずは気軽にメールを!メール受付〆切は2014年2月15日(土)です。ご意見・ご要望のメールも大歓迎です。

参加希望メール送り先  sonic@sky.plala.or.jp 坂元まで

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる