#163 ドラえもん のび太の大魔境

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

大人になってもこんな冒険できるかな・・・・?

上木原 ドラえもんの最終話観たことある?上手くできた作品でさ藤子先生の絵柄がそっくりなんだけど。ドラえもんが電池切れでリセットしたら記憶まで無くなって・・・・35歳になったのび太がロボット工学の博士になってしずかちゃんと一緒にドラえもんを治すって話。因みに出木杉は総理大臣になってる。同人誌なんだけど13,000部売れたそうだよ。小学館が最終話は「亡くなられた藤子先生の胸中にあり『ドラえもん』は国民的財産で個人が勝手に終わらせてはダメ。先生が作り上げた世界観が変質してしまう為」って言ってたよ。
坂元 ・・・・今、読んだ。そう来たか?!って感じ。最後の余韻が凄いね・・・・泣ける~!
上木原 ピクサーがもし「ドラえもん3D」とか作ったらまた面白いんだろうな~って思っていたら、なんと、ドラえもんがフルCG の 3Dアニメになってしまう!前にCMで“3Dドラえもん”見たことあるんだけど、スネオのヘアスタイルはどうなんだろうなんて・・・・。で、『STAND BY ME ドラえもん』!特に有名なエピソード「未来の国からはるばると」「のび太の結婚前夜」「さようなら、ドラえもん」やるらしい・・・・この3本は僕が最も好きなエピソード・シリーズ!ってみんなもそうだよね。それと「ドラえもんに休日を」も好きなエピソード!しかも監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、それに『永遠のゼロ』などの山崎貴!勿論観に行くでしょ?ハンカチじゃ無理だからタオル持って・・・・
坂元 『大魔境』のエンディング後に予告編で観たよ。物語は既出のモノにしても、あの映像は凄いね。もう全く新しい「ドラえもん」だ。絶対、泣くね。早く観たい!そして絶対に劇場で観なければ!
上木原 やっぱ、劇場で観る映画は全然違うよね。特に子供たちはその感動さが全然違うと思う。僕は学生時代が映画館から50キロほど遠くに住んでいたので家族で見たことは無いんだけど、今は自宅からも職場からも徒歩圏内に映画館がありよく利用するんだ。「今度の休みに映画観たい」って子供が言うんだけど昔じゃ考えられなかったよね。こないだも、一緒に連れて行った子供や館内の子供たちは夢中でスクリーンにくぎ付けだったもん。身を乗り出す子供や腹抱えて笑う子。ビビって目を覆ってる子。僕ら大人は静かに落ち着いて観てるのに対して、そのギャップが懐かしく微笑ましかった。特に、椅子が大きいからみんな補助クッション持って入館する姿に萌えたなぁ(笑)。
坂元 そうそう!あと「10人の使者」っていう予言から「あと5人は誰?」ってのが明らかになるあの名シーン!オレらは知ってるけど、子供たちは初めて知るんだから、その時の反応は面白かった(笑)。
上木原 “どこでもドア”で帰ってきた5人の探検隊が余韻に浸る。そして「大人になってもこんな冒険できるのかな」にコッチマデ胸がアツくなる・・・・あぁ、40代突入した僕でも冒険してみたいな~なんて・・・・
坂元 そう!そのセリフに一気に号泣!(笑)
上木原 なんか最近多くない?『スタンド・バイ・ミー』や前回の『ハングオーバー』にしても、なんか男の冒険モノがショートカットは多い感じがする。坂元さん、その辺のストレスたまってる?(笑)
坂元 自分の子供を見てて「バカバカしいな・・・・」と懐かしくも羨ましく思うことが多々あるよ(笑)。40代に突入したからこそ、今のうちになんか冒険しときたいな、と(笑)。最近は子供たちが映画好きになってくれてるので一緒に観に行くのが楽しみ。子供たちの反応とか感想聞くのが楽しいんだよね。だから観たい映画がR指定だったりするとガッカリする・・・・。
アキサン ウチの娘も今年で6歳になって『ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』で映画デビューを果たし、この回がアップされるころには『プリキュアオールスターズ NewStage3 永遠のともだち』を一緒に観に行っている頃でしょう。久しぶりに前売り券買いましたよ。特典ポーチ付きです。プリキュアの映画も良く出来てるんですよね。中学生以下の入場者にライトをプレゼントしてくれるんですけど、劇中でスクリーンの向こうから登場人物が「みんな!そのライトをつけて私たちに力を貸して!」って、いきなり第四の壁をブチ破ってくるんです。まあウチの娘も張り切ってライトつけて「がんばれぇ!」って。劇場内の他のちびっ子たちも一緒になって「がんばれぇ!」・・・・いや、感動しましたよ。あんなに一体感を持って映画を観ているとは。娘さんをお持ちのお父さんお母さんは是非一緒に観に行ってもらいたいですね。ま、ストーリーは屁のようなものなんですけど。
坂元 「屁」言うな!
上木原 子供に映画を魅せてあげるコトは学校や育児本では教えてくれない「人とのつながり」「ハート」だと思う。良い映画は子供にいい環境を与えてくれるよね。ピクサーの『トイ・ストーリー』『カールじいさんの空飛ぶ家』『ライオン・キング』『カーズ』『レミーのおいしいレストラン』他、アニメじゃ『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』とか・・・・。1か月に一度くらいは家族で映画を観て笑って泣いて共感して学んでもいいんじゃない?横目で子供観てみなよ。キラキラした目で体全体で感情移入してるよ。そんな姿に親は何かを感じるはず。まあ先日『永遠のゼロ』を長女も観たいって言うから連れて行ったらあまりにハードル高かったみたいだけど(笑)。
アキサン うちも「プリキュア」を筆頭に、CSでやってるディズニー映画とか大長編ドラえもんとかを一緒に観れるようになってきたので、そろそろ家族で観る映画にも挑戦していきたいですね。
坂元 アキサンの方がね。

参加者募集!

このディスカッションは、メールのやりとりのみで行われているバーチャル(死語?)な対談です。このコーナーには基本的に何の束縛も決まり事もありません。思いついたことを独り言のように書いていただければこちらで他の参加者とのメールと「会話形式」に編集させていただきます(掲載時には簡単な自己紹介文とアイコン用画像が必要です)。現在募集中のテーマは2014年5月25日更新予定の『最強のふたり』(11年 エリック・トレダノ監督)です。まずは気軽にメールを!メール受付〆切は2014年4月15日(火)です。ご意見・ご要望のメールも大歓迎です。

参加希望メール送り先  sonic@sky.plala.or.jp 坂元まで

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる