ライジング・ドラゴン© 2012Jackie and JJ Productions Limited, Huayi Brothers Media Corporation and Emperor Film Production Co Limited All rights reserved

#166 ライジング・ドラゴン

ジャッキー映画史上最高のヒット作って・・・・興収成績とファンの気持ちっていうのは必ずしも比例するとは限りませんね(笑)。 by みーちゃん

『ライジング・ドラゴン』
発売元:KADOKAWA
販売元:KADOKAWA

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

ジャッキー・チェンに憧れて

上木原 今回のテーマはジャッキー映画ということで『#135 プロジェクトA』の時のようにきっとジャッキーマニアの階元さんが参加されるはず。なので、安心してバシバシ脇道にそれて行こうかと思います。
坂元 ま、アキサンが脇道にそれるのはいつものことだけどね・・・・って、前回と全く同じ導入だな(笑)。
上木原 俺、ストレッチと馬歩はほぼ毎日、日課にしてるよ。馬歩って解る?あの『酔拳』でやった空気椅子みたいなやつね。背筋を伸ばしたまま膝を広げずに行うスクワットみたいなものかな?ドラゴンが中国戯劇学院の頃死ぬほどシゴかれたポーズなんだよね。『蛇拳』『酔拳』の特訓シーンはこの頃を皮肉った演出って言われてるからね。足の冷え症もなくなり体幹も鍛えられ脳もリセットされるよ。
坂元 オレも『酔拳』は毎日の日課にしてます。
上木原 あと、亡くなったプロレスラーの三沢が好きでさ。彼の入場曲『スパルタンX』を営業前にガンガンにかけてテンションあげるんだ。だからドラゴンは生活の一部なんです。・・・・てか、テーマ映画は『ライジング・ドラゴン』ですか?!坂元さん、敢えてコレ選んだのはナゼ・・・・?
坂元 いや、凄い話題作だったでしょ?!「ジャッキー最後のアクション!」って謳われたことでも話題だったし、そしてなんとそれがジャッキー映画史上最高のヒット作になるという・・・・。数多くの名作があるジャッキー映画の中で最高のヒットを記録したんだよ!?・・・・今更?って感じじゃない?
みーちゃん ねー、最高のヒット作って・・・・興収と気持ちは必ずしも比例するとは限りませんね(笑)。 長年のジャッキーファンとして、好きだからこそ言っちゃいますが、『ライジング・ドラゴン』はドタバタ過ぎる。いろいろ詰め込みすぎて訳分からない。最初は何だかスタイリッシュで、ある意味「ジャッキーらしからぬ」雰囲気で行くんだなぁ、と思ってたら・・・・どう見てもジャック・スパロウ的な人が出てきた時は倒れそうでした(笑)。ジャッキーのチームも役割がふわーっとしてて「あれ?この人いらないんじゃない?」って思ったりも(『オーシャンズ12』みたいに)。
上木原 見どころは全身ローラーブレードスーツと最後のスカイダイブシーンくらいかな?・・・・てか“中国のモノを外国が奪った”ってギャースカ騒いでいるのがやたらウザかったよね。中国中心のプロパガンダ作品って言ってる人も多いようで・・・・あと、ジャングルシーンなどのコメディシーンやCGがチョットね・・・・最後の火山での転倒シーンは昔のジャッキーっぽく震えたけど。1週間レンタルだったんで実家で娘や甥っ子たちと見たら子供たちは盛り上がっていたよ。で、大人たちはクォン・サンウに目がハート・・・・「脱げばいいのに」とか言ってるし(笑)。
しかしさ、本作は置いといて、やっぱジャッキーのアクションについて語ろうよ!そりゃ昔に比べりゃ顔も体型も老けてるしアクションにもキレを感じない。でも、よく考えたら60のオヤジがあのアクションだよ?普通に考えたら絶対無理でしょ!(笑)本作でドラゴンはトレジャーハンターを描いていたけど(あとはスパイモノも)だけど、やっぱ警察とかカンフーの方が合うよね。
アキサン よくよく考えたら、僕、ジャッキー映画って昔のしか観てないんですよね。いわゆる70~80年代の、◯◯モンキーなんかの拳シリーズとか。あとは『プロジェクトA』『ポリス・ストーリー』といった警察モノ。90年代以降の作品リスト見てるとほとんど観てないんですよ。多分『レッド・ブロンクス』とか『ラッシュアワー』なんかもテレビでやってるの観てるはずなんですけどね・・・・あんま記憶にないんです。正確に言うならば入り込めなかったと言いますか・・・・申し訳ないんだけど、やっぱジャッキーといえば僕にとってカンフー映画なんですよ。派手なスタントアクションが見たいんじゃなく。
坂元 そうそう、同感です!ジャッキーと言えば“カンフー”だよね。で、カンフーと言えば“ジャッキー”!(笑)中でもオレ的には『酔拳』『蛇拳』、それに『笑拳』辺りが一番好きかなぁ~・・・・。
アキサン そういや前回もネタに上がった『醒拳』だけど、色々調べたら結構ヒドイ映画だったんですね。『クレイジーモンキー 笑拳』のNGカット流用にダミー俳優の追加撮影、権利問題等々・・・・。劇場で観た映画だったんだけど、ダミー俳優とか全然気づかなかったんで、改めて観直してみたんですよ。そしたら本当にヒドイ(笑)。最後の方はジャッキーは常に後ろ向きで戦ってて、顔のアップになると急に背景が変わるんです(笑)。でもまあ、しかし上手く繋いでますよ。何も知らない小学生だったから見事に騙されました。
坂元 あ、そうなの?!オレ、結構最近観たけど気付かなかった・・・・っていうか、40過ぎてまだ見事に騙されてるし。
アキサン あと、『五福星』『七福星』とかいった、オールスター的なカンフー映画ってのも、子供の頃はワクワクしちゃいましたよ。でも「福星」シリーズって、基本サモハンが主演だったんですよね。予告編なんかではジャッキー主演みたいな感じだったけど。因みに『キャノンボール』なんかもジャッキー映画だと思って喜んで観たらほとんど髭のオッサン・・・・そんな馬鹿な!って思いました。
そういや『キャノンボール3』では予告編にカール・ルイス出てましたけど、予告編以上の出演シーンは無いんですよね。あれにも騙されましたよ。
上木原 ジャッキーが何度も断ってるらしい『エクスペンダブルズ』。ファンにとっては賛否両論だけど、彼には出て欲しいなぁ。イスや脚立、冷蔵庫とかで敵をやっつけて、傘1本で敵の車両に乗り込んでシャンデリア渡って敵地に侵入してほしい!(笑)そして欲言うなら、ドラゴン、サモ・ハン、ユン・ピョウの「ビッグ3」の作品がまた現実化して欲しい!

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる