#166 ライジング・ドラゴン

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

ジャッキーのベストムービーと言えば?

坂元 みーちゃんはジャッキーのベスト・ムービと言えば?
みーちゃん やっぱり、『プロジェクトA』かな・・・・テーマソングを聴くとワクワクが止まらないです!ジャッキー、サモ・ハン、ユン・ピョウの三人が共演してるのが特に好きなので、あと『スパルタンX』とか。ラストのNG集も毎回楽しみ!ジャッキーの敵役の俳優さんが、ジャッキーを目の前にして、嬉しそうにしてたり、倒れたジャッキーを心配そうに見てたり・・・・そういうのを垣間見れるのがいいですよね!
坂元 うん、エンドロールのNG集はジャッキー映画の見どころの1つだよね。
みーちゃん あと、『ファースト・ミッション』。ジャッキーの話になった時に、この作品を挙げるのはいつも私だけだったんですが、今までに一度だけ共感してもらえたことがあり、その人には勝手に運命感じました(笑)。それくらい好みが分かれる作品かと。もちろんアクションもありますが、割とストーリー重視というか。何と言っても、サモ・ハンが素晴らしい!それに尽きます!リアルすぎてとても演技とは思えないです。 ジャッキー好きはもちろんですが、逆にジャッキーや香港映画に抵抗ある人にも観てほしいです。「アクションだけじゃなくて、こんなのもあるんだよ」的な一本。
坂元 オレ、観たことないかも・・・・。しかし、みーちゃん、詳しいねぇ~・・・・ジャッキー好きの女性ってなんかイイよね(笑)。珍しくない?何がきっかけなの?
みーちゃん ジャッキーを好きになったのは中学一年の頃です。きっかけは「好きな人がジャッキーファンだった」という、何とも安易で、ありがちで(笑)。もともと小さい頃から映画大好きで、当時も休みの度にレンタル店で数本借りて観てましたが、ジャッキー作品はあまり観たことはなかったんです。だけど、「好きな彼と一緒にジャッキーの話をしたい」・・・・その一心でいろいろ観るようになりました。で、がっつりハマったんですねぇ~(笑)。地理の時間に地図帳で香港を探して、ゴールデン・ハーベストのマーク描いたり・・・・今、思うとかなりイタいですね。
坂元 積み木みたいなアレ?・・・・いえいえ、そんなことはない。素敵なエピソードです。
みーちゃん 今も思わずマーク描きながら「だーん どーん だーん どーん ぱららら~」と脳内再生してました。ホント、ヤバいですね、私。
坂元 いえいえ・・・・まぁ、ちょっとだけヤバいです。
アキサン 僕は『スパルタンX』 のユキーデ戦がジャッキーのベストバウトでして。ユキーデの回し蹴りをかわしつつのジャッキーの後ろ回し蹴り!・・・・何度見ても見とれるシーンです。
坂元 おぉ!ベニー・ユキーデ!懐かしいぃ~・・・・!あの人ってさ、いかにも70~80年代って顔してるよね?
アキサン そんなユキーデが再登場した『サイクロンZ』。そしてジャッキーとユン・ピョウとサモ・ハンも再登場。でも続編じゃないという不思議。タイトルなんか明らかに寄せてきてるのに。
内容は特別どうということは無いんだけど、やはり終盤のユキーデ戦は見どころです。ちょっとオネエな感じになってるんですけど、『スパルタンX』の時よりもガッチリした力強いアクション。ユキーデが上着を脱げばジャッキーも上着を脱ぎ、ユキーデがネクタイを外せばジャッキーもネクタイを外す。マンガの喧嘩稼業でも描かれてた同調行為ですね。そして相変わらずキレッキレの後ろ回し蹴り。そしてやっぱり鼻血を出すジャッキー!最大の見せ場は猿臂からの旋風脚!・・・・て、あれ、スタントだ。調べたらジャッキーは回転系の技が不得意なんだそうですね・・・・。
坂元 え?そうなの?!ジャッキーに不得意があったんだ・・・・。
アキサン そして忘れちゃいけないのはトニー谷に似た感じのヒゲメガネ、ユン・ワー!最近だとイワイガワの岩井に似てるといえば通じるのでしょうか?
坂元 少なくとも、オレには全く通じないけど。
アキサン その憎たらしい葉巻の吸い方もイラっとさせてくれるんですけど、それよりも驚くべきはアクション。いかにもインテリ風で、小突かれたら一発アウトな感じ・・・・なんだけど、実は“七小福”の一人なんですよね。ブルース・リーのスタントを務めてたってほどの実力者。でもムカツク芝居!最高です。

ジャッキー・チェンについて語る

上木原 ドラゴンって数々の脱臼に骨折に・・・・正に「ケガのデパート」って感じだよね。でも今でも年齢を感じさせないあの超人的なアクションはきっと若い頃の身体づくりが関係してるんじゃないかと思うんだ。中国戯劇学院で体幹をマスターしブルース・リーとの出会いで数多くのスタントやってのけたでしょ?アレも含めてね。大怪我ギリギリのアクションは数センチで致命傷を免れてるんだろうね。出生時は5000キロもあって母親の腹ん中に12ヶ月もいたっていう・・・・国際スター“ドラゴン”の体当たりアクションは今年還暦迎えたけどまだまだ現役。まさに現在進行形!監督・製作者としてはスタローン先生と並ぶリスペクトする俳優です。
坂元 そうそう、ジャッキーのスタートはブルース・リー映画でのスタントなんだよね。そう考えると、改めてブルース・リーって凄いよなぁ・・・・。
上木原 今までドラゴンは色々な作品をこの世に出し、俺はそれを数えきれないくらい鑑賞してきました。以前のショートカット「#135」もジャッキー特集だったんで、今回は作品よりジャッキーの人物について語ろうと思います(そして“ドラゴン”ってカッコつけて喋ってます)。そう言えば、デアゴから出たよね「DVDコレクション」! 『プロジェクトA』からはじまり『スパルタンX』 『酔拳』『蛇鶴八拳』と・・・・階元さんも勿論定期購読してるんでしょうねぇ。その数全74号完結!
坂元 でもさぁ、アレって1本1,705円するんでしょ?全部集めたら126,170円!欲しいけど高いよなぁ~・・・・階元さんに借りるか・・・・。
上木原 今観ると不自然だけど、昔のドラゴンはかなりコマ落とし使ってたよね。いわゆる1秒間に24コマをもっと少なくして撮影。そして通常のスピードにすると高速に見えるっていう撮影方法。あの「ボッボッ」って早い拳法はガキの頃真似したなぁ・・・・。だからコマ落とし無しのハリウッドのドラゴン作品より香港のドラゴン作品が好きかな。 けど最近だと『ベストキッド』のドラゴン対ガキ軍団の拳や脚使わない「胸ボン」と敵と組手カンフーには久しぶりに萌えた。
アキサン そういや忘れてました、ジェイデン版『ベストキッド』!原題は「The Karate Kid」なのにカンフー。旧作へのオマージュが盛り沢山で面白かったんですけどね。あの鶴の構えも健在でしたし。でも、出来たらダニエル役のラルフ・マッチオにもどこかで出演して欲しかったですね。ミヤギさん役のパット・モリタ氏は2005年に鬼籍に入られましたし・・・・あ、こないだCSで『いとこのビニー』やってたんですけど、あれにもラルフ・マッチオ出てたんですね。昔見たときは全然気づきませんでした。
坂元 もうジャッキー関係ないのか?
上木原 昔さ、若気の至りってやつか?ガキの頃いじめたヤツいて・・・・ある日、そいつの中学の兄ちゃんが仕返しに来たんだよ。で、凶器持ってるんだけど、その武器がさトンファーなのよ、わかる?トンファー。しかも片手のみの1個(笑)。「ウチの弟に何か用か!?」って。それからラップの芯とガムテープでトンファー作ったの思い出したよ。
あとカンフーシューズってのが中学の頃流行ってさ、ソールがギザギザでペタペタのね。 この頃は『龍拳』が流行ってたんだ。コメディタッチ一切ないドラゴンに憧れてカンフーシューズ履いて真似たの思い出した。
坂元 トンファー?・・・・トンファーって何?
上木原 僕は車が大好きでね。特にヨーロッパ車好きなんだけど、日本車じゃ三菱が特に好きなんだ。で、ドラゴンも三菱派って知ってた?『キャノンボール』『スパルタンX』、それに『九龍の眼』『デッドヒート』『シティーハンター』とかに三菱車が出てくる。スタリオン、ランエボ、FTO、GTO、パジェロ、ギャラン・・・・いや~、イイよねぇ!
坂元 オレは一度も三菱に乗ったことないなぁ・・・・。
上木原 オヤジが三菱のギャランやキャンター乗っていたせいなのかな?なんつ~のかな・・・・デザイン?マッスルスタイルっての?先日うちの店に来店したゲストが夫婦で三菱の車乗ってるって言って「趣味合いますね、僕も好きなんですよ~・・・・で、ジャッキーも好きなんですよ」って言うと「ウチの旦那ジャッキー・チェンのファンなんです!」って・・・・ホラホラ~、いたいたココにも!
でもさ、先日ニュースでランエボ(ランサーエボリューション)を生産中止と聞いてショックだった。四駆のハイパースポーツランエボ、WRCでインプレッサとライバルで戦った戦闘車・・・・コレからはPHV、SUVに力入れるって・・・・。三菱のショールームからエボが消えたのがさみしい。またいつか出てほしい。
あと昔「三菱リコール隠し」事件あったよね。会社存続の危機に俺も心配したけど、ドラゴンはもっと心配したと思うんだ。三菱がバッシングにも負けなかったのはドラゴンのおかげとも言われてるからね。
アキサン ちょっと前に“のどごし生”の企画で「夢のドリーム カンフースター編」ってのがありましたよね。見ました?一般人の男性の夢でカンフーアクションスターになりたいってやつ。あの夢リストで「椅子を使って戦いたい」とか「大勢の敵をババババンとなぎ倒したい」、「組み技をしたい」、「 壺を割る」、「木人で練習」、「ドィプーチーと言いたい(笑)」・・・・要はアレですよ。僕らが夢みることが全部詰まってました。ポイントを確実に抑えてる。
上木原 アレはマジ感動した!そして号泣・・・・。一般の人が誰でも持ってる夢を叶えるという、まずこの企画が良いよね。例えば「レスラーになって長州と対戦したい」とか「野球でプロと対戦したい」とか・・・・その企画の1つが「カンフーでドラゴンと対戦したい」という・・・その名も「弩裏威夢拳(どりいむけん)」!
CM観ながら「そうそう、このシチュエーションとかマジ憧れる!」って共感!メイキング見たら石田さんのドラゴンに対する思いがハンパない!そしてクランクアップの時、思わず号泣・・・・そしてコッチまでもらい泣き。あの「石田!ススメ石田!泣くな石田!夢を叶えろ石田!」ってバックミュージックまで・・・・なんて羨ましい。石田さんと後輩との妄想がハンパない。14年間もの間抱き続けたという「夢」、最高でした!

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる