ゴジラ(C)1954 TOHO CO.,LTD.

#167 ゴジラ

初代ゴジラの上陸ルート・・・・要は東京大空襲におけるB29の爆撃ルートの再現だったそうで。この辺りも恐怖ですよね。戦後10年も経ってない時期に、圧倒的な暴力で街が再び破壊されていく・・・・。 by アキサン

『ゴジラ』
発売元:東宝
販売元:東宝
DVDレンタル中

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

ゴジラ生誕50周年記念作品にして最終作と云われる『ゴジラ FINAL WARS』とは・・・・?

上木原 いきなり関係ないけど、先日あったクラウドさんの映画飲み会、今度は僕らも誘ってください(笑)。坂元さんが貰ってたポスター、アレいいなぁ〜・・・・僕も登場回数第2位!48回ってなかなか凄いでしょ?ってか、1位アキサンの74回は凄い!
N氏 実は僕も以前(雑誌時代)に“ザイオン渋谷”って名前でよく登場させてもらってたんですよ。こないだ坂元さんのfacebookを見たら、登場回数も5位くらいに入ってて・・・・あぁ、俺なんで名前変えちゃったんだろう・・・・って(笑)。あれ見てまた火が着きました!(笑)しかしアキサン、ダントツでしたね!
アキサン 今回のテーマは『ゴジラ』・・・・そういや『ガメラ』なんてのありましたけど今回はスルーします。 てか「ガメラ」って一本も観たことないです。
坂元 もうちょっと何か絡もう。
アキサン 「ゴジラ」と聞けば、伊福部昭のあの「ゴジラのテーマ」も聞こえてきますよね。「♪ゴジラ、ゴジラ、ゴジラとメカゴジラ モスラ、モスラ、モスラとメカモスラ」みたいな。
坂元 何その歌詞?
N氏 変拍子のあのテーマソングも大傑作ですよね。世紀末感満載で。
アキサン 以前、『アバター』がテーマの時に、「CGばっかなんで、もうちょっと特撮で頑張ろうよ」なんて事を言ったんですけど、先日BSで『ゴジラ2000 ミレニアム』をやってたんで良い機会だから観てみたんですが・・・・ゴメンナサイ、前言撤回です。特撮の限界を感じました。もうスケール感が全然足りない。ゴジラの足元でパチャパチャしてる大きな水の粒子、みるからに発泡スチロール製みたいな軽々しいUFO、砂浜に残されたフラット感漂うのっぺりした足跡、ゴジラに対してアクロバット飛行しながら攻撃する自衛隊機・・・・コレ、確かハリウッド版の『GODZILLA』があまりにも「ゴジラ」と違い過ぎて不評だったんで「ゴジラ、かくあるべし!」って意気込みで作ったはずですよね?・・・・で、コレかと。正直エメリッヒ版ゴジラのほうが余程面白かったですよ。エメ版ゴジラは「怪獣映画」というか、「パニックムービー」でしたけどね。
坂元 2010年の『ゴジラ FINAL WARS』よりはマシでしょ?
上木原 ゴジラ生誕50周年記念作品にして最終作と云われる『ゴジラ FINAL WARS』、まあメンバーがスゴイ・・・・ジャニーズ松岡君、ケインはじめ有名女優に船木、ドン・フライ、グッドリッジはじめとする総合格闘技軍団!そして東宝の名優宝田明さんの扱いがこれまたスゴイ!(ヒドイ?!)終いには『マトリックス』ばりのオマージュ取り入れたスーパー松岡クンに『インデペンデンス・デイ』を思わせるの特攻のケイン・・・・こりゃ、ゴジラ要らなかったんじゃないの?って感じ。
アキサン いやいや、なかなかどうして面白いじゃないですか!のっけから登場する轟天号に思わず声が出ましたよ!轟天号の詳しい出自は知りませんよ。でも轟天号の名と艦首のドリル、これはもう男の子なら確実にグッとくるはずですよ。
坂元 オレはそうでもないけど・・・・。
N氏 歴代怪獣全てが次々と登場し、それを倒していくゴジラには興奮しました!正にゴジラ総集編!って感じ
上木原 そうなんだけど、扱い方が雑すぎて・・・・最後のギドラくらいかな見どころは・・・・まあ忙しかった。怪獣もモスラ、ヘドラ、アンギラス、キングシーサー、カマキラス、エビラにクモンガと・・・・場所もNY、パリ上海はじめゴジラ瞬間移動(笑)。出るわ出るわの怪獣オンパレード!
アキサン で、怪獣倒した後に富士山をバックにゴジラの雄叫び!何だ、何のメッセージだ?
上木原 しかもハリウッドの98年ゴジラ出てきたけど本家ゴジラに瞬殺だったもんね・・・・名前も「GODZILLA」から「GOD」を抜いてその名も「ジラ」(笑)「やっぱ、マグロ食ってるようなヤツはダメだな。次いこう。」って敵の北村さん言ってたし(笑)。そして最後の〆のミニラ・・・・オリジナルの持つ反核メッセージは皆無だけど、あっぱれな内容でした。全てをブッ込みすぎて、もう全く気にならなくなる始末で・・・・。
アキサン 多分、いやきっと根っからのゴジラファンには許せない作品なのかもしれません。けど、僕みたいな半端にニワカな連中にはこれ溜まりませんって(笑)。
冒頭の説明ではガン・カタっぽい動き、安めのCG、謎のマトリックス風格闘シーン、いちいち妙に豪華なキャスティング、とりあえず携行兵器で何とかしようとする防衛軍の方針、相変わらず膝でハイハイするアンギラス、轟天号の操作レバーがジョイスティック、やっぱりギャグ要員のミニラ、キングシーサー、アンギラス、ラドン相手にジェットストリームアタック!キングシーサーのミルマスカラスばりのフライングボディアタック!宝田明は「100発100中」とか言い出すし、もう数え上げればキリが無いですね。こういうの大好きです(笑)。
坂元 全く褒めてないし。
アキサン ゴジラである必要性とか、今まで“ゴジラ・ブランド”が積み上げてきたものを全部更地にして、設定の上澄みだけ利用して再構築すると、こうも馬鹿馬鹿しくも破天荒な怪獣映画になるとは。いや、怪獣映画ではないですね。完全に超一流のB級娯楽映画。但し“ゴジラ映画では無い”ってのが前提条件ですけど。

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる