#167 ゴジラ

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

「ゴジラ」とは?

アキサン よくよく考えたら、そもそも僕はゴジラにそれほど思い入れも無いんですよね。何本かは観てるんです。中でも『ゴジラ』(1984年)は劇場で観てるくらい。当時は楽しく観てたんだろうけど、今になって考えるとやはり物足りなさを感じる・・・・で、それは何でか?を考えると、多分にカタルシスが足りないんですよね。デカい怪獣が街を襲って、やっつける手だても無く、何かウヤムヤに片付けるみたいな感じがして。
『ゴジラ』(1954年)のオキシジェンデストロイヤーも、名前は仰々しいけどブクブクーってジャグジーで骨になるだけ。スカっとやっつけないんですよね。メッセージ性が前に出過ぎて娯楽映画じゃない感じがするんです。最後は三原山の噴火口にヒュー・・・・自然の力任せ。
N氏 人間の力ではどうにも太刀打ちできない、もう圧倒的な神的存在ってのがゴジラの魅力だとも思うんですよ。ハリウッド映画によくあるような「作戦を練って怪獣を倒す」ってのが無いんだよね。っていうか、そもそも人間には倒せる存在ではないという・・・・。
アキサン それも分かるけど、日本人には端っからゴジラを倒す気が無い。自衛隊の兵器も何か物足りないし頼りないし、出てくる兵器にもうちょっと頑張ってほしいんですよね。
『ゴジラ』(1984年)には「スーパーX」っていう、リフティングボディのイマイチなデザインのVTOL機が出てくるんです。元々シェルターって設定らしいから仕方ないのかもしれないけど。それでも、当時チビッ子のハートはガッチリつかんでくれましたよ。唯一勝てそうな感じでしたからね。
なのに、それがいかにも吊ってる感満載でスーッっと水平に動くんですよ。VTOLなのに。ユラユラすることもなく、ビターッと空中静止。子供でもおかしいと思いましたよ。マンガに出てくるUFOみたいな動きなんだもん。もっと、こう一旦溜めて逆に振ってからフォーって動けばいいのに、スーッ。カドミウム弾とか猛毒兵器を装備しているのに一時は善戦するのに、結局はやられ役。ガッカリ。他にも低温レーザーとか謎の兵器やメーサー殺獣光線とか。こんなん、子供が考えたスーパー兵器じゃないですか。ウルトラスーパーファイナルエクスプロージョンミサイルみたいな。名前だけ。
坂元 笑!そりゃ確かに倒す気ないわな(笑)。
アキサン さっきも触れた“水のスケール感”の話なんですけど、ウルトラホーク3号の発進シーン、覚えてます?滝の中からホーク3号がズバーッって出てくるシーン。あれ、水じゃなくて砂を使ってるらしいんです。だから粒子が細かくて、本当に水っぽく見えるんです。
そんな「セブン」の特撮監督をやったのは故・円谷英二。そしてゴジラの特撮監督も円谷英二。『怪獣大戦争』でゴジラに「シェー!」をさせたのも円谷英二・・・・ちょっとその演出に幅がありすぎるような気がするんですよね。
N氏 でもやっぱり、元祖ゴジラの作風・メッセージ性は凄いと思うのです。単なる“怪獣映画”とは明らかに一線を画す一本でした。
アキサン 昔は、いわゆる昭和ゴジラシリーズの「ゴジラが人類の味方」的なのがダサく感じてたんです。古いのはロクすっぽ観てないんですけどね。ミニラとかもうギャグ要員じゃないですか。あとジェットジャガーとか。もうデザインから何からヒドイ。でも当時の子供には良かったのかもしれません。僕も子供の頃に怪獣図鑑読んで興奮してたの覚えてますし・・・・。
坂元 そうそう、オレも幼いイメージではそう思ってたけど、そもそも“ゴジラ”は人類の味方では全然無いんだよね。
アキサン ネットの記事で読んだんだけど、初代ゴジラの上陸ルート。「東京湾岸に姿をみせたゴジラが芝浦、大崎方面から品川、新橋、銀座、国会議事堂など経由しつつ、隅田川からまた東京湾へと至る・・・」というゴジラのルートは、要は東京大空襲におけるB29の爆撃ルートの再現だったそうで・・・。この辺りも恐怖ですよね。戦後10年も経ってない時期に、圧倒的な暴力で街が再び破壊されていく。確実にトラウマレベルですよ。
坂元 あ、そうなの?!それは知らなかった・・・・。怖いな。
N氏 『ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版』観ました?まずはアレを観ないと始まらないですよ。全ての原点。最高傑作です。
上木原 僕ねぇ、この手の映画・・・・っていうか「ゴジラ」って全く興味無かったんですよ。でも今回のテーマがコレなんで・・・・仕方なく、まず54年のオリジナル『ゴジラ』をレンタルしようと思ったんだけどドコもレンタル中・・・・だいたい新作前って前作は借りられてること多いパターンなんだよね。
そうこうしてるうちに先日BSプレミアムでやるって聞いたそして鑑賞しました『ゴジラ 60周年 記念デジタルリマスター版』!
第1作から60年を迎えるということで7ヵ月かけて改めて制作。1コマ1コマ手作業でゴミ取り及び音声のノイズ除去まで、まあ流石に白黒なのにキレイですわ。白黒でも解るゴジラの質感、当時の東京の街並み、そして鉄塔と画面がスゴいクリア!冒頭では左がビフォア、そして右が処理後と詳しく解説。あとジオラマが素晴らしいよね。今の戦隊モノと引けを取らない・・・・てか、ガキとたまに一緒に見てると最近の戦隊モノはジオラマが破壊されないなとふと思った・・・・節約の為?(笑)

「ゴジラ」の、その凄さ

上木原 山根の娘、恵美子と緒方、そして芹沢の三角関係・・・・そして科学兵器オキシジェン・デストロイヤー!芹沢博士はゴジラを倒すために開発した“オキシジェンデストロイヤー”を苦悩の末1度だけ使用することを決意・・・・そして全ての研究資料を廃棄!加えて、自分が生きている限りその記録は記憶として残ってしまう為、全てを封印するため自らの死をも選択・・・・。最後は泣いた。『ターミネーター2』でも自らが兵器というT-800は死を選んだよね。関係ないけど『インデペンデンス・デイ』『アルマゲドン』の自ら死を選ぶのも泣けた。この化合物は「水中の酸素を一瞬にして破壊し、あらゆる生物を窒息死させる」・・・・更に芹沢は言う「これが兵器として利用されれば、原爆以上のものとなる」もともと兵器として造られたものではなくたまたま出来たもの・・・・原子力も一緒だよね。人間は核を作ってしまった。今でも行われる核実験。そして原発事故の跡。そして今月容認された“集団的自衛権”含め、いったい子供たちが僕らの年齢になったころどうなってるんだって。
坂元 集団的自衛権についてはオレ凄い語りたいんだけど、まぁ長くなるんで止めとく。今度、飲みの席にでも!(笑)
上木原 作品の最後、山根博士のセリフが印象的だった。「これからも水爆実験が行われ続ける限り、あのゴジラの同類がまた世界のどこかに現れるかもしれない」。そして東京タワーでのTVのアナウンサーのセリフみたいになっちゃうよ「ゴジラの手が左の塔にかかりました!皆さん、さようなら、さようなら」・・・・心に残る初代ゴジラでした・・・ってゴジラも被害者なんだよね。
N氏 初代「ゴジラ」の反核メッセージ性は凄いです。今こそ観るべき!
上木原 昔「プロジェクトX」でもゴジラの誕生秘話あったみたいなんだけどドコにもアップされてなくてさ、ただニコ動に「ゴジラ」の生い立ちノベマスがアップされていて面白かったよ。本多監督と円谷コンビとプロデューサーの話。
坂元 何それ?観たこと無い・・・・。
上木原 アメリカは1954年に太平洋のビキニ環礁で20回以上の核実験を実施。その威力は広島に投下された1000倍の威力なんだって。その当時航行していた静岡のマグロ漁船「第五福竜丸」も乗組員が被ばく・・・・まあ、その実験映像ったらヤバいよ。
当時、ワーナーで「原子怪獣現わる」って作品があったんだけど、この事件とこの作品からゴジラが誕生したらしい。50〜60年代は日本映画の最盛期で8か月で作品つくったのはスゴイよね。『海底二万哩から来た大怪獣』ってのが最初のネーミングで、それは長すぎるってコトで(笑)クジラ+ゴリラで『ゴジラ』だって。ソレ聞いたのがカットに来た大学生の男性ゲストの方。いや〜、マニアックでしたね(ちなみにテンパラのバイト生)。居るんですね“ゴジラ好き”。全てが繋がっててとてもよくできた作品と絶賛してました。
坂元 やっぱ「ゴジラ」は昭和の作品がその全てだよね。平成になってからは全然ダメでしょ?
N氏 確かに!僕的に「ゴジラ」の最高傑作はギリギリ昭和の84年版『ゴジラ』だと思ってるんだけど、どう?
上木原 おぉ!田中健に宅間伸。そして武田鉄也、沢口靖子が若い。けど冒頭のホラーシーンの連続で少し萎えるけど改めて観ると人間ドラマ長いですね・・・・。特にアメリカとロシアが日本にいるゴジラに核ミサイルを発射するといった意見の展開シーンは心に残った。しかも“スーパーX”がカッコいい!正面から高熱線に耐え対抗する兵器はカッコよかった!けど大人目線っていうの?人が乗ってる戦車に放射熱線でやられるシーンや高速で次々車が爆発するシーン観てて残念さが残ったなぁ・・・・てか、自衛隊って今はあんなに“いざ”という時出動できるのかな?近年の『ジュラシックパーク』含める恐竜映画に見慣れた僕らはサイボットゴジラにやはり違和感を感じる・・・・。
坂元 因みに、上木原さん的に一番の「ゴジラ映画」と言えば?
上木原 『ゴジラVSビオランテ』!やっぱコレでしょ?前半にゴジラ対策などを集中させておいて後半は戦闘や破壊シーン多いし、“スーパーX2”もカッコいい!あと、ビオランテがなぜかメッチャカッコいい!(笑)ゴジラ細胞と娘の英理加の細胞とバラとを組み合わせた怪獣・・・・あのエロい触手と悲しい萌える声(笑)、そして最初の第一形態はまんまバラなんだけど第二形態はスニゲーターばりの容姿と胸のおぞましく光る心臓の怪物!けどね・・・・メッチャ弱いんだって(笑)。植物だから?触手で攻撃するも熱線でちぎられ弱点丸出しの心臓を突かれる・・・・第二形態ではさらに怖そうなんだけどやっぱりバカの一つ覚えで・・・・口から鱗粉や液体よりもなんか光線吐いたり飛んだり高速移動したりとかしてほしかったな(笑)。

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる