テルマエ・ロマエ©2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会

#168 テルマエ・ロマエ

『テルマエ・ロマエ』といえば「上戸彩の尻を堪能できる貴重な映画」だと思ってたけど、別の層の人達にとっては「阿部寛の尻を堪能できる貴重な映画」なんですね。うっかりしてました・・・・。 by アキサン

『テルマエ・ロマエ』
発売元:フジテレビジョン
販売元:東宝
DVD発売中
¥3,800+税

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

古代ローマとニッポンの風呂

アキサン 『テルマエ・ロマエ』といえば上戸彩の尻を堪能できる貴重な映画ですね。その昔、マンガなどに登場する荒くれどもがエロ本なぞ眺めながら「かぁー、タマんねえケツしてやがんな」などと発言してるのを見るにつけ、「ケツの何が良いんだろう、男ならやはりオッパイを求めるべきなのでは?」などと思っていたものですが・・・・いつからでしょうか?尻に魅力を感じだしてきたのは。
坂元 ・・・・いきなり何の話?
上木原 それはそうと、このコーナーでもちょくちょく出てきたロビン・ウィリアムズ、先日亡くなりましたね。非常に残念です。
アキサンも『いまを生きる』でソウルを感じ、僕もレンタル屋で迷ったらロビン・コーナーに行ってたし・・・・彼は『ストーカー』では自分のコレクション「エヴァ・フィギュア」を使用して、娘には「ゼルダの伝説」からゼルダって命名するほど・・・・他にも「コナン」「ルパン三世」「ジブリ作品」と、日本のアニメ好きだったそうで。ご冥福をお祈りいたします。
坂元 いやホント残念。凄くポジティブなイメージがあっただけに“鬱病で自殺”ってのも意外で・・・・。
上木原 でも確か、坂元さんはあまり好きではなかったんだよね?
坂元 ・・・・ま、今となってはそんなことどうでもいいじゃないですか・・・・本題に入りましょう。
今回は、漫画・アニメの実写化映画をテーマに、その最高峰とも云える『テルマエ・ロマエ』を語ろうと思うんだけど。
上木原 僕はルシウスから学んだ。プロは自分の仕事を自負してはならない、成功しても常に自分の手法を批判的に反省する。そして更なる向上の糸口を見つける。そして全てのモノに感動し、ヒントを得た時は心から感動する様。「全ての道はローマに通ず」・・・・まさに僕らの職業も同じことが言えると思うんだ。
坂元 そんなに深い映画?!
上木原 深いでしょ!で、とにかく笑った!メチャ笑った。コレはアイデア勝利だよね。過去と未来や宇宙とつながった物語はよく聞くけど、古代ローマとニッポンの風呂が繋がってるとはね(笑)。阿部ちゃんもだけど脇を固めた市村正親、北村一輝、宍戸開も最高に濃くてキャスティングがマジ見事。
アキサン そうそう、何よりキャスティングが話題になりましたよね。濃い顔の日本人俳優たちがローマ人を演じるという、その妙なこだわり(笑)。
上木原 奴隷と勘違いしたルシウス。「平たい顔族」ってなんだよそのネーミング(笑)!彼は現地ではイタリア人のエキストラに溶け込むほどの馴染み具合。しかもルシウス全く笑わずずっと苦悩の表情がこれまたウケる!いちいち「コレはっ!!!」って感動して癒されて解釈してる姿が想像通りで楽しいし(笑)フルーツ牛乳に感動し、ワンダーウェーブ洗浄では妙な声出して白目で涙して、初の温泉卵では「美味っ」と即答(笑)竹内さんの事故の傷跡みて100人隊長って(笑)・・・・てか竹内力ってなんか喋ってたっけ?「どぶろくもいってみっか」くらい?しかもあの顔で「平たい顔族」(笑)まあ阿部ちゃんのすべてが笑える!
しかも“ケンシロウ”と言われるだけあってナイス筋肉でまさに西洋人体型!さすが元“メンノン”!かたや日本の崩れた体系のジイさんが絶妙のアクセントだよね。古代ローマもニッポンの風呂文化も火山国である両国がパンチがきいてて、むしろ古代ローマが変わっていく姿に笑った!ホースに牛の腸をつかい泡風呂は下から口で拭いたり大変で(笑)。
坂元 コレ観ると無性に温泉に行きたくなるよね?(笑)
上木原 僕も温泉は大好きで、東京いる頃は那須に伊豆、蓼科とよく行ったの思い出した。ハワイアンズの与市ってデカい露天風呂使ってフラみて癒されたり、ラクーアでまったりと充電したりと慌しい生活と仕事から解放されたくてよく車飛ばして温泉行ったけどね・・・・でも、遠いし金が高いんだよねぇ・・・・。鹿児島越してからは銭湯が温泉でしょ、帰ってきたときは市内ほとんどの銭湯を回って帰宅したよ。しかも安いし、『テルマエ・ロマエ』のあのジイちゃん達がいる銭湯そのもの(笑)!コレ見終わって近くの真砂温泉に行ったのは言うまでもない。あと出来ればオペラでもいいけど平井堅に歌お願いしたかった(笑)。
アキサン チョコチョコ挟まれるオペラの“アリア”が冗長すぎてゲップが出そうでしたけど、観ていて自然と笑っちゃうコメディ映画でしたね。阿部寛のウォシュレットシーンは映画史に残る名シーンではないでしょうか。
坂元 あのオペラがまたアクセントになっているのだと思ったけど・・・・。
アキサン ですかね?僕は劇中に「歌」って個人的にはいらないんですよね。ミュージカルとかは別として。『THE NEXT GENERATION パトレイバー』なんかでも隊の歌とかいきなり歌いだす。何であんな演出挟んじゃうんですかね?クソつまんないのに。
押井守はその昔『機動警察パトレイバー the Movie』って映画作ってるんですよね。テレビ版とは大違いのシリアス路線で。初めて観たのは中学生か高校生の頃だったんでチンプンカンプンでしたけど、今観直すと面白いんですよ。公開当時は未来の話だったのに、今観ると少し前の時代の話で。『2』なんかもう相当やりきってますもんね。他にも『Ghost in the Shell/攻殻機動隊』とか、後の映画に相当影響与えてる映画作ってるんですよね。『踊る大捜査線』なんか「パトレイバー」から相当影響受けてるはずですし、「攻殻」と『マトリックス』の関係性も有名な所ですよね。なのに逆をやると恐ろしくつまらないという。

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる