#172 アナと雪の女王

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

ディズニーの魅力~その2~

アキサン 基本的にはディズニー映画というものには全く食指が動かないんですけど、以前から気になってて観た映画が『魔法にかけられて』
何かで観た予告編が気になったんでしょうね、ついついDVDで借りて観たんですけど、やっぱりどうという事の無い映画でした(笑)。ディズニーのお姫様が現実ではとんでもない世間知らずで問題や面倒や騒動ばかり起こすストーリーだと思ってたら、それが思ってたほどそれほどでも無く、むしろ現実をディズニーに寄せちゃうという。基本ミュージカル映画だから彼女の周りは常にディズニーランド状態というか。それよりも王子役が『X-メン』のサイクロップス役のジェームズ・マースデンだったので、目からオプティックブラストが出ないのが不思議なぐらいで。『X-メン』がディズニー配給だったら有りえたのでしょうけど・・・・。
坂元 ありえないでしょ。
アキサン アメドラでやってる「ワンス・アポン・ア・タイム」も実は気になっているんですよね。おとぎ話のキャラが魔女の呪いで記憶をなくして現代社会で生活しているって設定。ディズニー傘下の会社が製作してるから出てくるキャラがディズニー版に準拠しているそうで。シーズン4では早くもアナやエルサが登場しているようなので、今からでもキャッチアップしてみようかなと思ってはいるんですが。
坂元 そんな興味ないくせに・・・・。
上木原 先日、「ディズニー映画に欠かすことのできない人物」の特集を観たんだ。ディズニーパークの企画や開発、映像部門で舵取り、制作総指揮のCGアニメーションのパイオニア、ジョン・ラセター。彼の描く世界観は観客が夢中になり魔法の映画はこうして作られるって企画。
彼のコンセプトは登場人物が魅力的で悪役であっても同様、ストーリもキャラも真実味があること。その中で新作『ベイマックス』のコトもいっぱい話していた。ケアロボットのベイマックスはペンギンの赤ちゃんとオムツパンパンの赤ちゃんがベースで、顔は神社の鈴なんだってさ(笑)。脚本をベースにストーリーアーティストが紙の絵に落とし込み、ストーリーリールを創って土台が完成。作品が出来上がるまでの工程が全員で作った感があって素晴らしいんだ。結局、ディズニー映画ってのは年齢問わずストーリーが分かりやすく、友情や愛情、笑いなどふんだんに詰め込み、映像もメッチャキレイな作品ってコト。来年4月開封の『シンデレラ』もきっと世の女性たちは観て共感することでしょう。ただね・・・・ただ『凶悪』と「オラフ」のピエール瀧さ、違いすぎでしょ!
坂元 『ベイマックス』も面白そうだよねぇ~、日本が舞台なんでしょ?子供らと観に行く約束してるけど、子供たちよりオレの方が楽しみにしてるもん(笑)。子供らはどっちかというと「妖怪ウォッチ」の方なんで・・・・。
上木原 今月末開封の『ベイマックス』、コレマッジ観たい!なんか評判から聞くとトレーラーやパンフのホッコリ感とは違うようで・・・・「ディズニー+マーベル」「ディズニー・アベンジャーズ」って感じか?ベイマックスと日本政府ってワードもあるし。原題『BIG HERO6』で画像検索したら6人の聖衣(クロス)まとった戦士がいるし!(笑)メッチャ気になる~!!12月20日開封でコレに間に合わないし書きたかったよ~。
アキサン ついついディズニー映画と混同してしまいそうになるのがピクサー映画ですよね。今ではピクサーはディズニーの完全子会社になって配給はディズニーだから、もはやディズニー映画なんじゃないのか、とも思うんですが・・・・。ディズニー映画にはあんまり手を出さなかったんですけど、ピクサー映画はCSやBSで何だかんだで観てるんですよね。地上波でも目にする機会が多いような気もします。逆にディズニー映画って滅多に地上波じゃやんないんじゃないですかね。
坂元 なるほど、そう言えばそうだね。
アキサン 子供とも『ファインディング・ニモ』『カーズ』『レミーのおいしいレストラン』『カールじいさんの空飛ぶ家』を観てるんですよ。ウトウトしながらですけど・・・・。だからあんまり内容は覚えてはいないんだけど、時々ストーリーの展開次第で娘が怖がることがあり、その都度「おとーさん!おとーさん!!」と起こされるんです。
坂元 それ、ウトウトじゃなくて完全に寝てるよね?
アキサン その度に「だいじょうぶ。こういう映画はピンチになったり怖い目にあうけど、最後は必ず幸せになれるんだよ。怖くても頑張って勇気を出せば最後は必ず幸せになれる。だから勇気をもって最後まで観よう」と励ますんです。で、またウトウトするんですけどね。
坂元 アキサンが頑張って最後まで観なきゃ!
アキサン そういう意味では、ディズニー映画(ピクサー映画も)って、小難しいことなく、特定の印象を植え付けられることも無く、勇気をもって前に進むことの大切さ、みたいなことを子供に教えてくれるので、安心して子供に観せることができるんですよね。子供と一緒に映画を観られるようになって初めて気付きましたよ。でも、いつかは娘とゾンビ映画を観たいと思っているので、そろそろディズニーでゾンビ映画とか作らないですかね。「ディズニー・オブ・ザ・デッド」とか。
坂元 絶対無いね。

参加者募集!

このディスカッションは、メールのやりとりのみで行われているバーチャル(死語?)な対談です。このコーナーには基本的に何の束縛も決まり事もありません。思いついたことを独り言のように書いていただければこちらで他の参加者とのメールと「会話形式」に編集させていただきます(掲載時には簡単な自己紹介文とアイコン用画像が必要です)。
現在募集中のテーマは2015年2月25日更新予定の『ミスティック・リバー』(03年 クリント・イーストウッド監督)です。まずは気軽にメールを!メール受付〆切は2015年1月31日(土)です。ご意見・ご要望のメールも大歓迎です。

参加希望メール送り先  sonic@sky.plala.or.jp 坂元まで

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる