#177 A.I.

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

『A.I.』のみどころ

上木原 僕的には公開当初、ラストの“2000年が経過した”辺りからは要らない感じがしたんだけど、今観たらコレもアリかな、と。スピルバーグの考えなのかキューブリックの考えなのか分からないけど、あのシーンは印象的だった。
例えば、キューブリックだったらブルーフェアリーに祈り続ける姿で終わっていたかもって思わない?自分たちの都合のいいように造り最後まで責任を持たない人間に訴える姿的な感じで・・・・。でもスピルバーグがもしあのシーンを追加していたのなら、今までは人間がロボットをつくっていたけど、未来はいつかロボット(地球外知的生命体?)が人間をつくれるって皮肉なメッセージ・・・・って感じなのかな、と。
アキサン wikipedia情報ですけど『キューブリックのファンからは「ラストシーンはキューブリックなら海底に沈んで機能停止した時点で終わらせていた」と批判されている。しかし、スピルバーグ曰く「スタンリーの草案では2000年後の世界を描く展開も用意されていたため、あのシーンこそ私が映像化しなければならなかった」』と。何か納得。
上木原 しかし、あのラストシーンでデイビッドは「夢の生まれる所」へってのがあったけど、ロボットは夢みないんだよね・・・・だって2000年経っても目を開けっ放しだったでしょ?ってコトは最後は人間になったってことなのかな?ブルーフェアリーが願いを叶えたってコト?コレがスピルバーグの手法なのかなと勝手に解釈して涙したよ。
まぁ、強いて言うなら実の息子が帰ってくるまでもっとデイビッドとの家族愛を観たかったのが本音。ロボットにこんなに感情移入したのは『ウォーリー』以来久しぶりだったな。色々なメッセージが込められていると思うよマジで。
アキサン 『A.I.』って妙に哲学的なんですよね。永遠の愛とは?ロボットの愛とは所詮、命令に過ぎないのではないのか?ラストで永遠の眠りについたデイビットは電気羊の夢を見るのか?感動的なラストに思われがちだけど、デイビットは母モニカによって起動させられた永遠の愛プログラムにひたすら忠実に従ってただけなのではないのか?果たしてそれを愛と呼べるのか?
坂元 その重責を全て引き受けるハーレイ・ジョエル・オスメントってホント凄い子役だよね。今、酷いおっさんになっているのが残念でならない・・・・。
アキサン 劇中のハーレイは愛くるしい子供の姿で映画を観る僕らに対してキュンキュン光線を放ち続ける。自然と感情移入しちゃいますよね。
ジャンク・ショーのシーンで人間の醜い部分を見せつけられ、母モニカの無責任な態度に腹を立て、それでもけなげに頑張るデイビットに胸を打たれる。でも、日頃僕らも要らなくなった家電は売り飛ばしたり粗大ごみに捨てるし、昔流行った“たまごっち”のリセットに心痛めることも無い。食肉センターで解体される牛や豚を見て「カワイソー」と言いながらもステーキは美味しく頂ける。そんなクセして見た目カワイイだけのロボットが廃棄されるってだけで大騒ぎ。何だか映画の作り手に試されてる気がしてなりません。
上木原 この作品観て“母の日”を思い出したんだけど、まだ過ぎていなかったことに感謝したよ。思い出せてくれて有難うって(笑)。
アキサン しかし、ハーレイが持ってたあのテディベアが「Ted」だったらまた違った映画になってたんでしょうね。
坂元 即廃棄だな。

そもそも「人工頭脳を持ったロボット」とは何?

上木原 『A.I.』て、結構「ピノキオ」がベースって意見多いけど、僕は「ピノキオ」+「エヴァの綾波」+「クレしんのロボとーちゃん」って感じかな(笑)。手塚治虫先生の「アトム」もたしかサーカスに売り飛ばされたところを助けて御茶ノ水博士が養父になったんだよね?色んなオマージュある作品だった。
アキサン そうそう、人工知能のロボットといえば、子供の頃からお世話になってる「鉄腕アトム」や「ドラえもん」も忘れちゃいけませんよね。アトムもドラえもんも常に表情と感情豊かで、子供たちの良き隣人、とでもいいましょうか。時には大切な事を沢山教えてもらいました。
だから僕が思う理想のロボットは「良き隣人」なんですよね。友人とまではいかなくていい。親愛なる隣人とまでもいかなくてもいい。程良い距離でいてくれる、乱暴な言い方すれば都合の良いロボットが理想なんですよね。「スターウォーズ」で言えばC3POよりもR2-D2の方がより良き隣人になってくれそうです。コミュニケーション取れなさそうだけど。
坂元 なるほど。分かる分かる。要は「便利な機械の進化系」って感じ?
アキサン この手の人工知能だと『アイアンマン』の「J.A.R.V.I.S(ジャーヴィス)」とか、『ステルス』の「E.D.I(エディ)」、古くは『ナイトライダー』の「K.I.T.T.(キット)」なんかも主人公の良き相棒として魅力的なキャラクターですよね。逆に敵側にまわっちゃった人工知能だと『ターミネーター』の「スカイネット」や『2001年宇宙の旅』の「HAL」。そういやHALと対決したボウマン船長の名前もデイビットですよね。キューブリック繋がりで何かしらの意味があったのでしょうか。
坂元 思えばオレ、初めて見た“人工知能ロボット”ものって「がんばれ!ロボコン」かもしれない(笑)。
上木原 俺は「ロボット8ちゃん」だな。ロボコンは覚えてないんだよね。動画サイトでOP聴いたら懐かしくて、なんとなく全部歌えるし。幼稚園のころ住んでいた家や爺ちゃん家思い出した(泣)。
坂元 子供の頃のアニメソングって、今聴くと当時を思い出したりして懐かしいんだよね~。
上木原 僕のipodには“戦隊モノ”や“ロボットアニメ”ってプレイリストがあって今でも聴くんだよ。鋼鉄ジーグ、マジンガーZ、ライディーン、ゴッドマーズ、エヴァ含め色々と未だ色あせないOPはイイよね~。こないだ、飲み屋で8ちゃんのED「赤い夕陽のバラバラマン」歌ったよ。数名しか知らなかったけどね(笑)。
で、懐かしくてバラバラマン役の斎藤晴彦さんググったら余年の夏に亡くなられたんだね。多分この頃からロボ系好きになったんだな。戦隊モノでも後半は巨大化した敵とロボット対決でしょ。しかもシーズン中どんどん追加ロボ出るし・・・・。玩具メーカーの策略がハンパないね、男の子の親マジ大変だわ(笑)。
坂元 いやホントだよ。どんだけ買わすんだ!って感じだよね。ま、でもオレも子供の頃はロボットの超合金持ってたなぁ~、「ライディーン」とか(笑)。アレ、何故か当時は凄いカッコ良い気がしてた(笑)。
上木原 俺が好きなロボデザインは「バトルフィーバー・ロボ」と「デカレンジャー・ロボ」かな~。最近の戦隊ロボはなんだかアレコレ身体中パーツくっ付いて動きづらそうじゃないか(笑)。もう「ゴーゴーファイブ」の「グランドライナー」なんて動けんのかい!って感じだし、「アバレンオー」なんてもうどうでもよくなってるし(笑)。
坂元 今回のテーマは「人工頭脳を持ったロボット」なんだけど、そういえばこの手のロボットって“頭脳”があるんだっけ?それとも操縦されてるだけ?この辺が難しいよね・・・・。
上木原 一言でロボットって言っても色んなジャンルがあるんだよね。おおまかに分けて「ヒト型」「自立型」「遠隔操作」「搭乗型」なんだけど(あと、『アイアンマン』みたく装着型ってのもあるよね)、『チャッピー』や『ロボコップ』『アンドリューNDR114』とか『ターミネーター』の“T800”、それに『スター・ウォーズ』の“C3PO”なんかの「ヒト型の自立型」ってのが中でも代表的かもね。
アキサン 最近続いたロビン作品から『アンドリューNDR114』。コレもなかなかの名作ですよね。人間になることを夢みるという人工知能搭載ロボット。電気羊の夢は見ないんでしょうか。『A.I.』のデイビットはプログラムに基づいて行動していたんでしょうけど、アンドリューは完全に人工知能で自律的に人間になることを夢みた。もしかしたら、いつの日か人工知能ロボットが完成して、そしてそれが人型なのだとすれば、それはきっと人間になることを夢みるんじゃないのかな?と思います。
それにしても設定上とはいえ、ロボットの時点で既に見た目がロビン・ウィリアムズ。ガワをかぶってもロビン・ウィリアムズ。どうせだったら、もうちょっとシュッとした外観にしても良かったような気が。
坂元 外観をいうならばもう主演変えるしかないし・・・・。

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる