#179 friendsもののけ島のナキ

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

進化するアニメーション

上木原 しかし、最近の日本の3DCGアニメーションはホントにレベル高いと思った。『キャプテンハーロック』とか『バイオハザード』とか。
女の子って「プリキュア」好きじゃん。たまたま次女が「プリキュア」観てて何気なく一緒に観てたんだけど、エンディングのダンスがスゲーのよ、マジ。「フレッシュ」「ハートキャッチ」「スイート」そして「スマイル」と、フルCGだからカメラワークがスゴイ!しかも年々進化してるし、特に「スイート」のあたりから格段に違うんだよね。ダンスも女の子が覚えやすい振付だし「スマイル」に至っては5人のクオリティが高すぎる!リボンやスカートが揺れてるんだって・・・・。年2回90秒という決められた中でのモーションキャプチャを使用した「プリキュア」のエンディングは観るべきかと思う。東映アニメーション恐るべし!コレがもし映画だとしたら時間も金も相当かかるんだろうね。モーションキャプチャで取り込んで修正するより手書きの方が早くてお金もかからないから、3D作品はなかなか難しいのだろう。だから『friends もののけ島のナキ』はホント時間と金がかかってる作品なんだと思う。
坂元 単にアニメーションと言っても最近の「アニメ」と「CGアニメ」ってもう全く別モノだもんね。
上木原 海外でも人気の「ドラゴンボール」に「ドラえもん」、「ワンピース」に「エヴァ」そして「スラダン」・・・・全部好きだけど最近まで単行本集めてアニメや映画まで見ていたのは、しげの先生の『イニシャルD』かな。「バリバリ伝説」の頃から好きだしサイコーだよね。
TVシリーズが始まった時、CGシーンはかなり衝撃的だった!まるで実写なんだよね・・・・ドリフトシーンやタイヤの質感、ブレーキング時のテールランプとかCGあっての迫力!ただね、なんとなく納得いかないんだよ・・・・こう、なんていうかバトルシーンだけCGでしげの先生の独特の脈動感の線が無いのよ。その辺はmoveの唄う音楽とバトル中のユーロビートでごまかしてる感あるんだけどさ。そしてリメイクしての劇場版はまた違った。格段に車のエキゾースト、エンジン音がよくなり、特にバトルシーンや車の動きなんか、マンガがそのまま飛び出した感じというか「そう!コレ待ってた!」って感じ!
でもね、さっきの「プリキュア」や「TV版イニシャルD」と真逆で手書きっぽいんだよね。ピクサーのような立体感やCGっぽさは無いんだけど妙にリアルなんだよ。いわゆるCGっぽくない3DCGというか・・・・。今回の劇場版はね、しげの先生の独特のバトルシーンで魅せる降下線?集中線?っていうのかな、マンガにある線がしっかりあるんだよね。マンガだったらページ数少ないから描けるんだろうけどアニメで描くとメッチャ大変じゃないかな?コノ技法はセルルックって技法なんだって。サイボーグ009の『009 RE:CYBORG』もそうだよ。昔から見慣れたセル画の雰囲気を出しながら3DCGを表現する手法。だから違和感が無くて漫画の世界観がそのまま出てきた感じになるんだよね。
坂元 へ~、凄いね。アニメはそっち方面にも進化しているんだ。
上木原 今後、アニメ好きは二分するんじゃないかな?CG派と手描き派て感じで。動きだったらCGがスゴイと思うんだけど表情だとどうしてものっぺり感があるんだよね。表情や脈動感だけだったらやっぱ手描きだよね。けど山崎監督の『STAND BY ME ドラえもん』の大人のしずかちゃんは可愛かったけど・・・・。あの『ドラえもん』って、57の国で配給されたんだってね。さすが日本の誇る「ドラえもん」!今や日本のアニメ文化は世界に誇れる存在となった!CGに手描き。そしてセルルック。日本のアニメはこれからもっともっと期待していいのかもね。
アキサン そういやテレビアニメの「UFOロボ グレンダイザー」は1978~9年にフランスでも放映されたそうですけど、平均視聴率は驚きの75%!そして最高視聴率は100%なんだそうです。何がウケるかわかりませんね。
坂元 マジ?!100%ってことはないでしょ!「グレンダイザー」、当時のフランス人全員観てたの?!
アキサン ところでさっき『時をかける少女』で鉄壁スカートって言いましたけど、『ホッタラケの島〜遙と魔法の鏡〜』って映画の主人公“遥”も中々の鉄壁なんですけど、後半でパンツ見えるんですよね。嬉しさ反面残念な気持ち反面。
坂元 どこ見てるんだよ。
アキサン パンツ。

参加者募集!

このディスカッションは、メールのやりとりのみで行われているバーチャル(死語?)な対談です。このコーナーには基本的に何の束縛も決まり事もありません。思いついたことを独り言のように書いていただければこちらで他の参加者とのメールと「会話形式」に編集させていただきます(掲載時には簡単な自己紹介文とアイコン用画像が必要です)。
現在募集中のテーマは『麒麟の翼~劇場版・新参者~』(12年 土井裕泰監督)です。メール受付〆切は2015年8月31日(月)です。ご意見・ご要望のメールも大歓迎です。

参加希望メール送り先  sonic@sky.plala.or.jp 坂元まで

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる