#180 ボーン・アイデンティティ

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

「ボーン・シリーズ」は脇役もめちゃくちゃ良いんだよね

上木原 以前話したように元々、対テロモノ、スパイモノやCIA、FBIモノ好きなんだけど、中でも、元工作員、元CIA局員ってサイコーゾクゾクなんだよね。特に「闇の組織に追われる強い精神力とハンパない格闘センスもった主人公」ってテーマが好きで。
だから「ボーン・シリーズ」「24・シリーズ」「96時間・シリーズ」「007・シリーズ」「ミッション:インポッシブル・シリーズ」なんか、かなり好き。『エクスペンダブルズ』じゃないけど観てみたくない?豪華キャストでCIAや政治がらみの闇の組織の陰謀に立ち向かう“ジェイソン・ボーン”、“ブライアン・ミルズ”、“ジャック・バウアー”の三人が出る作品!
坂元 何故に“ジェームズ・ボンド”と“イーサン・ハント”は入ってないの?
上木原 “ブライアン”も“バウアー”も“ボーン”も格闘に狙撃、爆弾のスペシャリスト!・・・・まぁ、“ボンド”も“イーサン”もそうなんだけど。
ただね、ボンドはいつも女がいるのよ。快楽主義でセックスアピールがハンパないの。前の3人は出来れば平和に暮らしたくて並外れた戦闘能力もっておきながらソレを見せびらかそうとしないんだ。そう言った意味で“イーサン・ハント”もなんか違う・・・・。
坂元 分かる気がする。
上木原 あと、「ボーン・シリーズ」と『96時間』は舞台がヨーロッパってとこがイイよね。ヨーロッパは景観がキレイでステキ。特に『アルティメイタム』ではモスクワ、パリ、ロンドン、マドリッド、モロッコにニューヨーク・・・・と超豪華!
井上 「ボーン・シリーズ」は脇役もめちゃくちゃ良いんだよね。主人公の普通加減に比べて脇役の立ち具合のバランスが絶妙。
私的に脇役賞を与えるとすれば第一位は(『ボーン・アルティメイタム』で)ノア・ボーゼン役のデヴィッド・ストラザーン(名前知らず、wikiで調べました)。直接やりあうわけではないのに、イラつき狼狽する演技がボーンの実力を如実に示していて、直接打ちのめすわけでもないのに痛快で。文字入力したら最初「ノア・ボー然」ってなって笑ったんだけど、ストラザーンの演技はまったくその通りで素晴らしかった(笑)。そのあと観た『リンカーン』での外務大臣?役、最新の『GODZILLA』での幕僚長?役など、どれも渋い役どころで頑張ってますね。そういえば映画を最後までなかなか見終わらないと言いましたが、『リンカーン』『GODZILLA 2014』も最後まで休まず観ました。いい映画でした。
坂元 この人、昔から色んな映画でよく見る気がするけど、何一つ思い出せないんですよね(笑)。だからこそ「これぞ名脇役!」って感じ。
井上 脇役賞第二位は『ボーン・アイデンティティ』の海に浮いてるボーンを拾ってくれた漁船の船長。シリーズ中、一番いい人(笑)。脇役賞第三位は『ガーディアンズ』のサイモンロス記者(『アルティメイタム』)。追われ、暗殺される瞬間まで、迫真のスバラシイ演技。こういうカメラを意識してないように見えるリアルな演技、日本の映画には少ないように思えるんですけどどうなんでしょうか。特別賞で「成長したネスキーの娘(笑)」。とにかく脇役の演技力や存在感も「ボーン・シリーズ」の魅力です。パメラ・ランディ役とかとにかくいっぱい。ボスの補佐役とか敵となる殺し屋とか・・・・もうきりがない。
坂元 僕的には、さっき井上社長が「全く別モノ」と言った『ボーン・レガシー』もなかなか好きです。確かに別モノだけど、ハナから別モノとして観たら許せますよ(笑)。『アベンジャーズ』で“バートン=ホークアイ”を演じた主人公ジェレミー・レナーもさる事ながら、宿敵リック役のエドワード・ノートンが最高!是非とも本編の方にも出て欲しいくらい。カーチェイスに関してはこっちの方がオシャレ感あるし(笑)。
上木原 オシャレなカーチェイスといえばやはり「007」!今度の『スペクター』でのボンドカーは“アストンマーティンDB10”!「007」の為だけにマーティン社が制作したDB10とジャガーC-X75が街中疾走する様はヤバいよ・・・・。『慰めの報酬』では初っ端からDBSと159のバトルからはじまったもんね。
あと、「ミッション:インポッシブル・シリーズ」も派手だよね。向こうがアストン全面協力だったらコッチはBM。特にバイクの“S1000RR”がメッチャカッコいい!しかもトムはいつものノースタントでしょ、ホントスゴイんだって・・・・。僕は昔『M:I 2』でイーサンがトライアンフの“スピードトリプル”をコロがす姿に憧れて乗ってた時もあったからね。自動車メーカーが「シリーズ映画と契約して新型車をPRする」というのは今や定番だよね。
坂元 だからこそ「ボーン・シリーズ」のようなボロい旧車でのカーチェイスが新鮮なんだよ(笑)。
上木原 リッチなカーチェイスか?ボーンのように庶民の車で爆走するのか?好みが別れるよね。あとボーンと言えばやっぱステゴロもハンパない!ジャッキーじゃないけど、本やタオルなど身の回りにあるモノで応戦する姿がカッコいい!もちろんガンアクションもハンパないんだよ。『アイデンティティ』の最後なんて敵をクッションにして空飛んだからね・・・・。
でもやっぱり一番の見どころは近年のハリウッド映画でも主流の格闘武術、イスラエルの軍隊格闘術「クラヴマガ」とフィリピンの武器武術「カリ」。マジいかついよね。今はFBIの訓練にも導入されてんだって。『アイデンティティ』では記憶喪失で夜中一人でベンチに腰かけてるときに2人の警官に職質されてるシーン・・・・身体に触れただけでスイッチが入り瞬殺!イタリアで米国領事館役員に拘束されたとき初めて「重要容疑者だ」と聞いた役員が「ヤバい」と思い腰の銃に手を当てる・・・・前に瞬殺!そこからデバイスの情報をあっという間に抜き取る姿にカンド―。
坂元 あれくらい身体能力が高かったら気持ちいいだろうねぇ~(笑)。
上木原 ラストも良かったよね。カフェにいるニッキ―がニュースを見て「ジェイソン・ボーンは死んだ模様。しかし遺体はまだ発見されていません」でニヤリ。サイコーのエンディング!「ボーン・シリーズ」も「MIシリーズ」「24シリーズ」「96時間シリーズ」と、観終った後は「お疲れ様。ゆっくり休んでね」と思っちゃう。それほどリアルでソコにいるような臨場感があるからだろうね。
坂元 「ボーン・シリーズ」も三部作の後、スピンオフの『ボーン・レガシー』があって、それっきりだよね。もう無いのかな?
上木原 噂ではマット・デイモンがシリーズに復帰し、さらに本流とは別に『レガシー』の続編も計画されているとか。こうなるとボーンとアーロン、この2大ヒーローのクロスオーバーに期待が高まります。一体どうなるんだろう!?出来ればまたパメラ・ランディにも出て声優は小山茉美さんでお願いしたい!アラレちゃんの頃から彼女の声が好きでたまらんのです・・・・。

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる