麒麟の翼~劇場版・新参者~(C)2012映画『麒麟の翼』製作委員会

#181 麒麟の翼~劇場版・新参者~

原作を読まずに観ると若干消化不良な部分もあったんですけど、まぁ結構楽しめました。ドラマ版とか原作にも手を出して見ようかな・・・・と。 by アキサン

『麒麟の翼~劇場版・新参者~』
発売元:TBS
販売元:東宝 
DVDレンタル中

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

世の中甘くみてるほうがイイらしい

アキサン 以前、「Go to Theaters」でも『麒麟の翼』を紹介してましたよね。少し気にはなってたもののそのままスルーし続けて、今回初めて観てみました。
東野圭吾の原作はまだ読んだことが無かったのでほぼ情報ゼロ、予備知識ゼロで観たんですけど、始めに思ったのが最初っからキャラクターが出来上がりすぎてるように感じたんです。妙に落ち着き払ってる阿部寛、チョロつく溝端淳平。台詞であっさり親戚っぽい説明を済まされる。冒頭で死ぬミキプルーンのオジサン、シンケンジャー、仮面ライダーW、小木曽、井之頭五郎と色々なキャラクターが続々出てくるので交通整理がおっつかない。黒木メイサは何だか顔見知りっぽいけど大した説明もなく。登場人物の交通整理が付きだしてようやくストーリーに入り込める頃にはすでに中盤でした。
坂元 なるほど。僕は原作を読んでいたからすんなり入れたけれど、情報なしで観ると解り辛いのかな?
アキサン 終盤になって色々な物事が判明していって、加賀は何だか刑事ってか探偵みたいな役回りだな、などと思いながらエンドロール・・・・。
上木原 俺は前に観てて今回もう一度観てみたんだけど、改めてしっかりした内容で面白かったよ。二回目の方が楽しめるかも。元々コレ系の日本映画って「TVドラマでいいんじゃないの?」って毎回思う。ドラマやってて次は「THEムービー」的なトコも多いよね。映画にするならもっとライバル的な人物や壮大なスケール感ってのが欲しいのも事実なわけで。2~3回観るとそれぞれの人物の表情仕草も楽しめるんだけど、作品によっては「1度でいいかな」ってのもあるよね。
アキサン 労災隠しの件とかガッキーの彼氏の扱いとか若干消化不良な部分もあったんですけど、まぁ結構楽しめました。ドラマ版とか原作にも手を出して見ようかな、と思いましたね。でも加賀恭一郎シリーズって結構古くからあったんですね。全然知りませんでした。
坂元 原作の加賀恭一郎シリーズだと、この「麒麟の翼」とかその前の「新参者」が面白いよ!個人的には「赤い指」が一番好き。スケールは小さいけど。
上木原 加賀恭一郎。彼は大学卒業後、教師となるが辞めて警察官となり捜査一課を経て警部補に・・・・キャスティングはあってた感じがするんだけど『テルマエ・ロマエ』のルシウスのイメージが強すぎて(笑)。
『麒麟の翼』は登場人物がみんな日本を代表する俳優さんばかりだけど、それぞれキャラ立ってていいよね。原作での加賀恭一郎は「長身で肩幅が広くがっしりとした体型。彫りの深い顔立ちであるため、逆光で目元が黒く見え、顎は尖って歯が白く、笑うと爽やかな印象を周囲に与える人物」・・・・誰がいる他に?西嶋秀俊、江口洋介、沢村一樹、仲村トオル、大沢たかお、竹之内豊、藤木直人、福山雅治そして阿部ちゃん。結構いるね・・・・みんな加賀恭一郎イケそうじゃない?(笑)今をトキメく40代オヤジ!我らショートカットメンバーも彼らに負けないようにしないと・・・・。
坂元 上木原さん、『テルマエ〜』いけそうだよね?
上木原 『麒麟の翼』のストーリー。ある夜、巡査が声をかけたのは刺殺された男の死体だったところから始まり・・・・日本橋で起きたこの事件の真相に加賀が立ち向かうって内容。豪華キャストで、いや~みんな流石上手いですね!特に劇団ひとりの目の泳ぎっぷりがコントを観てるようである意味素晴らしい(笑)。
アキサン エンドロールでキャストをぼんやり見てるとそこに「向井理」の文字。嫁と一緒に観てたんですけど「あれ?え?どこに出てた?」軽くパニックです。そこでようやくネットでググって、元々テレビドラマ版があったということを知りまして。いわゆるテレビドラマの劇場版ですね。どうりで細かい説明すっ飛ばして話が進んでいくと思いました。で、向井理はカフェのポスターに登場、とか。軽く触れられてましたけど難しすぎます。しかも劇場挨拶にサプライズ登壇してるんですよね。ドラマ版からのファンサービスなんでしょうけど。
坂元 コレってTVドラマもあったの?知らなかった・・・・。
アキサン あと、劇団ひとりだけやたらキツく詰められてるのが何か気の毒で(笑)。間違った行動、全ての元凶はその判断にあったんでしょうけど、それは彼なりに生徒をかばおうという気持ちもあったわけで。加賀さんの意見もわかるけど、それならもっと詰めるべき人いるでしょ、って思っちゃうんですよね。
上木原 「間違った公式を教えられた子供は、一生それを使って、同じ間違いをしてしまう」その通り!ちなみに植物人間になっちゃった彼は「仮面ライダーW」のフィリップだったね・・・・。最近は大学院の教授が司法試験の問題を教え子に漏えいした事件やら簡単に人殺したり耳疑う事件多すぎでしょ。しかも刑事モノあるあるの捜査一課の無能っぷり・・・・なんですぐ先入観だけで片づけようとするかねぇ?マスコミと世論のおかげで家族可愛そうじゃん。
ただね、八島のとった行動が未だ引っかかるんだよね。原作は最初から彼女の妊娠は知っていたんだけど映画版じゃ絵馬に書いていて実は知っていた・・・・って構図は感動してよかったんだけど、なにも死ななくてもよかったんじゃないの?確かに通報した時点でストーリーは終わっちゃうんだけど、最後の最後で手が動き意識が戻るって設定でもよかったんじゃないかな?コレ見終わった後自分の父親に会いたくなったよ・・・・。
坂元 そうそう、加賀シリーズはこういう家族愛みたいなのも秀逸なんだよね。先述した「赤い指」とかも泣けたなぁ~・・・・。
上木原 犯人捜しってより、家族の在り方、正しく生きるってコトを学んだ感じ。親父役の貴一さんはやっぱりさすがの貫録だし。あんまり気にしない俳優だけど安定感抜群でカッコいいよね。今をときめく吉田羊さんを一押ししたのも彼って言うからね。あぁ書いてて彼の作品観たくなってきた・・・・。『麒麟の翼』みて学んだのは「世の中甘くみてるほうがイイらしい」ってこと(笑)。

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる