バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2© 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

#184 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2

「未来は自分で切り開くために白紙のまま」。ストーリー、キャスト、演出、映像、音楽、全てが最高レベル!まさに“THE映画”って感じだよね。 by 上木原

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』
『バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30thアニバーサリー デラックス・エディション』発売中
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
ブルーレイBOX 6,500円(税別) DVD-BOX4,500円(税別)

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

遂に現実が「映画の未来」に追いついた

アキサン というわけで前回からの続きですね。
坂元 違います。っていうか、前回も読んでくれた人じゃないと意味が分からないし。しかしアキサン、とうとうJC卒会だね。悪夢の「映画委員長」も今や伝説に・・・・(笑)。来年からはノンビリ映画を観る時間が少しでも増えると良いね。本当にお疲れ様でした。
アキサン 有難う御座います。で、今回のテーマは、みんな大好き『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』『パート1』のラストシーンのそのまま続きが観られる、というのはもう興奮モノでしたね。でも、冒頭シーンは完全撮り直しらしいんですよね。そういやジェニファー役変わっちゃってますし。
坂元 あ、そうなんだ?アレって撮り直してるの?全く同じシーンだと思ってた・・・・。
上木原 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズって、まさに“THE映画”って感じだよね。『バック・トゥ・ザ・フューチャー 2』では、2015年10月21日にタイムトラベルするという内容で、先日遂にその日を迎えることに。ファンの間では「映画の2015年と実際の2015年の違い」を検証とか、メディアなんかでもやってたよね。まぁ、もう一つの2015年に来たと思ったら全てカタ付くんだけどね(笑)。
アキサン そうそう、30年前に描かれた近未来に現実が追いついてしまいましたけど、やはり今見ても劇中で描かれる未来へのワクワク感は色あせないんですよね。そして未来への想像が追いつかなくて、時折レトロなものも描かれるのがまた一興。
坂元 近未来を描いた昔の映画って今見ると凄い面白いよね。一周回ってまたレトロになってるみたいな(笑)。
アキサン 中でも興味深いのがFAX。海外ではFAXの使用率が少なくなってきてるみたいなんですよ。銀行や保険会社では現役で使われてるそうですけど。ウチの会社なんかでもFAXは重宝してますもんね。一部のお客さんは「メールで頂戴」なんて方もいらっしゃいますけど、受発注はFAXが主流ですよね。そんな海外では利用率の減ってるFAXで、わざわざ人事情報を家中のFAXに送るというのはある意味ハイテクなのかもしれませんが。
上木原 さすがにネクタイ2本やポッケ外だしは流行らなかったね(笑)。
アキサン 2011~2014までEテレで放送していた「大!天才てれびくん」。これほぼ毎日娘と見ていたんですけど、この番組にMCとして出演していた出川哲郎がダブルネクタイをしていたんですよ。初めて見た時ビックリしました。とうとうダブルネクタイが流行るのか!って。でも3年間やってましたけどカスリもしませんでしたね。残念。
坂元 そうなの?それは知らなかった。早速、検索して画像で見たけどアレは流行るワケがない・・・・(笑)。しかも『BTTF 2』の方、よく見るとシャツもそれ用になってるんだよ。細かいよなぁ~。
上木原 アメリカの人気深夜トーク番組には実際デロリアンに乗ったマーティとドクが来たのが実現したよね。ヒューイ・ルイスまで出てて拡声器で一緒のセリフ言ってるし(笑)。
坂元 「パワー・オブ・ラブ」!コレもまた流行ったんだよね~、映画とピッタリだったしね。ヒューイ・ルイス、ハマったなぁ~・・・・。しかし「一緒のセリフ」って?
上木原 序盤のオーディションのシーンで演奏するマーティに「お前はうるさすぎるんだよ」って拡声器でダメ出ししたでしょ、彼がヒューイ・ルイス。カメオ出演ってやつだね。このナンバーは日本でもホンダ・インテグラのCMが有名だよね。「カッコインテグラ」「乗ってグラ」今見てもホントカッコいいよね。そういえば以前のショートカットでも書いたんだけど天皇陛下の愛車もインテグラなんだよ。てっきりレクサス辺りかと思っていたらまさかのインテグラ!大事に扱う陛下ご夫妻に僕は涙が出た・・・・。
坂元 しかもミッションだし!
アキサン 劇中の“Cafe 80's”でやってたゲームが「ワイルドガンマン」で、その横にいた少年がイライジャ・ウッドというのも驚きなんですけど、それよりもユニバーサル社が「ジョーズ19」の予告編を本当に作っちゃったってのが傑作で。「ジョーズ9」とかちょっと観てみたいですもん。
坂元 アキサンからの情報で初めて知ったんだけど、コレ面白いね~(笑)。確かに「ジョーズ9 ブロディの孫がシャークハンター部隊を結成」って、普通にありそうだしね(笑)。
上木原 ストーリーは勿論だけど、外しちゃならないのがタイムマシン“デロリアン”の存在。前回も言ったけど今じゃ主流のアルミ、カーボンとかのボディじゃなくデロリアンは塗装なしのステンレスボディ!『パート3』での機関車とのマッスルドッキングはマジカッコよかった~。
チョット喋るけど、僕は“イタルデザイン”が好きでね、特に「ジウジアーロ」「ピニンファリーナ」のデザインが好きなんだ。ジュリエッタ、ミウラ、ランチアデルタ、パンダ、ゴルフ、日本車でもいすゞ117、ピアッツァ、アルシオーネ、ギャラン・・・・ちなみに僕の車も「ジウジアーロ」のデザインなんだよ。僕が好きなジウジアーロフォルムはフロントもだけどヒップがね、メッチャカッコいいんだって!僕は「BTTF」が今でも愛されてるのは彼のおかげでもあるんじゃないかと思ってる。ジウジアーロを超えるカーデザイナーがいないのは何故だろう。コレからも彼ほどのデザインする人は出てこないと思う。
アキサン そうそう、BTTFシリーズといえば外せないのがDMC-12デロリアンですよね。これと「ナイトライダー」のトランザムといえば中学生時分の憧れの外車でした。中でもデロリアンはやはりそのガルウィングという、スーパーカーのようなギミックが中学生の心をくすぐるのに十分すぎるほどの魅力を備えているっていうのがもうビンビンですよね。ステンボディにヘアラインというのもたまりませんね。ハァハァ
坂元 変態か。
上木原 日本でも、記念すべき10月21日にデロリアンがお台場に登場して走行イベントやってたね。あのプルトニウムからゴミを原料とする燃料を実際作っていたし!古着からバイオエタノール燃料を作って動く仕組み。しかも外装はまんまで来年車検をとおして実際東京の街を走るってからこれまたスゴイよね。
坂元 オレもちょっとテレビで観たけど、ホント凄いよね。実際に実用化されたらこれこそエネルギー革命なんじゃないの?映画をヒントに現実化されるなんて正に夢の様な話だよね~。
上木原 都会はこんなイベントやってていいなと思ったらツイッターでつわもの発見(笑)!マニアックな人は、到着時刻である2015年10月21日水曜日午後4時29分39秒に『PART 2』を再生すればリアルタイムで我々の映画を観ることが出来るという(笑)。スターウォーズマニアも凄いけどBTTFマニアもなかなか凄いよね。

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる