#184 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

映画史に残る大傑作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」とは?

上木原 『1』の見所は、やっぱり母さんにどう父さんを振り向かせるか?なんだよね。どうしてもカルバンクラインに振り向いちゃう母ちゃん(笑)。そして、どうやって現代に帰還するか!時計台の下のケーブルで次元転移装置に電流を流し1985年にどうやって帰るか?消えかかるマーティにジョージがまたも男気を魅せる・・・・で、物語は僕の一番好きなシーンへ!「ジョニー・B・グッド」をマーティが演奏するシーン!あれメッチャカッコよかった。「ゴーゴーゴージョニーゴーゴー!」手を怪我した黒のギターリストが電話をかけた相手はチャック・ベリーだって知ってた?「もしもしチャック?俺だよ従弟の~」くだりが(笑)。チャック・ベリーがこれを聞いて「ジョニー・B.グッド」を作ったという話になってるんだよね。『フォレストガンプ』思い出した。
坂元 絶妙だよね!
上木原 しかしこの映画、最後の最後まで冷や冷やするよね。ケーブルが届かない・・・・エンジンがかからない・・・・そしてケーブルがまた・・・・更には過激派が・・・・いやぁ~、面白かった!そして未来がだいぶ変わって家族もビフも別人になりました(笑)。
坂元 オレ、何だかんだ言ってやっぱりこの『1』が一番好きだな~・・・・映画史に残る超名作だと思う。
上木原 そして『PART 2』。今度は、マーティとジェニファーが結婚し、その二人のガキが起こす事件を未然に防ぐのが目的。2015年10月21日にタイムトラベル!スポーツ年鑑が次々と色々な手に渡る脚本は流石に面白いし『1』と違った別アングルのカメラワークがよかった。
でも、ドクって常にポジティブなんだよね。例えば『2』でマーティがスポーツ年鑑のコト悔やんでても「過ぎたこと」だと言うし、過去に戻って失敗したらと心配なマーティに「成功させなきゃ」と過去に行く・・・・。
アキサン そして続く『パート3』!わずか半年後に公開されたんですけど、ロバート・ゼメキス監督は「ハン・ソロが解凍されるまで3年かかったことに比べたら、6ヶ月なんて大したことないよ」って言ってたとか。だから『パート3』は続編というよりも、最近流行の前後編モノですよね。
坂元 コレが映画史上初の「続編同時製作」だもんね。確かに、ハン・ソロが解凍されるされるまでの待ち時間は長かった(笑)。
上木原 『パート3』ではクララに惚れてどうしようもなくなっちゃうけど、やっぱりドクはカッコいい!それにしてもビフはシリーズ全作そろって悪いヤツだね(笑)。ジャイアニズム満載じゃん。あれだけ年鑑を大事にしないとはどんだけ人信じないんだって。『パート3』では先祖のマッドドッグ・タネンも悪いヤツ(笑)。そしてシリーズ通して肥やしの刑(笑)。でも、ビフがいて「BTTF」は生きるんだよね(笑)。トーマス・F・ウィルソン最高!(笑)
アキサン 最後は機関車のタイムマシンになっちゃっうという終わり方もステキ。そして前2作は「to be continued…」で終わっていたけど、『パート3』は「The End」で終わるんですよね。寂しい気もするんですけど、スカっと終わるからそれもまた良かった。今更続編とか作られない事を願います・・・・いや、でも作られたらそれはそれで楽しみですけどね。
上木原 最後にドクに教えてもらった「未来は自分で切り開くために白紙のまま」そのとおりだね。ストーリー、キャスト、演出、映像、音楽、全てが最高レベル!子供にも解りやすく家族で楽しめる作品だよね。出来れば「パート4」を観てみたいものだ。
アキサン 「BTTF」シリーズといえば、そのほとんどをTV放送で観たことになるんですけど、吹き替えのイメージ声優がまた個人的に興味深いんです。ドクことクリストファー・ロイドの吹き替えと言えば青野武なんですけど、青野氏がやってるのはソフト版のみ。テレビではほぼ穂積隆信。かたやマーティことマイケル・J・フォックスはソフト版だと山寺宏一、テレビ版では三ツ矢雄二。そして僕の中ではマーティは三ツ矢雄二なんですよね。三ツ矢・青野コンビの吹き替えは無いにもかかわらず。不思議ですね。フジテレビ版では織田裕二と三宅裕司がやってるのもあるようですが。近年のBSでは宮川一郎太と山寺宏一。マーティ役がドク役にシフトしちゃってますね。
坂元 あ、ゴメン、誰もついて行けないと思うからその話は止めよう・・・・。
上木原 マーティとドクの声がメッチャあってるよね!吹き替え派の俺にとって、特にドクの声優でもある青野武さんがたまらない。海のリハク、鷹の目ことミホーク、まる子のおじいちゃん、ブタゴリラの親父、そしてピッコロ大魔王・・・・彼の声で学生時代を過ごして来たようなものだからしっくり合うんだよね。声優の活躍も、この映画が日本ウケした理由のひとつだと僕は思うんだ。
坂元 ついてくるんだね。

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる