#191 インデペンデンス・デイ

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

何しに来てんだ宇宙人?

上木原 そう言えば、#141『スーパーエイト』の時も宇宙人について喋ったと思うんだけど、改めて読んでみたら俺メッチャ喋ってるね(笑)。「マガジン調査団MMR」「フリーメイソン」「ムー」「地球外知的生命体」「マジェスティック・トゥエルブ計画」「キャトルミューティレーション」「ロズウェル事件」「エリア51」・・・・こんだけ宇宙人ワード喋ってたらもう何も要らないでしょ。っていうか、もう出てこない。
坂元 確かに(笑)。
上木原 結局、地球外知的生命体って地球人にとってどんな存在なのか?善か悪か?思ったことない?昔は『E.T.』とか『未知との遭遇』はじめ穏便なのが多いけど、最近は侵略モノが増えてる気がするんだよね。坂元さんが“Go to Theaters”で書いてた『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』もそうだし。
アキサン 確かにこれだけ宇宙人に侵略されてる映画ばかりだと、宇宙人って地球に悪さしにしか来てないのか?と思いたくもなりますけど、中には『宇宙人ポール』のような映画もあるわけで。『ショーン・オブ・ザ・デッド』のサイモン・ペッグとニック・フロストコンビのSFコメディ。スピルバーグは本人役で声出演するし、終盤出てくる影の大ボスはまさかのシガニー・ウィーバー(笑)。SF愛というかスピルバーグ愛に満ち溢れてますよね。『E.T.』『未知との遭遇』『メン・イン・ブラック』他にも『タイタニック』『プレデター』と、パロディ満載。ポールが治療するときの仕草は『ベスト・キッド』のミヤギさんの仕草だし。ロレンゾ・ゾイルは何だろう?と思って調べたら「ロレンツォのオイル」だったり。楽しく観られるはずの映画なのに油断も隙もないんですよね。それがまた楽しいんですけど。
坂元 要は、宇宙人に対するイメージが安定していないから幾つもの方向性が作れるんだと思う。「意志の疎通が取れたら?」「逆に全く意思疎通が取れない相手だったら?」「いきなり攻撃してきたら?」「意外と友達になれたら?」・・・・とか。
上木原 もしかしたら地球外知的生命体って我々地球人に戦争など愚かなコトは考えておらず次のステップへ導こうとしてんじゃないかと。それなのに地球人は文明が進んでいるのを妬んで「敵」として考えてるんじゃないかな。まぁ「ヒガミ」ってトコだね。実は『メン・イン・ブラック』の地下シーンみたく身近な存在でコミュニケーション図ってるのかも知れないしね。スピルバーグや大川先生は野党的な感じ?(笑)地球外知的生命体はいるのかいないのか?UFOってホント?ウソ?そんなトコで話してるレベルじゃないんだよね。もし目の前に現れたら僕らは侵略者とみるか友好関係を築けるか?いつそんな日が来るか解らないけど、心を整理して彼らに逢った方がいいかも知れない。
アキサン 何か宇宙人が来る、って前提の映画ばかりでしたけど、よくよく考えたら『アバター』なんかは他の惑星を侵略する話なんですよね。衛星ナヴィに住むパンドラ達からしたらとんでもない話。そういや続編ってどうなってんですかね?2018年公開予定って話ですけど大分先の話ですね・・・・。
上木原 宇宙モノといえるか分からないけど、こないだ『グリーン・インフェルノ』観た。
坂元 宇宙人モノではないです、アレは「食人族」の映画ですね(笑)。
上木原 いや、地球人だけど知的外生物、現代人の想像を超えた人類も宇宙人とたいして変わんないよ。レンタル屋行く度に借りるか迷って1週間レンタルになったら借りようと思ってたんだけど、速攻で1週間になったのは何故だろう?(笑)
アマゾン森林で飛行中のプロペラ機が故障して墜落。そこは食人族の住む領域だったって話。まぁグロかった。ダルマにされるわ目玉やベロを生で食うわ、燻されるわ、仲間も食ってしまうわでコリャしんどい。9月にボディビルの大会あって只今絶賛低糖質減量中の僕には応えたけど、おかげで食欲なくなって助かってる(笑)。ダイエットには『グリーン・インフェルノ』に限る!けど食人族がまるで人肉BBQしてる姿は僕らがやってるBBQとさほど変わらないんじゃないかと思った。
アキサン 『グリーン・インフェルノ』、僕も大好きな映画なんですけど(笑)。環境破壊守りに行ったはずの先住民に食われちゃう、てか料理されちゃう映画。土井義晴あたりが「今日はね、新鮮な学生が入ったんでちょっと焼いてみましょか」みたいな感じで出てきそうな。
坂元 絶対出てこない。
アキサン これ、食人族のヤハ族を演じてるのはカラナヤク族って先住民の人達らしいんですけど、映画の文化も無かった様な人達なんで、映画の撮影協力してもらうために映画を見せたらしいんですけど、それがまさかの『食人族』(笑)。プリミティブな彼らは素直に『食人族』を見て、食人族を演じたって話なんですよね。このエピソード聞いた時には胸がキュンってしましたよもう。
坂元 へ~、それは面白いエピソードだね。むしろそっちのドキュメンタリーが観てみたい。
アキサン そういや宇宙人が地球侵略に来て、食用にしてるのってありましたっけ?『スカイライン-征服-』では人間の脳を回収してましたけど、あれは脳を採取して利用しているって感じでしたし、『宇宙戦争』は人間を肥料化してるような感じで。『プレデター』もマンハントしてますけど食べてるシーンは無いんですよね。
坂元 なるほど。そう言えばそうだね。確かに食わないな・・・・。
アキサン 『エイリアン』のチェストバスターは寄生してる感じだし。『スターシップ・トゥルーパーズ』のブレインバグは脳ミソ吸い上げしてましたけど、あれは知性を吸収してるような描写で。なかなか人喰うエイリアンっていないんですよね。いやまあ探せば「人喰いエイリアン」って映画もあるみたいですけど。カラコンはめて牙付けて鼻を黒く塗ったエイリアンが出てくる、って紹介文読んだだけでちょっと見る気失くしました(笑)。
上木原 そうそう、カンケーないけど矢追純一さんと僕は誕生日が1日違いだった。なんか縁を感じる。
坂元 「宇宙人話」って尽きないよね・・・・男のロマンだね(笑)。

参加者募集!

このディスカッションは、メールのやりとりのみで行われているバーチャル(死語?)な対談です。このコーナーには基本的に何の束縛も決まり事もありません。思いついたことを独り言のように書いていただければこちらで他の参加者とのメールと「会話形式」に編集させていただきます(掲載時には簡単な自己紹介文とアイコン用画像が必要です)。

現在募集中のテーマは2016年9月26日更新予定の『ゴジラ 2000 ミレニアム』(99年 大河原孝夫 監督)です。まずは気軽にメールを!
メール受付〆切は2016年8月31日(水)です。ご意見・ご要望のメールも大歓迎です。

参加希望メール送り先  sonic@sky.plala.or.jp 坂元まで

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる