ゴジラ 2000 ミレニアム© 1999 TOHO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

#193 ゴジラ 2000 ミレニアム

『シン・ゴジラ』も勿論面白かったけど、やっぱり「ゴジラ」と云えばこの『ゴジラ2000ミレニアム』!何と言ってもゴジラの造形が完璧すぎるんです!! by 魅楽流

『ゴジラ 2000 ミレニアム』
ゴジラ 2000 ミレニアム <東宝DVD名作セレクション> DVD発売中 ¥2,500+税 発売・販売元:東宝

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

ゴジラ、完全復活。

魅楽流 そういえば俺、ガメラはだめなんですよ
坂元 ほ~
魅楽流 正義の味方、子供の味方という立ち位置云々ではなくて、手足を引っ込めてそこからジェット噴射でクルクル飛行するじゃないですか、アレがどうにも納得できない(笑)アレさえなければ観てみたいんですけど。/td>
坂元 っていうか、ミニラのお母さんって誰?
魅楽流 実は以前にはゴジラもガオーのアレで後ろ向きに飛んだことがあったのですが、ちょいちょいコミカルなシーンを組み込むゴジラシリーズでも、それは流石にイカンだろうと内外からのバッシングが凄かったらしいですね・・・・ってことで、今回は『ゴジラ2000ミレニアム』!現在公開中の『シン・ゴジラ』に併せてのテーマで。
坂元 なんか凄い『シン・ゴジラ』評判良いよね。まずタイトルから絶妙!「シン」がカタカナってのがさ、「新」にも「神」にも「真」にも「臣」にも色々とれて深い。
上木原 確かに。「ゴジラ・ネオ」、「新世紀・ゴジラ」、「GODZILLA」でもなく「シン・ゴジラ」。もしホントにゴジラが出現したらアメリカの言いなりになり多くの犠牲を払うしかない日本・・・そんな虚構をリアルに物語として描いた作品だった。東京破壊シーンは絶望感しかなく精神的にかなりくるよね。ザッピングがとにかく上手く感情移入できた。あと被害区域以外では何事もなかったかのようにいつもの日常が過ぎていくシーンとかリアルだったのが印象的。
坂元 そうそう、設定がリアルなんだよね~。情報量が多すぎて理解し辛いところもあったけど。ゴジラが現れた時「今回の災害に当てはまる防災マニュアルが見当たりません!」って政府の対応が遅れたのがリアルで面白かった(笑)
上木原 カンケーないけど高橋一生の演技が個人的に大好きなんだよね。カッコいいし中性的だし声イイし顔シュッとしてるし作り笑いサイコーだしエロいし・・・・将来期待してるんだよね。ゴジラ映画って、ココ最近のあまりの批評でもう観ることはないと思っていたんだけど、今回は前評判良かったんで久しぶりに邦画観たよ。面白かった!見事にゴジラが敵だった。僕の中ではゴジラシリーズでは『ゴジラVSビオランテ』が好きだったんだけど、比じゃなかったな。
坂元 物凄くオリジナルに忠実なのに物凄く斬新という、凄い映画だよね。観客の気を持たすこと無く早々にゴジラが登場するところも良かった!最初は「いや、ゴジラちゃうんかい~!」と思ったけど(笑)
上木原 ゴジラというブランドが壊されかけてたトコに見事にやっていただけたと。東京アクアトンネルで崩落事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口が「謎の生物が事故を起こした可能性がある」と訴えるも最初は耳も貸さない閣僚たち。が、彼らが目にしたものは・・・・。実際にあんなのが突如現れた時、政治家・官僚の対処は?自衛隊は?市民は?賛否両論あると思うんだけど何故こんなに面白いのだろうって思ったら「エヴァンゲリオン」の庵野監督だったんだ。庵野監督お得意の大量テロップとネーミングセンス、中盤のゴジラの攻撃なんか使途まんまだもんね。内閣会議がネルフだし、エヴァのいないエヴァンゲリオンって感じ(笑)思うんだけど『シン・ゴジラ』ってゴジラファンとエヴァファン以外の人は共感できないんじゃないかな。
坂元 実はオレ、「エヴァ」は殆ど観たことすらないんだけど、そんなオレでも「エヴァンゲリオンみたい」って思ったもん(笑)
上木原 国民が総動員で協力したヤシマ作戦に対してヤシオリ作戦。ミサトさんと石原さとみのポジション似てるし、女性科学者はリツコと似てるし、極めつけば音楽ね・・・・そうアレ(笑)『踊る大捜査線 レインボーブリッジを封鎖せよ』でも出たアレね(笑)
坂元 あ、そんなに共通点があるんだ?街中で動かなくなった巨大像の不気味さが「どっかで見たよな~」と思ったけど、正にエヴァだよね。初めてゴジラを心底怖いって思った。
上木原 ハリウッド版『GODZILLA』はMUTOって怪獣出てきてゴジラが何故か人間びいきだったのに、今回は思いっきり敵!コレまでの怪獣同士を戦わせる作風に対し原点に戻った気がする。しかもアメリカのステルス戦闘機がぶっ放した核ミサイル攻撃にゴジラ怒ってとんでもないことに!全く歯ぁたたないし。オープニングのクラシカル東宝ロゴから始まりゴジラのロゴ。そしてエンディングの「ゴジラのテーマ」・・・・前回見たギャレス版ゴジラと明らかに違うし、今までとも何かが違う。人間がアナログ作戦で倒す!ソコが妙にリアルで新鮮でよかった。「スクラップ・アンド・ビルド」・・・・普段の意味と違いゴジラに破壊し尽くされた日本がまた再起するという意味なのかな。壊されても、もう一度作り直せばいい。僕ら日本人がずっと忘れてはならない言葉。さあ庵野秀明監督・・・・次は「シン・エヴァンゲリオン」でしょ!
魅楽流 『ゴジラ ファイナルウォーズ』で終了とばかり思っていたので『シン・ゴジラ』はありがたかった。もう見れないのかと思っていたから(そりゃ、造形はちょっぴり不満ではあったけど)またゴジラを観ることができて本当に幸せです!!しかも、初登場の回のリメイクなんで、また新たなゴジラシリーズが・・・なんて無いかもしれないけど期待しちゃうなぁ~♪
アキサン 結構な評判なんで観に行きたいんですけど中々タイミングが合わず。公開前は「庵野はゴジラなんか撮ってないでエヴァやれ!」って言われてたのに、公開されると「庵野はエヴァなんかやってないでシン・ゴジラの続編撮れ!」って言われてるそうで。

《前へ|1|23次へ》 1/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる