#193 ゴジラ 2000 ミレニアム

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

大事なのは、ゴジラのカタチ。

魅楽流 ってことで、今回のテーマは待望のゴジラですね!!俺は仮面ライダーが好きなんですけども・・・いや、むしろ仮面ライダーなんですけども、実は映画とかになるとゴジラが大好きで、邦画ではゴジラシリーズがナンバーワンなんですよ!!
アキサン #167で「ゴジラ」やってるからもうネタないです(笑)
坂元 ま、でも前回はもう2年以上前だし、今回は『シン・ゴジラ』の公開に併せてってことで魅楽流さんのリクエストでいきましょー
アキサン 前回の「ゴジラ」#167を再度読み返してみてたんですけど、やっぱり『ゴジラ2000ミレニアム』屁の評価は変わりませんね。エメリッヒ版『GODZILLA』の方が余程面白いです。てか、ゴジラ作品については#167で語りつくしてるんですよ。ほとんど悪口なんですけど。読み返すと辛辣すぎて酷い(笑)
坂元 確かに前回は酷評ばかりだよね(笑)あの時は確かハリウッド版「ゴジラ」としては二作目となる『GODZILLA』の劇場公開に併せて語ったんだけど
アキサン そうそう、#167時点ではまだ公開してなかったギャレス版『GODZILLA』。ゴジラがもう完全にヒーローになってましたね。怪獣王は救世主。監督のギャレス・エドワーズは1975年生まれだから僕と同い年ですよ。そしてwikipedia情報だと、好きなゴジラ映画は『怪獣総進撃』。なるほど納得がいく感じがします。アメリカは相変わらず放射能に関して寛容と言うか軽く見てるというか、原爆実験はゴジラ撃退のためのもの、とか。エメリッヒ版『GODZILLA』もフランスの核実験のせいだ、って描いてますし、そもそも反戦・反核の象徴のようなゴジラを何だと思ってるんだ、と言いたくもなるんですが。それでも原発事故と津波でグイグイ煽ってくる序盤は引きつけられましたね。サンフランシスコ上陸シーンではそのスケール感がビシビシ伝わってきます。後半はご都合主義が畳み掛けてきて何の映画観てるのか一瞬わからなくなるんですけど、フィニッシュブローが口の中に直接放射熱線!これはグッときました。『ゴジラ2000ミレニアム』もトドメは体内に直接放射熱線だったんですけど、飲み込まれながら出すのと、相手の口をガシっと開けてゼロ距離で熱線ブチ込むのとでは意味合いが違います。多分ですけど。
坂元 魅楽流さんがテーマに挙げた『ゴジラ2000ミレニアム』、前回では結構な酷評だったんだけど、ゴジラ好きの魅楽流さん的にはナンバーワンなんだよね?まずはどの辺が?
魅楽流 何と言ってもゴジラの造形が完璧すぎるんです!!大事なことなんです、ゴジラのカタチ。公開中の『シン・ゴジラ』も勿論観ましたしそれはそれは評判通りとっても面白かったんですけども、ゴジラのフォルムが残念で・・・いくらなんでもデカすぎるし、そのわりに腕ちっちゃいし、ガオーの時には顎パッカーンなるし。まぁ、好みもあることは百も承知なのでココから先はあくまで個人的主観に基づいて話していきますが、ちっちゃい頃に観たのは記憶があいまいなので、印象として根付いているゴジラ像は第2期からのそれということになります。
坂元 「平成ゴジラシリーズ」ね。
魅楽流 俺的な振り分けでいくと初代~70年代が初期、80~90年代が中期、そして激動のミレニアム以降って感じなんですが。どこか可愛らしくもあるずんぐりむっくりな初期ゴジラに比べてちょっと怖さも増していて、マッシブなシルエットというのが俺ら世代が一番観てきた第二期ゴジラのフォルムですよね。肉弾戦を主とする戦闘スタイルなのでそれなりに逞しい腕やドシッとした下半身は申し分ありませんでした。ですが、2000年に現れたミレニアムゴジラ・・・通称“ミレゴジ”をひと目見たときから俺はもうその姿に惚れてしまったのです。。デカイながらも低く構えた独特の構えに、特徴的な超カッコいいトゲトゲの背びれと長い尻尾!!
くっは~♡たまらん、キュンキュンするぜ♪・・・・てゆーか、造形の話題では絡み辛いすか!?(汗)
坂元 いやいや、そんなことはない。「見た目」は何より大事だと思います。怪獣だし。
魅楽流 とにかく俺にとって「ゴジラ」ってのは至高の存在・・・「神か、悪魔か!?」「敵か、味方か!?」なんてそんなことどうでもいい、究極にして唯一無二の存在「古今無双の怪獣王」なんです!!
坂元 そういう意味でもオレ的には第一期、いわゆる昭和ゴジラシリーズが好きなんだよなぁ。モスラとかキングギドラとかラドンとか、終いにはメカゴジラなんてのまで出てきた、あの着包み感満載の雰囲気が好き。確かに頭でかくてカッコ悪いけどさ(笑)
魅楽流 歴代ゴジラの造形の変化を辿るだけでも楽しいのですが、こないだ久しぶりに観返したんですけども、やはり初代は映像とか撮影アングルとかでも恐怖が伝わってきますよね、モノクロだし(笑)なにより、未知の巨大未確認生物が初めて出現するという恐怖が凄まじい!この初代ゴジラは本当に未知の巨大未確認生物なわけで、こんな巨大で恐ろしいものにどうやって対処するのかというハラハラ感は今でも色褪せてませんでした。芹沢教授や轟天号というゴジラシリーズにおいて欠かすことのできないキャラやアイテムもあり、やはり原点としては最高の作品ですよね!!最近ではあまり観なくなってしまいましたけどキングギドラやモスラ、ガイガンとかのライバル怪獣が登場してくワケですよ、けどまあ、ちっちゃい頃は面白くてよく観ていたけれど最近はその辺はもうどうでもよくて(笑)
坂元 オレはどっちかっていうと主役のゴジラよりVS怪獣の方が毎回楽しみだった(笑)
魅楽流 初期の最後あたりに登場したヘドラは印象に残ってますね!確か地元の公民館かどこかであった映画を観に行って、それが『ゴジラvsヘドラ』で。ちょうどそのころ公害の話とかも聞こえてきてたようなこともあったんで、公害怪獣ヘドラはホントに怖かった。中期はキングギドラやモスラ、メカゴジラなどのメジャー怪獣との再対決からでしたが、後半は新作の度に新しい強敵が現れてきたのでシリーズとしては一番楽しい時期だったと思います♪鹿児島が壊れたのもこの頃だったはずですよね。
坂元 昭和40年代ってほぼ毎年「ゴジラ」の新作が公開されてたんだね・・・って思ったけど、よくよく調べたら平成に入ってからも16年まではほぼ毎年公開されてるね!凄いなぁ・・・
魅楽流 平成に入ると「VS人間」という部分も見所なんですよ。伏線になる人間ドラマとかも邪魔じゃなくしっかりしてるというか、観ていて邪魔じゃない程度ですけど・・・・。『ゴジラVSビオランテ』のときとか、幼心にも”深いなぁ~”みたいな感情を覚えた記憶がありますもん。
坂元 『ビオランテ』こないだHuluで観たよ。途中で寝ちゃったけど。

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる