#194 ブリジット・ジョーンズの日記

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

レッスン1:女性が共感するポイントとは

坂元 シホさん、ゴメン・・・・やっぱ男にはこの映画の深さを理解できないみたい(笑)。
シホ 『ブリジット・ジョーンズの日記』、私が29歳の時に上映されたんです。1つ上の仲良しの先輩は「心が痛くなって観れない(涙)」と頑なに拒否してましたが、私は、おもしろくて悲しくて「あー、わかるわぁ~」って観てました(笑)
坂元 確か当初は全米でも少ない劇場のミニシアター系でやっていたけど「等身大の独身女性を描いた大傑作!」って、女性からの絶大なる支持(共感)でどんどん劇場数増やして大ヒットしていったんだよね。因みに、シーンでいうとどの辺に共感するの?
シホ 新年のパーティでバツイチの男を紹介されるシーン。弁護士で職業的には申し分ないのに、着ていたトナカイのセーターに幻滅するところ(笑)。するのよ。幻滅。本当に。スーツ姿はかっこいいのに、休日に会ったら私服姿に絶句することって結構あるのよ。自分だってそんなこと言える立場でなくてもよ。そう思っちゃうのよね~。
坂元 (笑)!あれは面白いよね(笑)
シホ それから、ヒュ ー・グラントがほんっとうにダメ男で、ダメってわかってるのに、なぜかそっちに惹かれるのもすごくわかるなぁと。で、パーティーに着ていくドレスが体にぴったりだから補正するデカパン履いていくか?でも、もしものことがあった時のためにセクシーな下着を履いていくか?って悩むんだけど、結局デカパン。そんな日に限ってやっぱりいい雰囲気になっちゃう。あー、なんかもー。「どうしてなの?今日に限って、安いサンダルを履いてた」ってユーミンが歌った“ディスティニー”の歌詞でも言ってるでしょ。そんな女をみて、男性は何を思うんだろう?トナカイのセーターみたいに幻滅するのかなぁ。
坂元 どうだろうね?相手の何処で幻滅するか?は男女問わず人ぞれぞれなんじゃないかな。例えばオレは伝線してるストッキングを平気で履いている女性を見ると(幻滅までいかなくとも)「ちょっとそれは・・・・」と思うけど、トナカイのセーター着てても「個性ある人だな~」って思うだけ。なんていうか・・・分かり難いか?(笑)話変わるけど、ダメ男を好きになる女性っているよね(笑)。で、そんな女性に限ってなかなかいい女性だったりするんだよ(笑)。
シホ 不思議と、どうしてもダメ男ってわかってる人に惹かれちゃうんですよね(笑)。で、なんとなーく、その人と上手くいく夢を見る。ブリジットは上司にもあっさり振られ、トナカイセーターの弁護士も結局別の人と婚約しちゃう。なんかもー。一人で部屋で呑んだくれて(決して部屋着もかわいくない)、「All By Myself」なんか熱唱しちゃうの、あれわかるー。外では頑張ってても一人の部屋に帰ったら、あんなになることよくあるもんね。
坂元 シホさんもそんな時あるんだ?
シホ そりゃあ、あるよ。必死になることだって。白鳥みたいに水面下は絶対見せないけど。

レッスン2:フィットネスのススメ

坂元 そう言えば上木原さん、こないだボディビル・デビューしたんだってね。しかも結果、ルーキー優勝!九州フィジーク3位!鹿児島ボディビル総合部門3位!趣味のフィットネスから究極のフィットネス「ボディビル」へ転向ですね。凄い!おめでとうございます!
上木原 参加選手も50人近くて観客も多く、僕にとって人生サイコーの一日だった。フィットネスは健康になるしポジティブになるしShort cutメンバーにもオススメしたい!
坂元 しかし今回、全然語ってないけど、やっぱこの手の映画は苦手?
上木原 いや、っていうかね、「ブリジット・ジョーンズ」みたいな人生はありえない。そんなうまい人生あるわけないんだよ。まずは女性も男性も第一印象が絶対大事。デブで食欲旺盛でアル中でヘビースモーカーで料理も出来ずヤニ臭い女がモテる訳ない。女性だけでなく男も、自分のすべてに意識が高い人がモテると思うんだ。
坂元 はい、すみません。
上木原 前にも語ったけど、僕は映画に出会って初めて恋した女性は“ジェニファー・ラブ・ヒューイット”だった。『スクリーム』に出てた彼女ね。彼女が昔リーバイスのCM出てた頃にガキながらコーフンしたの覚えてる。街を歩いて誰もが振り返る・・・・なかなか無いシチュエーションだけど、コレこそ人間誰もが夢見る人生なんじゃないかなって。『ブリジット・ジョーンズ~』でも最後にレニーがコリン・ファースを下着姿で追いかけるあのシーンはまさにリーバイスCMとカブったけど、あまりにブサイクで僕的にはちょっと無いかな・・・・と(笑)。大人が夢見る妄想じみたご都合少女マンガってトコじゃないでしょうか。まぁ映画だからって言えばそれまでだけど。
坂元 珍しく辛口だね(笑)
上木原 あぁ、スミマセン!そんなつもりは無いんだけど、なんていうか・・・・ブリジットにはもっと努力してほしかったな、と。中から外からキレーになるためには努力が必要。ソコを描いてほしかった。『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイみたく。やっぱ男だからなのかな・・・・女子ウケはいいと思うけど、どうもね・・・・
坂元 確かにこの逆(男と女が)の設定ってあまり無いよね。ダメ男がいいオンナを巧くおとしても結局最後はバチが当たる感じじゃない?(笑)
上木原 特に気に喰わないのが、コリン・ファースとレニーの会話の中で元妻の日本人女性の話をするシーン。「奥さんは日本人だったの、残酷な民族」ってパーティーでの会話。南京大虐殺もそうだけどそんな資料残ってないんでしょ?未だイギリス人は日本人をそう思ってるのが悲しいよね。切腹だ!侍だ!って刀振り下ろすとでも思ってるのかね・・・・
坂元 オレは最初から「コメディ映画だ」と思って観てたからなんとも思わなかったけど、そういうところがオレの油断してるところかもなぁ・・・・身体と一緒で。もっと鍛えないと。
上木原 ただ劇中の音楽は良かったからサントラ早速DLしたよ。ジェイミー・オニールの「ALL BY MYSELF」、曲は知ってたけどこんな悲しい歌だったんだね(笑)そしてファースとグラントのケンカシーンの音楽、ジェリ・ハリウェルの「It's Raining Men」!ダンススタジオでよく踊るナンバーなんだよね~。サントラはイイ(笑)
坂元 いいよね。オレも持ってる。
上木原 フィットネス、ヘア、メイク、ネイルに習い事など、僕の周りは自分磨きしてる女性がが多い気がする。もっと女子力上げたいから、もっと綺麗になりたいから、いつか現れる運命の男性のために・・・。そんな女性が僕は好きなんだよね。だからブリジットはチョット・・・・。そして何故にフィットネスが人生に必要かというとね、「筋トレ→ストレス解消→テストステロン分泌→やる気向上→体型改善→健康になる→自信がつく→仕事も私生活も調子上々→自分を好きになれる→人生最高!」という最高のポジティブ連鎖なんだよね。だからブリジットみたいな恋物語夢見てる人は白馬の王子様は落馬してると思う。あとコリン・ファースとヒュー・グラントにはレニー・ゼルウィガーよりジェニファー・ラブ・ヒューイットが似合うと思うんだよな。
坂元 今回の上木原さん、Short cutに参加して以来初めての酷評だよね(笑)いつもはどっちかって言うと褒め倒すのに(笑)
上木原 ・・・あれ?ホントだね。今までのテーマがこんなんじゃなかったから抗体が出来てないのかな?「女性が共感できる映画」・・・・正直わかんない(笑)。でも、モテる女性の定義っての僕なりにあってさ、youtubeで「ジェニファー・ラブ・ヒューイット・CM」検索してみて。コレみたら15秒で解るから(笑)

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる