#195 キングスマン

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

スパイ映画といえば

上木原 マシュー・ヴォーン監督ってまだ若いね。スゲぇマニアックじゃない?シリアスなスパイ映画をココまでド派手に作る監督はみたことないよ。しかも相当スパイ映画好きなんだと思う。色んな映画シーンのオマージュがあったもん。しかし、スカイウォーカー老けたね・・・・解らんかった。あと、冒頭でエグジーがチンピラの車盗んだでしょ、スバルのインプ。そしてパトカーはプジョー。まさにWRCだったよね。三菱もスバルもまたWRC参戦してほしいよな。「007」や「ミッション:インポッシブル」とか、アクション要素が多いスパイモノのカーアクションシーンって最高にいいよね。
井上社長 『キングスマン』はスパイアクションに分類されるんでしょうけど、僕が思うにスパイ映画ってサスペンスなんです。「007」シリーズとか「M.I.」シリーズはアクション映画かな。なんというか、スパイという日陰者の哀愁やスリリングさがない。ド派手すぎて。この『キングスマン』もスパイアクションではあるけど、師弟の成長ものというジャンルの匂いを強く感じましたねえ。『ベスト・キッド』とか、あと『トレーニング・デイ』っていう、デンゼル・ワシントンが悪徳刑事の役で出てくる映画に共通する何かを。「お前もそのうちわかる」的な。男の成長は映画には欠かせないテーマです。
坂元 なるほど~、確かに一言で「スパイ映画」といってもサスペンス寄りとアクション寄りがありますよね。最近は完全にアクション寄りばかりが目立つけど。僕的に「スパイ映画」といえばやっぱ「007」シリーズです!特にダニエル・クレイグになってからの映画はメチャクチャ面白い!中でも個人的には『スカイフォール』が一番好きだな~
魅楽流 「007」シリーズは全部観てきた!とゆうわけではないのですが、やっぱりなんでもこなすボンド氏には憧れますよね。俺は実は、何を隠そう知識や体力にはこれっぽっちも自信はないのですが、胸毛においてだけは歴代ジェームス・ボンドをも凌駕するほどのものをたくわえているいるんですよ。どうでもいいですけど。あと、『ミッション:インポッシブル』はトムさんのバイクアクションが毎度かっこよかったりするんで、数少ない「俺がちゃんと映画館で観る映画リスト」に入っているほどです。スパイ映画といえばこの2つくらいしか思いつかないんですけども、他に何か有名なとゆうかオススメの作品ってあります??
井上社長 スパイらしいスパイ映画といえば、一番は『裏切りのサーカス』。これは面白かった!そしてタイトルが全然出てこなかった(調べました)。心理戦、実話、そして老スパイ・スマイリー役のゲーリー・オールドマンの渋い演技。多分スパイ映画といえば僕的にはこれがナンバーワンかな。これに出ている俳優陣も曲者らしい人ばっかり。そういえば『キングスマン』のコリン・ファースとマーク・ストロングどちらも出てましたね。もう一回見たくなった。
坂元 それにベネディクト・カンバーバッチやトム・ハーディ、ジョン・ハートなんかも出てたし。いやぁ~、今考えても物凄い実力俳優陣揃い!
アキサン CIAのMKウルトラ計画を題材にした『エージェント・ウルトラ』観たことある?ジェイソン・ボーンのような凄腕エージェントを洗脳によって育成(?)していたという眉唾な実話ベースのアクションコメディなんですけど、バカしか出てこないボーンシリーズというか。ダメ人間かと思ったら強いパターンの映画ですね。異常者揃いのタフガイ達とか振り切ってるCIA職員とか。ゴロ寝でビール飲みながら観るのに一番良いタイプのスパイ映画(?)でした。あと、ゾンビ映画なんかで「立てこもるならホームセンター説」ってのがありますが、ゾンビ相手じゃなくてもホームセンターの有用性がよくわかる映画でしたね。チリトリの正しい使い方がわかります。
坂元 観たこと無いなぁ~、面白そうだね。
アキサン あと、カチッとしたスパイ映画も観ておこう、と思って観たのが『ブリッジ・オブ・スパイ』。これは純然たるスパイ映画と言いますか、導入部分は眠いんです(笑)。『裏切りのサーカス』なんかもそうなんですけど、飲みながら観てると眠さがグイグイ襲ってくるんですよね。
坂元 それはただの飲み過ぎじゃないの?
アキサン しかし、導入部を乗り切れば流石スピルバーグ監督、グイグイ物語に引き込んでくれます。電車内でジムを見る目、自宅に撃ち込まれる銃弾、東ドイツではチーマー(死語)からエアマックス狩りならぬコート狩り等々。罰ゲームのラッシュに観応え充分。よく考えたらスパイ映画というか弁護士映画なのかもしれませんね。そして、トム・ハンクスの安定感もさることながら、アベル役のマーク・ライアンス。中盤ほぼ出番無いんですけど、終盤に再登場してから存在感がスゴい。その役者が揃った感たるや。でもあんまり見ない役者さんだな、と思ったら舞台俳優さんなんですよね。そしてこの『ブリッジ・オブ・スパイ』では多くの助演男優賞獲ってました。今度はスピルバーグの新作『BFG』で主演やってるようなんでちょっと観てみたいですね・・・って調べたら“巨人”の役ですね。ディズニー映画だし子供と観てみます。
上木原 『キングスマン』で、敵のアジトに潜入したエグジーがマティーニをオーダーしたセリフ覚えてる?「マティーニを・・・・無論ウォッカでなくジンで」このセリフ聴いたとき、そういえばスパイってマティーニ好きだったなとふと思った。「スパイはマティーニ?」「いやスコッチだ」そんなセリフ思い出して、久しぶりにアレ観た・・・・トニー・スコットの『スパイ・ゲーム』。ロバート・レッドフォードが愛弟子のブラッド・ピットにスパイの有様を伝授していくトキのセリフで「スパイはマティーニ」てなコト言ってたよね。いや~久しぶりに観たけどやっぱり面白い!中国に囚われCIA組織に見殺しにされた愛弟子ビショップを救出しようとする先輩スパイ、という物語。「007」や「M:I」シリーズと違い、処刑執行まで24時間。救出を阻止しようとするCIAを手玉に取るように翻弄し、建物の中で電話と人脈だけで愛弟子を救出する姿は圧巻だった。「ディナー作戦」のくだりは特に最高!しかしレッドフォードの若い頃はブラピにソックリだな。ため息しか出ない作品だった
井上社長 そうそう、これもなかなかタイトルが出てこなかっただけど『スパイ・ゲーム』。ブラピとロバート・レッドフォードの師弟スパイ映画。面白かったね。他にも記憶に残ってないけど傑作スパイ映画ってもっとあった気がする・・・・。スリリングなスパイ映画って話が複雑で登場人物も多くて難解なものが多いでしょ。だから面白いスパイ映画って観終わったら結構な疲労感がありますよね。しかもなかなかタイトルを覚えてない。その点、スパイ「アクション」はすぐに思い出す。なんか複雑な思いです。
アキサン スパイ物の引き出し増やそうと思って今までキチンと観てなかった『ミッション:インポッシブル』シリーズの1作目と最新作の『ローグ・ネイション』を観てみたんです。今までの知識は2作目で鳩が飛ぶことぐらいでしたので。2~4作目を観てないので何とも言えないのですが、イーサン・ハントって結構失敗してるような気がするんですけどどうなんでしょうか?
坂元 笑!確かに!絶体絶命のピンチをいつも切り抜けていくんだけど、そのピンチを作ってるのって結局イーサン・ハント自身だったりするんだよね(笑)。
上木原 そういや先日『ジェイソン・ボーン』観た。てかボーンが更にメチャクチャ無敵になっていた(笑)。僕の中のイメージでは「ジェイソン・ボーンはボロ車でカーチェイス」「ジェイソン・ボーンは脱がない」「ボーン映画には美女が出演しない」ってイメージだったけど今作は違う・・・・『リリーのすべて』のあの可愛い女性がいたし。あと、『ドーベルマン』『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセルがいい味出してた!そして缶コーヒーBOSSのCMのイメージしかないトミー・リー・ジョーンズが・・・・。旧型ミニやボロタクシーでのカーチェイスからいきなりの新章ではマッスルカー・ダッジチャージャー!ベガスのど真ん中で装甲車VSダッジ!『ワイルド・スピード』のドミニクか『アウトロー』のジャック・リーチャーしか似合わないチャージャー・・・・ボーンもダッジがメッチャ似合うじゃん!人混みで落ち合う、電車で移動、恋愛はしない、ライフルスコープで観察、ジャッキー並にその辺のモノを武器に変える・・・この辺は変わってなくて安心した。一番変わってなかったトコは「自分探し」ってトコかな。けど、ある程度自分が何者か解ったから「ボーン4」はどうなるんだろう?今回「新章始動」って言ってるから勿論あるんでしょ?

《前へ1|2|3次へ》 2/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる