#199 桐島、部活やめるってよ

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

青春時代を思い出させる映画

坂元 で、今回のサブテーマである「自分の青春時代を思い出させる映画」なんだけど、どう?
えりか 私の青春映画といえば、『世界の中心で、愛をさけぶ』です(笑)小学生の頃に『平成狸合戦ぽんぽこ』を劇場で観て以来、初映画館デートで10年ぶりに映画を観に行ったのがこれで妙にドキドキしながら観たのが忘れられません~。ちなみに『平成狸合戦~』も、父の田舎に帰省した際にたまたま近所の文化ホールでやっていて(つまり正式には劇場ではないのです・汗)兄弟や従兄弟と暇つぶしに観に行っただけだったのですが、それでもやっぱり大きなスクリーンで観る映画に釘付けになったのはすごくよく覚えています。
坂元 今回ホストのホリケンさんはどう?『桐島~』は確かに面白かった!学園映画のオススメ、他に何かある?
ホリケン う~ん・・・・『桐島~』が断突で面白過ぎるので他の学園映画が出てこないのですが、コメディ映画ならオススメのが一本ありました!『逆境ナイン』という漫画原作の映画なのですが、こちらは主人公の不屈闘志(玉山鉄二)から全ての役に共感は出来無いにしても、ヒロインに「帰りにジャスコ行こうぜ!」と言ってフラれるシーンとエンディングでかかる岡村孝子の「夢をあきらめないで」は必聴です。
えりか 私、青春時代は部活に明け暮れてたんで全くと言っていいほど映画には無縁でしたが、当時付き合っていた彼が映画好きで『ピンポン』とか『狂気の桜』とか『8Mile』とか、友達と映画を観に行った話はよく聞きました。
坂元 あ、えりかさんが観たんじゃなくて、観た話を聞いてたんだ?(笑)
えりか そう(笑)当時は特に興味もなく、タイトルと出演者と主題歌くらいしか頭に入ってこなかったですが、大人になってから観てみると、その時の会話の内容を鮮明に思い出したりして不思議でした(笑)そして、『狂気の桜』とか『8Mile』とか、当時の私からしたらすごく大人びた(?)世界で、あんな作品を好き好んで学生のうちから観ていたなんて!と驚きましたね。単純に好みの違いや男女の違いもあるのでしょうけれど。
坂元 なるほど~(笑)えりかさんのオススメを1本挙げるとすれば?
えりか 宮崎あおいと瑛太と、永作博美と西島秀俊というキャストに惹かれて観た『好きだ、』ですかねぇ。セリフが少なかったり全体的に暗いトーンで、ストーリーはぼんやりとしか覚えてないのですが、川べりで宮崎あおいが瑛太にキスするシーンは前後の笑い合うところも泣き出してしまうところも含めてすごく印象的でした。好きと言えないくすぐったい感じとかもどかしい感じとか、あぁ~こんな時代があったなぁ。。と懐かしくって(笑)
坂元 上木原さんは?
上木原 20代前半、がむしゃらに仕事していた頃、学校生活が懐かしくて実家に帰る度、クラス会をしていたんだよ。その頃は学園群集劇モノが好きで「金八先生」シリーズを観ていたな。住んでる場所も北千住でちょうどリンクしててさ。
坂元 「過去には捕らわれない、これからの50年を~」って言ってたけど、まだその頃は自分で同窓会を主催してたんだ(笑)金八先生、オレも観てたなぁ~。でも考えてみたら「金八先生」って映画版は無いよね?確か。あれだけ長くシリーズが続いてスペシャル版もたくさんあるのに。
上木原 俺が観はじめたのは「第5シリーズ」からなんだけど、あの学級崩壊のテーマは衝撃的だったなぁ。特に風間俊介クンとか未だ金八のイメージあるくらい。「第6シリーズ」では性同一性障害の女性を演じた上戸彩。彼女も綺麗だけど役的に今でもそうなんじゃないかと思っちゃう。で、「第7シリーズ」ではまさかの覚醒剤問題!コレには「ここまできたか!」と思った。濱田岳もこの頃から知ってる。そんな役者ももう立派な大人で・・・・僕の20代前半はある意味、金八先生に青春と人生を教わった気がするなぁ。
坂元 確かに「金八先生」ってオレら世代には絶大だよね。ある意味“学園ドラマ”の金字塔だし。あと、映画で言えば何か思い付くのある?
上木原 「自身の青春時代を思い出させる映画」って言ったって、高校のころは知覧から天文館の映画館に来るまで遠すぎたからね・・・。思い出すことと言えば・・・・知覧に住んでた俺は毎回毎回天文館来るときはバス代ちょろまかすため運転手に見えないよう隠れて郡元辺りの整理券取って郡元⇒天文館の料金しか払ってなかったな(笑)そのときの彼女にも同じコトさせて数日後フラれたし(笑)観た映画はやっぱ「ビー・バップ~」だったよね。『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌』(笑)あのボンタン狩り城東のテル編(笑)!最近ソフトバンクのCMでジャスティン・ビーバーが青い学ラン着てるのみて「城東の学ランじゃん」って思ったの僕だけじゃないはず(笑)で、観終わった後天文館をブラブラするのがステータスだったな(笑)今みたいにレンタル屋も無きゃウェブも無い頃、映画はもっぱら日曜映画劇場、金曜ロードショーとかばっかだった。いわずと知れた『ランボー』『ロッキー』のスタローンモノ。今は便利な時代だな・・・。
坂元 だよね、近所にレンタル屋があればまだいいけど、その環境(立地)も何処にでもあるワケじゃなかったもんね。今みたいにネットで気軽に観れるなんて、ホント有難いよなぁ~。
上木原 毎日決まったルーティンで特に緊張もなくSNSでどうでもいいことつぶやいてばっかの奴等に言いたい「オッサンでもジジイでも青春はまだまだ出来る!」と。もっと青春をしたきゃ、まずはボディビルかマラソンだね。
坂元 上木原さん、こないだの鹿児島マラソンも走ったんだよね?
上木原 豪雨の中、目標であるサブ4、いわゆる3時間台で完走してきたよ。この記録出すために2月は250キロ以上走った。僕は毎日、青春してる感じで生きてる。マラソンも終わり今度の目標は秋のボディビルコンテストに向けてスタートしたし。まさに1年中オッサンの青春生活!何もなく毎日過ごすより「自分とは?!」的なアイデンティティの確立が必要な生活をしたいんだよね。
坂元 「オッサンの青春」いいね!(笑)アキサンはどう?「青春時代を思い出させる映画」。
アキサン ・・・・・無いなあ(笑)青春映画ってのは色々あるんでしょうけど、心にフックする青春映画って無いんですよね。青春映画というカテゴリーで面白かったのは『ピンポン』とか『青い春』とかなんですけど(両方とも松本大洋の漫画が原作ですね)。僕の青春とすれ違う部分は一切無いんですが、それ故に「そんな青春もありだったな」と思わせてくれるというか。むしろ映画よりも漫画のほうがツボは多いんですけどね。安達哲の「キラキラ!」とか「さくらの唄」とか。今読んでも甘酸っぱいものが胃からこみ上げてきます。
坂元 それはきっと逆流性食道炎だよ。
アキサン 青春映画って、体育会系のスポ根物か、あとは吹奏楽とか書道部とかのちょっとオシャレ(?)な文化系の部活ばっかりで、漫研とかアニ研とか、そういうダークサイドというかオタク的なのって中々取り上げられないような気がするんです。いや実際、そっち系の人が作っちゃうと痛々しくて観てらんないというか内輪ネタとかに走られてしんどそうなんですけど。多分にそういう人たちはアニメ映画に行っちゃうんですかね。
坂元 『バクマン。』とか異例と言えば異例だもんね。
アキサン そういう意味で僕の青春時代を思い出す映画となると・・・・ありました!『セトウツミ』ですね。もうあんな感じです。ダラダラとした毎日。特にコメントも出てこないです。あんな毎日が楽しかったんですよ。ダラっとした日々の隙間で絵を描いてゲーセン行って西駅のめんめん亭(時々ニコニコラーメンとか西駅ラーメン)で200円ラーメン食って帰る毎日。あの日が今に繋がってるんだと思うと感慨深いものが・・・・

学生時代はどんな子だった?

上木原 ところでさ、みんなは学生の頃ドコのグループだった?俺は、勉強はクラスで真ん中の上くらいだったな。で、髪はMG5で“リーゼント”。好きな音楽は“矢沢永吉”と“南野陽子”。好きなブランドはミチコロンドン、パパス、パーソンズ、ミキハウス。愛読書は「ヤングオート」「ヤンキー烈風隊」・・・・
ホリケン 僕はがっつリスクールカーストの外でしたね(笑)なので劇中の映画部の前田君たちの動きと言動がシンパシー感じまくりで。勉強は中の下でしたが、カメラや編集の専門学校では主席でした。というのも周りがそんなに・・・。で、なかなかのくせっ毛なのに、真ん中分けにするもんだからおでこにハートマークできてました(笑)、音楽は何故かザ・イエローモンキーばかりを聴いていましたね。歌詞の意味も分からず。あと、好きなブランド?・・・・唯一ロゴがカッコイイという理由でナイキのスニーカーの廉価版ばかり履いていました。愛読書は、当時「ドラゴン・ボール」や「キン肉マン」が流行っていたのですが、一貫して「聖闘士星矢」と「ジョジョの奇妙な冒険」を。高校に入ってからは内容が漫画な小説になって「ロ-ドス島戦記」「銀河英雄伝説」「創竜伝」が愛読書でした。
上木原 バイクとか乗ってた?俺はジョグ改(アンダーカール、テールカール、パワーフィルター、スモークテールetc・・・)で、乗りたかった車はソアラ3000GT、乗りたいバイクはCB400F。
ホリケン バイクのゴテゴテの改造もロマン♡やりたくなりますよね~。で、暫くして落ち着いて見たらほぼ全部外してみたりして怒られるパターンで(笑)僕の遍歴は、通学用ママチャリ→原チャリ(DioZX)→軽貨物(機材車)→インテグラ→インプレッサ→S2000→軽貨物とプリウスα(いまここ)ソアラとかロマンですよね♪僕もS660(オープンカー)とか欲しいんですが、かみさんに一蹴されますwww
坂元 部活とか入ってた?
上木原 バスケ部に入ってた。男子校だったけど女子もいて少しモテた気もする。彼女もいたりいなかったり。で、初めて観た映画は『ホットショット』。俺の学生時代ってこんな感じかな・・・・
ホリケン 僕も中学バスケ部でした!下手でしたが(笑)今の中学生って上手ですよね(完敗)高校時代は3年生の美人な先輩に憧れて少し興味のあった弓道部へ入ったんですけど、3年生って思ったよりすぐ引退してスゲー寂しかった思い出しかないっすね・・・・。彼女?共学なのにオタク&アガり症なのでモテる要素は皆無でしたよ。初めて観た映画は・・・・どういういきさつで観に行ったかは覚えていないのですがロビン・ウィリアムスの『Hook』です。で、能動的にデートで行ったのがジム・キャリーの『イエスマン』
坂元 テルオさんは?どんな学生時代だった?
テルオ 自分は『桐島~』に出てくるカーストっぽいのが苦手でスキマ産業的なところを狙ってました(笑)人間関係はあっさり、エイゴが学年1位で理科が0点とか、テストの点数だったり授業中居眠り続きで笑われたりしてましたね。髪型は毛先パーマとか色つきのリボンとか。音楽は学校帰りにバービーボーイズのLPを友&愛で借りたり、スザンヌ・ヴェガとかボ・ガンボスとか聴いてました。「魚ごっこ」とか「見返り不美人」とか好きだったな(笑)洋服はBIGIビルが聖地でした。部活はバレー部、「ピンチを広げるピンチサーバー」でフェードアウト(笑)こんな感じでした。
坂元 アキサンはどこのグループだった?・・・・アキサンって何処のグループにも属さない感じだけど(笑)
アキサン 高校生時分のグループですか・・・僕はこのガタイでありながらも、恐らく鹿高イチ生産性の低い「アニメ・イラスト同好会」に入ってましたからね(笑)部室に集まってお菓子食べてみんな集まったらゲーセンに行って「ストII」の対戦に勤しむという不毛な集まり。それでも年に3~4回は部誌と称してポンチ絵を集めてコピーしたのものを各クラスにばら撒いてたりはしてたんですけども。部員の多くがアニメみたり漫画読んだりするだけの「消費」のみの連中が多かったんで(あるいは僕らの世代の前には立派に活動されてた方も大勢いらっしゃるんだとは思いますけども)、部長ぐらいしかまともな絵は描いてなかったんですけどね。
坂元 アキサンもかなり巧いじゃん。
アキサン いやまぁ、僕もそこそこ描いてたんですよ。それこそ産業デザイナーなぞを目指しては美術部掛け持ちして美大を受験したり。でも今になって思えば勉強よりマシだわ、って程度なんですよね。志が圧倒的に低い。受かるはずも無く。で、卒業して美大浪人でもしようかと思い、とりあえず映画を沢山観て感受性高めて行こうと思って映画館に足を運んで観た映画が『ピアノ・レッスン』で。ピアノも重いけど、観に行く人間のモチベーションが薄っぺらいので映画も相当に重たく感じ、当時の印象は「クソ重たくてツマンねえ」だったんですよね。浅はか。で、高校は男女別クラスの併学だったので、そんなスクールカースト的なのは無かったですね。制服は学ランだったんですけど、標準のスボン履くほど鈍では無く、目立ちにくい感じのボンタン履いてました。そういやちょっとイキってる子らは何故かベルボトム履いてましたね(笑)今でも謎です。成績はまあそこそこ。チョイ上でした。試験の時は問題用紙の切れ端に解答書いて前の席の子に飛ばしてあげたり。適度に不真面目でしたけど、先生に露骨に怒られるようなことも無く。タバコも吸わず。悪ぶってるクセに隠れて吸ってる連中の事をダサく感じてました。で、堂々と酒飲みに出たりとかしてましたけど。カバンは芯抜いてペッタンコにして自作ステッカー貼ったりしてましたね。なのに絵描いてるという(笑)
魅楽流 おいらの学生時代はですねぇ~。
坂元 あ、ゴメン!魅楽流さんは今回ボツになってるんだよ・・・・だから学生時代の話しとか要らない(笑)
魅楽流 マジ?!結構頑張って書いたんだけど・・・・
坂元 マジです、ゴメン。また次回宜しくお願いします~(笑)

《前へ12|3|次へ》 3/3ページ

一番上にもどる      紹介作品一覧へ     ホームヘもどる