こだわりパン あんじぇりこ

水にこだわったふっくらパン
移動販売でもお馴染みの人気店

 バターの風味がきいた“ホテル食パン”や、アーモンドの香りがする“メロンパン”は、オープン以来愛され続けている定番の味。お店はオープンカフェのようなイートインスペースと、レモン色の明るい外観が印象的だ。また店内にはキッズスペースもあり、子連れでも安心して買い物が楽しめる。「パンの特徴は不純物を取り除いた純水を使用していること。生地がふんわりと艶やかに焼き上がり、体に優しいんです」とはオーナーの原澤さん。パンは移動販売も行っており、エリアは県内全域(曜日ごとに異なる)。1日に5台の車が出ているそうなので、近所で見かけた方はぜひ利用して欲しい。

ル エドニィ デュ パン

香り豊かに食感かるく
デニッシュ系パンに熱意あり

 「バターをよく使うので、温度管理には何より気を使いますね。発酵度合いによっても食感は変わってきますし・・・」。オーナーが話すのは、40種類ほど用意する中でも特にこだわりの強いデニッシュ系パンのこと。サクサクと軽い食感。口の中はバターの豊かな香りで満たされる。そんなパンづくりを彼は目指している。パンが出そろうのは午前11時頃だが、「ほんとは朝、来てほしい(笑)」とのこと。「焼き上がったばかりのフレッシュなパンが、味も香りも一番ですから」。店は鹿児島大学から騎射場へ抜ける大通り沿い。緑の日よけを探してほしい。

  • 住所/鹿児島市荒田2-65-11
  • 電話番号/099-250-7223
  • 営業時間/7:30~19:00
  • 定休日/日曜定休
  • 駐車場/1台
  • イートインスペース/なし
  • 地図の詳細はこちら

サミューゼ

パン作りの基本を守り
オリジナリティを追求

 森山さんが店を開いたのは約1年前。それまでは全国規模の有名店に務めていた。「世界トップクラスの職人から伝統的な製法、高度な技術、特に基本の大切さを学びました。基本を忠実に守った上で、オリジナリティを追求したいと思っています」。揃えるのはハード系、調理系、菓子系など、バランスよく50種類ほど。店内にはミニクロワッサンやクリームチーズなど、パンの焼き上がり時間を知らせるボードもある。「朝一でご来店する方も多いので、朝はオープン30分前から焼き始めます。焼きたてが一番ですから」。パンの購入でコーヒーはサービス。焼きたてをすぐに味わいたい。

  • 住所/鹿児島市上福元町5452-4
  • 電話/099-297-5457
  • 営業時間/7:00~18:00
  • 定休日/月曜
  • 駐車場/あり
  • イートインスペース/あり
  • 地図の詳細はこちら

レ ミエル

“少しずつたくさん”が楽しめる
女性好みのヘルシーパン

 高麗町の〈レ ミエル〉は周辺にオフィス街や学校があり、朝は通勤や通学途中の女性で賑わう。そのため、野菜をたっぷりと使ったヘルシー志向のパンが人気で、数種類のパンを一度に楽しめるようサイズも小さめに作られている。「例えばカレーパンもカレーは野菜のみ。揚げるとカロリーが高くなるので焼き上げています」とは店主の上野さん。味が10種類近くあるワッフル、しっとりとした生地が特徴のスコーンなど、菓子系パンも人気のひとつ。これから冬にかけて、パン屋にはめずらしいロールケーキが登場するそうなので、こちらも楽しみにしたい。

  • 住所/鹿児島市高麗町3-6 ヨーロピア高麗1F
  • 電話/099-255-7111
  • 営業時間/7:30~19:30、土日祝 8:00~18:00
  • 定休日/不定
  • 駐車場/あり
  • イートインスペース/なし
  • 地図の詳細はこちら

焼きたてパン イースト

夫婦で営み16年
地域に根付いた“下荒田のパン”

 騎射場の電車通りの一本裏手に、今年で16周年を迎えた〈イースト〉はある。野中春男さん・美千代さんが夫婦で営むアットホームなベーカリーだ。看板商品は“サバラン”。食パンにラム酒シロップをたっぷりと染み込ませ、生クリームをトッピングしたデザート感覚のパンだ。「他にもオススメしたいものはいっぱい。きりがないですね(笑)」と美千代さん。平日の朝は通勤途中のサラリーマンで賑わい、休日の朝は親子連れが来店する。オープン当初からここの食パンのファンという人もいる。〈イースト〉のパンは、地域の味としてしっかりと根付いているようだ。

特集一覧へ  ホームにもどる