cafe 87*87

cafe 87*87

cafe 87*87

さわやかな朝日を浴びながら
ゆったりとモーニング

 住宅街のなかにある小さな商店街。その一角にあるカフェ〈87*87〉は週末、平日よりも2時間早くオープンする。店内を満たすのは、店主の大重さんがサイフォンでいれる珈琲の香り。眠気が少しずつ薄れていく、心地よい香りだ。店先に並ぶ植木は朝の日差しを和らげ、店内を木陰のような穏やかな空間にしている。「朝は土日だけですが、この雰囲気をどうしてもお伝えしたくて」と大重さん。昼間はワンデーショップやイベントを開くこともあり、現在は夜の営業も視野に入れているという。「会話でも読書でも、私の役割はゆっくりと過ごせる場所を提供することです」。そんな彼女がつくる気負いのない雰囲気もあって、珈琲と焼き立てのトーストを食べ終える頃には、心も満たされているに違いない。